マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションホラー実話・恐怖体験

都怪ノ奇録

都怪ノ奇録


発行: 竹書房
レーベル: 竹書房文庫 シリーズ: 恐怖実話
価格:700pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

内容紹介
遂に目撃されたあの噂! あなた方もやがて遭遇する怪異!
都市伝説は事実だった……闇の実話集!

こんな噂をあなたは知っているだろうか―その村では奇妙な村内放送が行われる時がある「防災放送」
線路に入った人間が消失する!? 「電車事件簿」
攫われた赤ん坊の使い方「動かない赤ん坊」
火事でも焼け残る不吉な絵とは「本当に怖い絵」
一日に二回遭遇すると襲われる! 「ハンマーさん」
人間の足ばかりが漂着する海辺の謎「セイリッシュ事件」など50篇を収録。
口承や噂話、いわゆる都市伝説、世界には奇妙奇天烈な逸話が溢れている。好奇心に任せてその暗部を覗き見たものはやがて――。

著者について
【監修者】
黒木あるじ(くろき あるじ)
『怪談実話 震』で単著デビュー。「無惨百物語」シリーズ、『怪談売買録 拝み猫』『怪談実話傑作選 弔』『怪談実話 終』など。共著には「FKB饗宴」「怪談五色」「ふたり怪談」「瞬殺怪談」等のシリーズがある。小田イ輔やムラシタショウイチなど新たな書き手の発掘にも精力的。

【著者】
鈴木呂亜(すずき ろあ)
自称「奇妙な噂の愛好者」。某都市でサラリーマンとして働くかたわら、国内外の都市伝説や奇妙な事件を集め、自らもひそかに取材に勤しんでいる。今回、黒木あるじ氏の推薦により書き手に抜擢、本書がデビュー作となる。ちなみに鈴木呂亜という名前は、日本で一番ありきたりな苗字の「鈴木」と都市伝説を意味する「ロア」を組み合わせたペンネームで、本名や生年月日、年齢などプロフィールは一切が非公表になっている。

本の情報

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。