マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・セレクト

打ち明けられない恋心【ハーレクイン・セレクト版】

打ち明けられない恋心【ハーレクイン・セレクト版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・セレクト
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

ロンドンで病院勤めをするセリーナは、車の事故で入院してきたオランダ人男性と出会う。長身で金髪の彼は入院初日から気さくに話しかけてきて、仕事を辞めて僕とオランダに来ないかと熱っぽく誘った。そんな強引さに不安を感じながらもきっぱり断れないセリーナを、患者の従兄弟で、オランダで医師をしているというヘイスは、いつも紳士的に気遣ってくれるのだった。やがてオランダへ渡ったセリーナが不実な恋人の裏切りに遭い、途方に暮れているときも、助けの手を差しのべたのはヘイスだった。彼は落ち着いた声で、それなら僕と結婚しないか、と申し出た。

■ハーレクイン・セレクトに、久しぶりのベティ・ニールズ登場。優しく穏やかなロマンスなのに、読者を虜にする引力と独特の中毒性。その強さにおいて、いまだ彼女の右に出る者も、跡を継ぐ者も出ていない――まさに唯一無二の作家です!
*本書は、ハーレクイン・イマージュから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 週末はあっという間に終わってしまった。月曜の朝、着替えをしながら、セリーナはそう振り返った。それでいながら、平穏で、時はゆっくりと進み、何事もゆったりと行えた。化粧をしながら、クイーンズ病院に帰りたくないと思った。つねにてんてこ舞の救命室と、慌ただしい食事。勤務時間が終わったら、ベッドに倒れこむか、外出して楽しみたいという衝動に駆られる生活……。でも、帰らないと、ロレンスに会えない。セリーナはほつれ毛を押しこみ、立ち上がって、自分の姿を点検した。朝食を用意するため、ケトルを火にかけると、食堂へ行き、ラジオをつけて音楽番組に合わせ、レンジにもどって、大きすぎる音楽に合わせてステップを踏みながら、卵を割ってボウルに入れた。最後の一個を床に落としてしまったとき、背後で申し訳なさそうな声がした。「それはぼくのせいだな。でも、玄関のドアがあいていて、呼び鈴を鳴らしたんだが、音楽にかき消されたようだ」
 振り向きざま、卵を踏んでしまった。「もう!」それから付け加えた。「おはようございます、ドクター・ファン・アムステル。早いんですね」
 この冷たい応答に気分を害したとしても、彼はそれを表に出さなかった。「すみません。ロレンスが時間通りに着くよううるさかったものだから。三十分後にまた来ましょうか?」笑みを浮かべ、ドアのほうへゆっくり歩き始めたとき、ミセス・ポッツが入ってきた。見知らぬ大男が台所にいるのを見ても、まったく驚きを見せずに言う。
「おはようございます。あなたがお従兄さんね。お気の毒に、けさはとても早く起きられたのでしょう。もちろん、朝食を食べていってくださるわよね」
 セリーナは自分に腹を立てた。おそらく朝食をとっていないこの男性に、わたしは無愛想で不親切だった。「ごめんなさい。びっくりしちゃって。お母さん、こちらはドクター・ヘイス・ファン・アムステル。ドクター、こちらはわたしの母と、それから父です」父親が現れたので、そう付け加えた。三人を残して、料理にもどり、一度か二度、医師のほうを見た。彼は父よりも背が高く、肩幅があり、髪は薄い金色だった。父や母と話が弾んでいるようすで、彼の物腰を見ていると、最初の印象が間違っていたような気がした――結局、ジュニア・パートナーではないのかもしれない。セリーナは、ロレンスやこの男性について自分はほとんど知らないのだと実感した。
 朝食が終わると、ふたりは家族に見送られて出発した。車はがたがた揺れながら小道を進み、医師が気さくに言った。「おんぼろ車ですまない。なんとかしないといけないんだが、ロレンスの問題を片づけるほうが先でね。彼の車は修理不能だ」
「ロレンスの過失なの?」
「ああ。だが、弁護士がうまく過失を軽減してくれるだろう」ヘイスの声に何かを感じとって、セリーナは黙っていたが、彼が言った。「ロレンスはすでに新しい車を注文した」
「またEタイプのジャガー?」セリーナは大声できいた。
「ああ――魅力たっぷりの車だ――とくに女性を引きつける魅力がね」
 セリーナのかわいい顔が赤くなった。「なんて侮辱的な言葉! あなたの車が古いミニだからって……」自分のほうがもっと侮辱的だと気づいて、セリーナは言葉を切った。
「魅力ゼロの車?」ヘイスが笑い声をあげ、それから言った。「なぜきみはぼくがきらいなのかな?」
「きらい……」セリーナは動揺した。「まさか」
「サミュエル・バトラーを読んだことはある?」
「いいえ。詩人よね――十七世紀の。どうして?」
「“ヒューディブラスは言った。臭いぞ。ラルフ、おまえは言い逃れをしている”」
 セリーナの顔がまた赤くなった。「わたしは言い逃れなんかしていないわ――そんなには」
「それでいい。人は正直でないと友人になれないとぼくはつねづね感じている」
 セリーナは当惑してきいた。「わたしたちは友人になれる?」
「そのうちなるだろう。ふたりとも努力しないといけないな。ぼくは無害な人間だよ」
 そうだろうか、とセリーナは思った。「英語はどこで習ったの?」
 車は早朝の交通渋滞につかまって、ドーチェスターをのろのろ進んでいた。ヘイスが肩をすくめる。「学校とか、こっちに来たりとか、大学でかな」
「オランダの大学?」
「ああ」
 やがて会話は途切れ、セリーナは無言で座っていた。小さな車がウィムボーンに近づいたころ、彼が口を開いた。「ずいぶん静かだね」
「静かに運転するほうが好きなのかと思って」
「ぼくはそんな印象を与えてしまった? それはすまなかった。さあ、話をしよう」ヘイスはおもしろおかしい話をしながら、ミニをウィンチェスターのバイパスへ向けて疾走させた。ファーナムの町を走っているとき、こう言った。「休憩をとらなかったけれど、もう少しロンドンに近いほうがいいと思ってね。きみは一時から仕事だよね」
 セリーナはそうだと答えた。「わざわざ迎えに来てくれてありがとう。あなたの一日の大半を使わせてしまったわ」
「これ以上いい一日の使いかたは思いつかないよ」ヘイスが愛想よく言った。「ぼくはロンドンがあまり好きじゃないんだ」
「まあ。どういうところが好きなの?」
「小さな町かな。みんなが知り合いで、一日気持ちよく働け、書棚にはいい本がいっぱいあり、ヘルマンがそばにいる」
 セリーナは妙な気分になった。「奥さん?」
 彼の大きな笑い声が車を揺らした。「ぼくの犬だ。ダックスフントで、いばっている」
「あなたがいなくて、寂しがっているでしょうね」


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。