マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・セレクト

悪魔との甘美な契約【ハーレクイン・セレクト版】

悪魔との甘美な契約【ハーレクイン・セレクト版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・セレクト
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 シャンテル・ショー(Chantelle Shaw)
 イギリスの作家。ロンドン育ちで、頭の中でおはなしを作るのが大好きな少女だった。二十歳で結婚、第一子の誕生とともにケント州の海辺に移り、現在に至っている。浜を散歩しながら小説の構想を練るという。趣味はガーデニングやハイキング。六人の子供の母親でもある。

解説

ギリシア人大富豪の愛人となった母に連れられ、ルイーズは少女のころからよくエーゲ海の小島にある邸宅を訪れた。富豪の息子ディミトリは家庭を壊した彼女の母を憎み、冴えない娘のルイーズにいたっては目もくれなかった。彼の甘い言葉に誘われて身を捧げた、19歳のあの日までは。喜びも束の間、あなたは復讐の道具にされたのよと母に教えられ、ショックを受けたルイーズはお腹に宿った命にも気づかず、一刻も早く島から逃げようとボートに飛び乗ったのだった。7年後、ルイーズは重い病をわずらった母を助けるため、二度と会いたくなかったディミトリのもとへと向かう……。

■母のことを娼婦と蔑む悪魔のような男性、そして、少女のころから密かに想いを寄せていた初恋の人――ルイーズにとっては、ディミトリは時を経てもなお心をかき乱す大きな存在でした。

*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

「君は口がきけたんだな。僕の前ではいつも押し黙っていたのに」
「きっとあなたを見てぼうっとなっていると思っていたんでしょうね」ルイーズは顔を赤らめた。十六歳のときから彼に夢中だったことは、絶対に知られるわけにはいかない。
 ディミトリはおもしろがるように目をきらめかせ、彼女を見下ろした。「それでいまもぼうっとしているのか、ルル?」
「もちろん違うわ。途方に暮れているのよ。あなたのおかげで自転車はパンク、そのうえ肩に派手なあざができちゃったじゃない」
「血が出ている」ディミトリは腕のすり傷に目を留めた。「うちへ戻って消毒しよう。タイヤも直す」
「だって、アフロディーテ邸はあっちでしょう?」逆方向へ行こうとする彼にとまどい、ルイーズは言った。「そういえば、あなたはどこに泊まっているの? 前回お父さまとやり合って以来、別荘には立ち入りを禁じられているんじゃなかった?」
「父が娼婦のために建てた悪趣味な屋敷に泊まるなど、願い下げだ」ディミトリの声に再び怒りがにじんだ。「僕は祖父がずっと前に建てた古いほうの家――イレミア邸に滞在している。“イレミア”は静寂という意味だ。君の母親が来て以来、島の静けさはすっかり損なわれたが」
 ディミトリは自分のオートバイを放置したまま、ルイーズの自転車を押して歩きだした。硬くこわばった彼の肩に恐れを感じつつ、彼女は黙ってあとに続いた。イレミア邸に着くころには、彼の怒りはおさまっていた。彼は礼儀正しい態度でルイーズを招き入れ、テラスに飲み物を運ぶよう執事に命じた。
 イレミア邸は松とオリーブの林に囲まれたくぼ地に立ち、周囲からは見えないようになっていた。ルイーズがそれまで気づかなかったのも無理はない。あまり好きになれないモダンなアフロディーテ邸とは異なり、コーラルピンクの壁にクリーム色のよろい窓がはめこまれた昔ながらの美しい建物だった。庭はきちんと手入れされ、木立の隙間からコバルトブルーに輝く海が見えた。
「消毒するからじっとして」ルイーズをテラスに案内したのち、ディミトリは彼女に椅子に座るよう身ぶりで示した。
 その際、彼の手がルイーズの腕をかすめた。軽く触れただけだったが、その感触はルイーズの全身に細かな震えをもたらした。ディミトリの顔が近づき、アフターシェーブローションと、それとは別のかすかな男性の香りが鼻をくすぐる。たちまち彼女の心臓はすさまじい勢いで打ちだした。
 ディミトリが顔を上げ、二人の視線が合った。
「すっかり見違えて、気づかないところだった」
 彼の顔に浮かんだ笑みはルイーズの体に奇妙な興奮をもたらした。
「前回会ったときには、まさに醜いあひるの子だったからな」
「それはどうも」何年もつけていた歯列矯正具のことを思い出し、ルイーズは真っ赤な顔で応じた。いまはその歯もきれいに並び、白く輝いている。
 ティーンエイジャーのころ、発育が遅かったせいで体つきが少年っぽいのがルイーズの悩みの種だった。ようやく女らしい体になってきたものの、いまだに自信がなく、ディミトリの指摘は胸にこたえた。ルイーズは彼から離れようと手を引いたが、彼は放すどころか、彼女の腕を指で優しく伝っていき、激しく脈打つ喉もとの血管を探り当てた。
「けれど、いまは白鳥になった」ディミトリはそっと言葉を継いだ。「イセ・パネモルフィ。きれいだ」彼はギリシア語で言ったのち、英語で繰り返した。本当はその必要はなかったが。ルイーズはギリシア語を完全に理解していた。
 それが幕開けだった。ディミトリのオリーブグリーンの目をのぞき、そこに映った欲望を見て驚いた瞬間から、黄金に輝くすばらしい数日が始まったのだ。友情を育む傍ら、互いを異性として意識する気持ちが急速に募っていった。
 ルイーズが誕生日をひとりで過ごしていると知り、ディミトリは彼女を近くのアンドロス島へ食事に連れ出した。魔法のような夜だった。そして最後に彼女を送ってアフロディーテ邸にたどり着いたとき、彼はキスをした。唇がごくそっと触れ合うだけの軽いキスだったにもかかわらず、体の内側で熱い爆発が生じ、ルイーズはうっとりと彼を見つめた。心臓が激しく打ち、もう一度キスをしてほしくてたまらなかった。だが、その願いはかなわず、ディミトリは“おやすみ”と言っただけだった。どことなくぞんざいな言い方だったので、彼に何かいやな思いをさせてしまったのだろうかとルイーズは不安になった。父親の愛人の娘にキスなどして後悔しているのかもしれないと思い、みじめな気分に陥った。
 ところが翌朝、またひとりで一日を過ごすのかと思って暗い気分でプールサイドに座っているところへ、ディミトリが現れた。そしてビーチに誘われたとたん、わびしく感じられた一日はたちまち薔薇色に変わった。
 二人は一緒に泳ぎ、日光浴をして、この世のあらゆる話題について語り合った。ただし、互いの親の話題を除いて。ディミトリはただの一度もティナという名を口にしなかった。
 数日を過ごすうちに、彼に対する気後れはしだいに消え、ルイーズはかなりくつろいだ気分になっていた。そのためディミトリが本気でキスをしてきたとき、彼女は喜んで応えた。彼はうなり声を発してルイーズのことを魔女だと言い、僕に魔法をかけたに違いないと言い張った。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。