マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル

若き乙女の婚礼

若き乙女の婚礼


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル
価格:700pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ジュリエット・ランドン(Juliet Landon)
 イギリス北部の古代の面影を残す村に、引退した科学者の夫とともに住む。美術や歴史に対する興味が旺盛で、豊かな想像力が生きると思い、ヒストリカルの小説を書き始めた。作品を執筆するために調べ物をするのはとても楽しいと語り、特に中世初期がお気に入りの時代だという。刺繍について豊富な知識と技術を身につけ、その腕前はプロとして講師を務めるほど。

解説

愛なき“救世主”にめとられ、若き花嫁は冷たい情熱に震えた。

オリアンは18歳にして叔父から金細工の店を任されているしっかり者。けれども今、窮地に陥っていた――店にあったはずの貴重品が消え、帳簿の数字が何者かの手で書き換えられてしまったのだ。しかも、従兄がオリアンの仕業だと声高に訴えはじめた。かわいがってくれた叔父はならず者に襲われてこの世を去り、彼女をかばう者は誰もいないと思われたが、たった一人だけ、領主のサー・ユーアンが救いの手を差し伸べた。彼はオリアンを妻にする代わりに、従兄を黙らせると約束した。でも、これははたして救いなの?彼は唇を奪い、こう言い放ったのだ。「両親が望んでいる孫を産んでくれれば、きみの愛など必要ない」

■ひたむきな乙女を妻に迎えたいと言いながらも、そこに愛は介在しない、と冷淡な態度をとるユーアン。一度は女子修道院に逃げこむオリアンですが、ふたたび領主館に連れ戻されてしまいます。若妻が初夜に怯えている気配を察知した夫がとった行動とは――!

抄録

「もし、あとから従兄がもっとお金を要求してきたら、どうするの?」
 サー・ユーアンは首を横に振った。「ぼくにその気があれば、黙って彼を殺すこともできたんだ。もし彼が金を受け取ったあとで、またのこのこ現れたりしたら、今度はそうしてやる。彼にはそのことをわからせておくつもりだ。そして、きみはフィッツハーディングの名前を名乗ることになる」
「そしてフィッツハーディング家の息子たちを産むのね!」
「そのとおりだ。あるいは娘たちをね。きみはぼくのせいで怪物が生まれると思っているようだが。とにかく、ぼくにふさわしい妻を探すのにも、それに伴う議論にもくたびれ果てているんだ。その点、きみなら申し分ない。きみにはがめつい両親もいないしね。無謀とも言えるくらい勇気もあるが、それは息子が受け継いでもいい欠点だ。金細工師を満足させる知性を備え、正直で、器量もいい。これは娘にとっていいことだ。きみは若いから、きっと子供も産めるだろう?」
 オリアンは息をのんだ。「まだそれを確かめたことがないのはご存じかしら。調べに行って、子供が産めるかどうかきこうかしら?」オリアンは怒りで顔を紅潮させ、ユーアンが引き止める間もなく、彼のそばを離れた。そしてマディが座っていた窓台の下のベンチの手前で、振り返って彼を見た。「こんな会話をしているのが信じられないわ。本当にお母さまは、あなたがこんな話をするのを望んでいるの?」
「きみに救いの手を差しのべることを望んでいる。それは本当だ。たぶんもっと上品に話をしてほしいと思っていただろうけどね。でも、ぼくはもったいぶった廷臣ではなく、兵士だ。率直に取り引きがしたい」
「あなたはまるで下品な売春婦でも買うみたいに、わたしをお金で買おうとしているわ!」
「下品な売春婦のことはよく知らない。知っているのは、金を要求しない下品じゃない売春婦だけだ。たしかにきみは例外だと認めるけどね。これは肉体的な取り引きだけでなく金銭的な取り引きでもある。でも、できれば、別の角度から見てもらいたいね。この取り引きが成立すれば、きみは不愉快な裁判を受けなくてすむし、従兄の主張を調べる時間も作れるだろう。そう簡単に金は渡せないからね。州長官に捕まったら、そんなことはできなくなってしまうだろう?」サー・ユーアンが近づいた。オリアンはベンチに脚が押しつけられるまで後ずさり、クッションにどさりと座り込んだ。
「それなら、むしろ地獄に行って、そこで従兄の主張を調べるわ!」オリアンは言った。
「そうか、とても高潔な考え方だな。フィッツハーディング家の人間との結婚が、殉教と同じうつろな鐘の音を響かせるとは思いもよらなかった。でも、もし地獄で身の潔白を証明できると思うなら、やってみたらいい。父上は喜ばないだろうがね」
「そして、弟たちもということね。あなたは弟たちを家に送り返すつもり?」
「そんなことはしない。彼らは有望だ。でも肩身の狭い思いをしながら暮らすことになるだろうね。彼らの出世の助けにもならないだろう」サー・ユーアンがさらにふたりのあいだの距離を縮めたので、オリアンは逃げるためには彼を押しのけなければならなくなった。彼はオリアンの膝の両脇のクッションに両手を置き、顔を近づけた。「よく考えてみることだ。ぼくとの結婚は、地獄に堕ちるより、きっと得になるはずだ」
「あなたがそう思っているだけよ」
 サー・ユーアンの唇に浮かんだ微笑はすぐに消え、ふたたび口元は引き結ばれた。「明日、返事をもらおう」
「その必要はないわ。今、返事をするから。わたしは繁殖用の雌豚ではないのよ。だから、あなたが思っているような条件を満たせるかわからない。たとえ満たせたとしても、子供を作ってもいいという雌豚はほかにいくらでもいるわ」
「はん!」その声と微笑みを肌に感じ、オリアンはさらに後ろに下がろうとした。がっしりした両肩を手で押しのけたが、彼はびくともしなかった。オリアンの頭が窓の下枠に触れたとき、サー・ユーアンがクッションに膝をついて片腕で彼女を抱き寄せ、両手を容赦なく背中へねじ上げた。彼の肩に引き寄せられた格好で押さえつけられて、オリアンは身動きできず、呆然となった。「いや、きみはぼくと結婚する。きみはぼくと戦いたい誘惑に抗えないからね。きみはことあるごとにぼくを妨害したいと思っているんだ。だが、独房に入れられては、それもできないだろう? だからぼくと結婚するんだ」
 オリアンにはわかっていた。これから彼の唇を味わうことになるのだ。唇はもう少しで触れそうなほどそばにあり、彼が言葉を発するとふたりの息が混じり合った。オリアンは息を吸って胸をそらしたが、逃げ場はなかった。悲鳴をあげる前に唇をふさがれ、彼女はその衝撃で息を止めた。ところが、彼が離そうとしないのがわかり、少しずつ息を吐きだした。
 意志の力を総動員して、反応したり、気を緩めたりしないよう必死に自分を戒めた。けれども、これはレオの友人たちから受けた暴行とは似ても似つかなかった。いや、似ていないどころか、官能的でとても巧みなうえに、いつまでオリアンがじっとしていられるか故意に試されているようなキスだった。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。