マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・セレクト

罪という名の誘惑【ハーレクイン・セレクト版】

罪という名の誘惑【ハーレクイン・セレクト版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・セレクト
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 キャロル・モーティマー(Carole Mortimer)
 ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。十四歳のころからロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーの作品に感銘を受けて作家になることを決意した。キャロルは三人兄妹の末っ子としてイギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。一時は看護師を志したが、転倒した際に痛めた背中が治りきらず断念。その後、某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった。物語を書くときに一番楽しいのは、ヒロインとヒーローの性格を考えるとき。書いているうちに徐々に主導権がヒロインとヒーローに移り、いつのまにか彼らが物語を語りはじめるのだという。現在キャロルは“イギリスで最も美しい場所”マン島に、夫と子供たちと住む。

解説

ルーシーは取引先の重役から執拗な誘いを受けているところを、居合わせたアメリカ人男性、シンクレアに救われた。激しく惹かれ合った二人はその夜のうちに愛を交わしたが、行きずりの関係など持ったことのないルーシーは、ひどくうろたえ、さよならも言わずに部屋から逃げ出した。その夢のひとときで、彼の子を宿したとは思いもせずに……。数日後、ルーシーはいとも簡単にシンクレアに見つかってしまう。驚いたことに、彼はルーシーの勤め先を傘下に持つ経営者だった。昇進のためにぼくを誘惑したんだろうと決めつけられても、ルーシーは、震えながら吐き気をこらえることしかできずにいた。

■HQロマンスを代表する作家キャロル・モーティマーが描く、ゴージャスなオフィス・ラブです。本当はシンクレアも、彼の腕をすり抜けていった美女を忘れられなかったのですが、富豪のさがで「はめられた!」と思い込んでしまったのでした。
*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 彼の視線は少しも揺らがなかった。「ぼくは結婚していないよ、ルーシー」
「まあ」彼女の一挙一動を見逃すまいとするように彼がじっと見つめている。その視線を意識し、ルーシーはブランデーをひと口飲んだ。熱っぽいまなざしに、ぞくぞくするような震えが背筋に走る。
 何も起こるはずがない。ルーシーはきっぱりと自分に言い聞かせ、窓辺に近づいて外を見た。
「テラスに出てみるかい?」シンが勧め、彼女の手からグラスをとって自分のと一緒にテーブルに置いた。それからテラスのドアを開けて片側に寄り、彼女を先に通す。
 涼しい夜気が高ぶった神経を静めてくれるかもしれないとルーシーは思ったが、そうはいかなかった。急に風に当たったせいで、彼女はかすかに身震いした。それに気づいたのか、シンがジャケットをすばやく脱いで肩にかけてくれた。生地には彼のぬくもりが残り、アフターシェーブ・ローションと何か別の、たくましい男性を連想させるにおいがする。この男性のにおいが。
 ジャケットを脱いだ彼の広い肩、引きしまった筋肉質の胸と腹部を目にして、急にルーシーの鼓動が速くなった。そうしたすべてを自分が危険なまでに意識していることに気づく。
「本当にすばらしい眺めね!」ルーシーは眼下に広がるロンドンの夜景に見入った。
「すばらしい」シンはおうむ返しに言ったが、その目は夜景ではなく、彼女を見ている。
 彼は、手すりのそばに立つルーシーの斜め後ろに立った。夜風がウエーブのかかった彼女の長い黒髪をもてあそび、青白い月光に照らされた卵形の顔はこの世のものとは思えないほど美しい。
 確かに、二人は奇妙な状況で出会った。名前以外に、この女性のことは何も知らない。それでもシンは自分が彼女を求めていることがわかっていた。レストランで彼女をひと目見たときから求めていた。彼女を抱いて自分のものにしたい。今まで、女性に対してこれほど激しい欲望を感じたことがあっただろうか。
「実に美しい」シンは喉につまったような声で言った。もちろん夜景のことではない。今この瞬間、彼の目には、斜め前に立っている美しい女性しか映っていなかった。
 ルーシーはほんの少し振り向き、からかうように眉をつりあげた。「ロンドンのホテルにこんなスイートルームがあるなんて、知らなかった」
「たぶん、ないと思うよ」白い歯を見せて彼はほほ笑んだ。「このスイートルームはホテルのオーナーのものだから」
 青い目が大きく見開かれた。「知り合いなの?」
「少しばかり」
「少なくともスイートルームを使わせてもらえる程度にということね」
「いちおうは」シンはあいまいに答えた。
 ルーシーはますます混乱した。ハーモニー・ホテルのオーナーと知り合いだとしたら、シンというこの男性が金持ちなのは明らかだ。つまり、一般庶民とはかけ離れた階層に属しているわけだ。
「そんな有力な友人がいるのはいいでしょうね」ルーシーは軽い口調で言った。
 シンはがっしりした肩をすくめた。「いいときもある」
 あるに決まっているわ。それにしても奇妙な夜だとルーシーは思った。まずは、仕事をもらえると思っていた男性に言い寄られ、今は、〈ワオ・マガジン〉を付け値の十倍の額でも買いとれるに違いない男性のスイートルームにいる。
「そろそろなかに入りましょう」彼がすぐそばに立っているのに気づいて、ルーシーはいくらかあえぐように言った。胸の鼓動が速まる。
 たぶん働きすぎなのよ。たぶん、夕食に飲んだグラス半分のワインが適量を超えていたのだ。たぶん男性なしの七年は長すぎたんだわ……。
 理由はどうあれ、ルーシーは名前しか知らないこの男性にどうしようもなく魅了されていた。さらに悪いことに、彼がそれに気づいているのは、シルバーグレーの目が急に熱っぽいきらめきを放ったことからも疑いようがない。
「気分は落ち着いた?」シンがつぶやいた。
「いくらか。ありがとう」
 愛らしく唇をとがらせた彼女に、シンはたまらなくそそられた。さっき不快な目に遭ったあとだけに、キスしようとしたら彼女は悲鳴をあげて逃げだすだろうか? ただ、ふっくらした唇が見た目どおり甘美な味がするか知りたいだけだ。
 シンは二人のあいだのわずかな距離を縮め、月の光に照らされた彼女の顔を見下ろした。
「いいかな?」かすれた声で尋ね、青い目をじっと見つめてから頭を下げて唇を合わせる。
 彼女の唇は温かくなめらかで、熱した蜂蜜の味がした。さらにキスを深めると、彼女の肩からジャケットがすべり落ちた。ドレスとシャツのしなやかなシルク地を通して、女らしい曲線が感じられる。
 彼女は見た目よりはるかに甘美だ。
 ようやく唇が離れると、ルーシーは深々と息を吸った。彼の腕が体にまわされると同時に、彼女は忘我の状態になっていた。
 彼の唇が頬から顎、ほっそりした首筋をたどっていき、耳たぶの下の感じやすい場所を探りあてる。ルーシーは思わず身を震わせた。彼の舌がずきずきと脈打つ耳の後ろを這い、耳たぶに軽く歯が立てられる。強烈な快感はほとんど苦痛に近かった。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。