マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ 別冊

脅迫結婚【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

脅迫結婚【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ別冊
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ペニー・ジョーダン(Penny Jordan)
 1946年にイギリスのランカシャーに生まれ、10代で引っ越したチェシャーに生涯暮らした。学校を卒業して銀行に勤めていた頃に夫からタイプライターを贈られ、執筆をスタート。以前から大ファンだったハーレクインに原稿を送ったところ、1作目にして編集者の目に留まり、デビューが決まったという天性の作家だった。2011年12月、がんのため65歳の若さで生涯を閉じる。晩年は病にあっても果敢に執筆を続け、同年10月に書き上げた『純愛の城』が遺作となった。

解説

イモジェンは18歳の時、ドラッコと婚約した。10歳年上で、亡き父の右腕だったドラッコは、子供の頃からの憧れの人。すばらしい男性、そしてやっと実った初恋。彼女は幸せを感じていた。だが結婚式の日、ドラッコとのただならぬ関係をほのめかす義母の言葉を否定しようともしない彼に失望して、イモジェンは教会から走って逃げた。4年後、一度は放棄した父の遺産が必要になり、弁護士に連絡をとってイモジェンは帰郷することに。だが、待ち合わせ場所に現れたのは――ドラッコだった。とまどうイモジェンにドラッコは言い放つ。「君と僕はまだ婚姻関係にある。妻として僕の子供を産んでもらう」

■ベスト・ブック・オブ2003と題して、この年に最も話題を呼んだ傑作をお贈りします。2011年に亡くなったロマンスの女王、ペニー・ジョーダン。彼女が得意とする、傲慢な年上男性に憧れるピュアなヒロインの初恋物語をお楽しみください。
*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

「君は何かを恐れているんだ」ドラッコはイモジェンの言葉を無視してよどみなく続けた。「違うかい?」
「違うわ」イモジェンは激しい調子で言ったが、それが嘘だということは自分でもわかっていた。本当は怖かった。彼女にとってセックスという行為は愛と切り離すことができないものだった。だから、どうしようもなく怖いのだ。
 何が? ドラッコが望んでいる子供を作るために彼と寝ることで、彼を再び愛するようになってしまうのが? そんなことが起きるだろうか?
 昨夜、ドラッコのアパートメントの自分の寝室でイモジェンは、シェルターがこうむる利益と比較したら、自分の犠牲など取るに足らないものだと心の中で繰り返した。だがどんなに論理的になろうとしても、わびしく鋭い胸の痛みはぬぐえるものではない。そしてそれに伴う恐怖も同様だった。
 ドラッコから離れて無意識に父の書斎へと廊下を歩き出したイモジェンの耳に、彼の苦々しげな言葉が届いた。「週に一度村の掃除サービス業者に家を掃除してもらっている。今回は冷蔵庫にストックを入れておくように頼んだが、あんな掃除しかできない連中のことだから、何が入っているか点検してみるほうがいいだろうな。今夜エンポリオの店にテーブルを予約してある。今でもイタリアンが好きかい?」
「夕食に連れていってくれるの?」イモジェンは思わず皮肉を込めて言った。「なぜさっさとベッドに連れ込まないの? 時間と……お金の無駄でしょう。そうでなくても二百万という大金をつぎ込んでいるのに」
「いいかげんにしろ!」
 ドラッコが、びっくりするほどすばやく近づいてきた。指が食い込むほどの力で腕をつかまれ、体を揺すられて、イモジェンはあえぎ声をもらした。
「君は僕の妻だ。金で買った女じゃない。求愛したい時には……」
「求愛ですって!」イモジェンはヒステリックな笑いが込みあげるのを抑えられなかった。「なぜそんな必要があるの?」辛辣な言葉を吐かずにはいられない。「あなたは子供がほしいだけ、私の父の孫がね! 私を食事に連れていったりするような無駄な出費をしなくても、その目的は達成できるはずだわ。それに私が行きたいかどうかなんて、考えたこともないんでしょう」
 ドラッコがあまりにも突然に手を離したので、イモジェンは不本意にもショックを受けてしまった。腕に感じていた彼のぬくもりが失われたことを、寂しいと思う気持ちがほんの少しでも自分の中にあったことを知って、イモジェンはひどく腹立たしさを覚えると同時に怖くなった。彼に触れられるのを歓迎し求めていた昔の記憶が体のどこかに残っていて、それがいたずらをしただけだと、イモジェンは自分に言い聞かせた。歓迎し、求めていた! いいえ、私はそれを切望し、それに飢えていた、というほうが正しいわ――イモジェンはそこまで考えてはっと現実に引き戻され、ものすごい形相でにらんでいるドラッコを見て小さく顔をしかめた。
 彼は口元を引きしめて首を振った。「僕が望んでいることは、子供にしてやりたいと思っていることは、両親が愛し合った結果生まれてきたのではないにしても、せめて、快楽を分かち合った結果生まれるようにすることだ」
 その言葉はイモジェンの心にずしんと響くほどの強烈な衝撃を与えた。
 彼女はきっと顔を上げた。「どんなことがあっても私があなたを求めることなんかありえないのに、どうしてそんなことができて?」そう言わずにいられない。
 ドラッコにじっと見つめられている間、イモジェンは時計が秒を刻む音が聞こえているような気分だった。彼は何を見ていて、何を求めているのだろう? イモジェンは急に乾いた唇を舌でそっとなめた。その仕草を、ドラッコのダイヤモンドのように硬質な視線が鋭く射抜く。さっき腕をつかまれたのよりずっと激しい強い力がその視線に込められているのを、イモジェンは唇に、体に、五感に痛いほど感じた。
「何をしても、あなたをほしいと私に思わせることはできないわ、ドラッコ。聞いてる?」興奮と怒りに任せてそう言ってしまってから怖くなったが、イモジェンはあえて恐怖や自分のおろかさを認めまいとした。
「僕に挑戦しているつもりかい、イモジェン?」ドラッコは静かに尋ねた。「君が間違っていることを証明してもらいたかったら、喜んでそうしてやろう。こちらこそ、望むところだ」彼は意味ありげにつけ加えた。
 イモジェンの感覚は興奮と緊張で鋭くなり、今起こっていることのすべてを克明に認識していた――かすかに漂っているほこりくさい匂い。窓から差し込んでいる太陽のぬくもりは、ドラッコの瞳の中で燃えている白熱のような怒りとはまったく違う、穏やかなものだった。イモジェンは体を震わせたが、それは寒さのためではなく、すでに死に絶えたと思い込んでいた感情が再び自分の中に芽生えたからだった。
「いいえ!」イモジェンは苦しげにささやいた。いいえ! もう終わったはず。死んだはず……私はもうドラッコを愛してなんかいないし、二度と彼を愛することを自分に許さない。
 震える息を吸い込んで、彼女はドラッコの視線を受けとめた。
「そんなことあなたにはできないわ」口にすることでそう信じたかった。
「そうかな? 見ていろよ」彼がささやくように言った。「いいか、イモジェン。僕のベッドで、僕の腕の中で、僕に組み敷かれて、君が耐えきれずに僕を求めて声をあげた時に、今君が言ったことを思い出させてやる」


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。