マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

修道院から来た花嫁

修道院から来た花嫁


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

修道院から彼女をさらったのは、神と見紛うほどの魅惑の大富豪だった。

両親に見捨てられ、世間から隔絶した修道院で育ったティアは、全く面識のないイギリスの祖父から突然の連絡を受けて戸惑った。病身で余命わずかとなった今、ぜひとも面会したいというのだ。ほどなく代理として、祖父の後継者だと名乗る実業家マックスがティアを迎えにやってきたが、彼女はひと目で心を奪われた。これほどゴージャスで美しい男性が外の世界には存在するの? しかも彼は、ティアの抱えている不安に耳を傾けてもくれた。無垢な彼女は想像さえしなかった──まさか彼の真の目的が、愛なきまま彼女を娶り、世継ぎをもうけることだけだとは。

■大人気作家リン・グレアムが贈る、ピュアなシンデレラ・ロマンスをお楽しみください。あまりにも無垢すぎる修道院育ちのヒロインと愛を信じない大富豪。愛の奇跡は意外なきっかけで始まります。

抄録

「携帯電話がいいわ」ティアは即答するなり、自分を恥じた。彼に欲が深いと思われてしまったのではないだろうか?
「まさか、持っていないのか?」
「マザー・サンチャにだめと言われたから。修道院の付属学校の生徒たちは、携帯電話を持つことを禁じられているの」ティアはためらいがちに説明した。「私が生徒だったころは、ここは普通の寄宿学校だったのだけれど、その後は寄宿生が減少して、事情が変わったの。その……問題を抱える子供を親が送りこんでくるようになって」言葉を選びながら言う。「ここのシスターたちは、問題を抱える十代の子を更生させた実績が豊富なのよ」
 マックスは唇をゆがめた。「想像はつく。こんな奥地に送りこまれて携帯電話も奪われたら、たいていの子は正気に返るだろう」
「学校の授業料が入るおかげで、児童養護施設の運営やシスターたちの奉仕活動が続けられるのよ!」ティアは強い口調で叫んだ。
「僕は修道院のシステムをばかにしているわけじゃない。感じたことを言っただけだ」
「皮肉っぽい言い方に聞こえたけれど」
「確かに僕はそういう口調になりやすい」マックスは平然と認めた。「だが、君も相手の本意を読めるようにならないと。人間の思考と言動は必ずしも一致しないから」
 ちゃんとした大人だと自負していたティアは、未熟者扱いされてかっとなり、階段を下りきったところで彼に食ってかかった。「あなたは私がそんなことを知らないとでも思っているの?」怒りに顔を引きつらせて息巻く。
「君は人と違うことをすると眉をひそめられるような施設で生きてきて、修道院の外の世界を知る機会などほとんどなかっただろう」
「それは誤解よ。私はアルコール依存や薬物依存、それに家庭内暴力や売春の実態を、何度も目のあたりにしてきたもの。私が知らない害悪なんて、ほとんどないわ」ティアはいきり立った。「あなたは私を、野の花が咲く丘で歌う乙女だとでも思っていたんでしょう。ええ、今言ったことは皮肉よ、マックス。私は皮肉だってわかるのよ!」
 マックスは面食らった。穏やかだった彼女が、いきなり癇癪を破裂させるとは。「だからといって、僕を怒鳴りつける必要があるのか?」
 ティアはそこで分別を取り戻したものの、まだ体を震わせていた。礼儀をわきまえない言動に出た自分にぞっとし、呼吸を整えて冷静になろうとする。「ごめんなさい。あなたを罵倒するつもりなんてなかったの。自分があなたや祖父の目にどう映るか気になって」
「その点については心配無用だ。たとえ君に角と尻尾が生えていても、アンドリューは歓迎する。君は彼にとって唯一の血縁者だから」マックスは当てこすりを言った。
「私はひどく気性が荒くて。かっとなったときは、散歩でもして呼吸を落ち着けるべきよね。暴言を吐かずにすむように」
「僕はかなりタフなんだ、ティア。暴言を吐かれても平気だよ」
 ティアは恥ずかしさにのみこまれた。この男性は祖父に頼まれて、私をイギリスに連れ戻しに来てくれた。テディが今後もちゃんと生きていけるよう取り計らってくれたのに。「ごめんなさい」うなるような声でふたたび謝る。
 立ち去ろうとした彼女の腕を、マックスはつかんだ。「いいんだ。君は今、人生の大転換期のまっただ中にいるんだから」
 ティアは気まずさのあまりこみ上げてきた涙を、まばたきで払った。「私をかばわないで。すごく失礼な態度をとったんだから」
「君は熱い心の持ち主なんだ。すてきなことだと思う、|僕の美しい人《ベツラ・ミア》」マックスは感じたままを口にした。その深みのある声が、彼女の下腹部を熱く波立たせる。「僕は君を子供扱いした。とがめられて当然だ」
「ずいぶんと理解があるのね」ティアは声を落として言い、マックスの美しい目をじっとのぞきこんだ。すると、彼がこちらに身を乗り出してきた。足元では、テディが警告めいたうなり声をあげている。しかし二人とも、気にもとめなかった。
 今からキスをされる、とティアは思った。そして暑い日に水を求めるように、彼女はそのキスを切に求めていた。厚みのある彼の下唇が硬いのか柔らかいのか、なんとかして知りたい。きっと硬いだろうと思いつつ、ティアは生まれて初めて官能的な白昼夢に浸った。
「ミスター・レオネッリの朝食ができているわよ」シスター・マリアナの声が廊下の向こうから聞こえてくるや、マックスはティアの手首を放して飛びのいた。ふたたび顔を上げたときには、頬が赤く染まって高い頬骨を強調し、その胸の内を雄弁に物語っていた。
 神聖な修道院で我を忘れるなんて。マックスは自分で自分をあざ笑い、体の高ぶりを全力で静めようとした。僕のこの反応に気づいたら、ティアはどうするだろう? 彼女の様子をうかがうと、まるで彼が水面を歩くところを見たかのような目で、こちらを見ていた。マックスはその反応をうれしく思うと同時に、うれしがっている自分に驚いた。
 朝食中のティアは、心ここにあらずという状態だった。彼女は男女の営みについて知識はあるものの、その具体的な行為については強い嫌悪感をいだいていた。聞くところでは、女性は常に受け身でいなければならないらしいからだ。しかしマックスと出会って、その考えが一変した。彼と情事に及んだらどうなるか、知りたくてたまらなくなっていた。何より驚いたのは、マックスのことを見たり考えたりするたび、自分の体の奥で欲望がざわめくことだった。マックスのそばにいると、体が自分のものとは思えないような反応を示し、まったくコントロールがきかなくなる。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。