マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

デイジーの小さな願い【ハーレクイン文庫版】

デイジーの小さな願い【ハーレクイン文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫ハーレクイン文庫コンテンポラリー
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。
以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。
1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

デイジーは、海辺の小さな町で父親の骨董品店を手伝っている、控えめで物静かな平凡な娘だ。ある日、浜辺を散歩していた彼女は、すてきな男性に出会う。彼はオランダの医師でユールス・デル・ホイズマと名乗り、数回店を訪れて、デイジーは淡い恋心を抱いてしまう。すぐに彼には婚約者がいると知らされて、かき消したけれど。ところが彼女は、ある骨董品をオランダまで運ぶことになり、ユールスと再会するのだ。運河に落ち、助けを求めた手を彼がつかんでひっぱり上げるという冴えない状況で。

*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 彼女を陸に上がった魚にたとえた男性にデイジーがまた出会ったのは、十一月最後の週のことだった。
 ユールス・デル・ホイズマはロンドンでの忙しくストレスに満ちた生活のあと、静かな田舎の生活を楽しみながら、町はずれにある友人宅で再び数日を過ごしていた。彼は海が大好きだった。海は自国を思い出させたから。
 自分のかなり先を行く姿を目にして、ユールスはすぐに誰かわかった。彼女はみぞれ混じりのかみつくように冷たい風のなかを歩いていた。彼は歩みを大股にし、口笛を吹いて、友人の犬を先に行かせた。彼女を驚かせたくなかった。トリガーの陽気なほえ声が、彼女の歩みを遅くするか、振り返らせるかするだろう。
 デイジーは立ちどまってトリガーの頭をなで、肩越しに振り返った。ホテルで耳にした彼の言葉がまだ頭にはっきり残っていたから、落ち着いた声で礼儀正しく挨拶したが、“雨風のなかを歩くのが好きな人に会うなんてうれしいな”と言われ、冷静でいるのを忘れた。
 彼は話しながらデイジーにほほ笑みかけた。デイジーは、彼女を陸に上がった魚、しかも、ぱっとしない魚と評した相手を許した。結局、公平に言ってどちらのたとえも当たっている。
 風が激しすぎたので、二人はあまり言葉を交わさず、並んで歩き続けた。やがて、暗黙の了解のうちに町のほうへ引き返し、浜から階段を上がって本通りを進んだ。小路に折れる角で、デイジーは足をとめた。「わたしは、この先に両親と住んでいます。父の骨董店で働いているんです」
 ユールスは、自分が礼儀正しく追い払われたのだとわかった。「だったら、いつか店をじっくり拝見したいものだ。ぼくは、古い銀製品に興味があって……」
「父もです。専門家としてよく知られています」デイジーはぬれた手袋をした手を差し出し、相手の落ち着いた顔をじっくり見た。「楽しい散歩でした。お名前を存じませんが……」
「ユールス・デル・ホイズマです」
「イギリスの方じゃないんですか? わたしはデイジー・ギラードです」
 彼はデイジーの小さな手をしっかり握り、やさしく言った。「ぼくも楽しかった。たぶん、またそのうち会うかもしれない」
「そうですね、たぶん」さようならとつけ加え、デイジーは振り返らずに小路を歩いていった。あの人がわたしにもう一度会いたがるような、気のきいたことを言えなかったのは残念だわ。ついで、デスモンドのことを思い出し、彼女は自分の愚かさを叱った。彼はデスモンドとは似ても似つかないけれど、“男というのは欺くもの”と書いたのは誰だったかしら? たぶん、男性はみんな似たりよったりなのよ。
 デイジーは続く数日、気をつけて反対方向に散歩したが、それは無意味だった。ユールスはロンドンに戻っていたからだ。
 一週間ほどして、あちこちの店がクリスマス商品を飾り、豆電球をつけたクリスマスツリーが、本通りの先端にある教会の真向かいに飾られたころ、デイジーはまた彼に会った。ただ、今回は店でだった。妻へのプレゼントのブローチを決めあぐねている牧師に、ゆっくりお考えくださいとさりげなく言い、彼女はガラスの天板の陳列用テーブルのところへ行った。かがんで、銀のチャームのコレクションを眺めていたユールスが、感じよく挨拶した。
「十代の名づけ子のために、プレゼントを探しているんだ。ここにあるのはとてもいいね。銀のブレスレットにつけるもの?」
 デイジーは前面が弓なりに張り出した、脚つき大たんすの引き出しを開け、トレイを取り出した。
「これはすべてヴィクトリア時代のものです。いくつぐらいのお子さんですか?」
「十五くらいかな。しかも、とてもファッションにうるさいんだ」彼はデイジーにほほ笑みかけた。
 デイジーは銀のブレスレットを見せた。「これとチャームをおもとめでしたら、父がブレスレットにチャームをおつけします」彼女は別のブレスレットを手に取った。「それとも、これはいかがですか? どうぞごらんください。何もお買いにならなくてもいいんですよ。たくさんの方が、ただひやかしにいらっしゃるんですから」
 彼女はユールスにかすかにほほ笑みかけ、牧師のところへ戻った。やがて、父が店に出てきた。牧師がようやくどちらのブローチにするか決め、デイジーが品物をきれいな箱に入れて包んでいるあいだに、ユールスはいなくなっていた。
「彼は何か買った? ミスター・デル・ホイズマのことだけど。いつか散歩をしていて彼に会った話をしたのを覚えている?」デイジーは父に尋ねた。
「買ったよ。それに、とても骨董に詳しい人だ。クリスマス前に戻ってくるそうだ。細長い柄のついたスプーンに目をつけていたよ」


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。