マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ 別冊

たった一度の週末

たった一度の週末


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ別冊
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 アリソン・フレイザー(Alison Fraser)
 スコットランド北部で生まれ育つ。大学では英文学を専攻し、数学の教師やコンピューター・プログラマーとしての経歴も持つ。もともとは趣味で小説を書き始めたが、プロとなった今も“趣味”を楽しむ気持ちは変わらない。現在はバーミンガムに夫や子供、犬たちと住んでいる。

解説

ホープは18歳という若い身空で結婚したものの、妻を顧みない薄情な夫に悩まされ、やがて離婚にいたった。夫の浮気相手が親友だったことで、二重苦を味わった彼女の心の支えになったのは、夫の弟ガイだった。“ぼくは以前からきみを愛していた”というガイの言葉に接し、その慰めにすがるように、ホープは彼を受け入れてしまった。ふたりで虚空に愛を描いた、たった一度の週末……。12年後、一人娘を育てるホープの前に、ガイが兄の死を告げに現れた。故人の遺言で、彼女と娘はガイの瀟洒な館で暮らさねばならないという。ホープは青ざめた――娘の本当の父親はあなたなんて、今さら言えない!

■けなげなヒロインと大富豪の波瀾の恋を描く、“切ないシンデレラ”企画をお届けします。12年前、ガイとホープは一緒になる約束をしたはずだったのに、ボタンのかけ違いで互いに誤解したまま離れ離れになっていたのでした。胸打つ再会&シークレットベビー物語!

抄録

「あなたには、いるの?」
 ガイは眉を上げた。「何が?」
 わざととぼけているんだわ。「子供よ!」
「いや」答えはそれだけだった。
 結婚はしているの? だけど、子供は作らないと決めたとか? どうなの?
 そんなこと、あなたに関係ないでしょう。ホープは自分に言い聞かせた。あれから十年以上経ったのよ。二人はもう他人同士なの。きっと、もともと他人だったのよ。
 個人的な話題は避けようとホープが考えていると、ガイが言った。「ジャックとよりを戻したかいはあったんだね。たとえ少しの間でも」
「えっ?」
「マキシーンが生まれたじゃないか」ガイの目はガラスのように冷ややかだった。「そのためにジャックとよりを戻したんだろう?」
「よくもそんな……」ホープの声は高くなった。
「よくもそんな本当のことをって言いたいの? 昔の話だ。いいじゃないか。ただ知りたいんだ。ジャックとはどれぐらい続いた? 一カ月かい? それとも二カ月?」
 ガイは答えを知っていると思ったが、それでもホープはつぶやいた。「五週間よ」お願い、これ以上きかないで。
「五週間? そうか。身ごもって、それを確認して離婚届を出すのにぎりぎり必要な期間だ」
「そんなんじゃないわ!」腹が立つというよりも悲しかった。ガイにそんなふうに思われていたなんて。「私はジャックのもとに戻るつもりなんてなかったわ。あなたが私の話を聞いてくれていたら……」
「君の話?」ガイはホープの腕をつかんだ。「君はあれ以上まだ嘘をつくつもりだったのか? 守らない約束をするつもりだったのか?」
「お互いさまじゃないの!」ホープはガイが口にした言葉を思い出した。愛のささやき、約束の言葉を。
「それなら僕たちはお似合いだったというわけだ」ガイはかすかに笑った。「僕のそばにいればよかったのに……。だが、君は子供がほしかった。僕が相手ではどうなるかわからなかったとしても、ジャックなら間違いなかった。すでに一度……」
「やめて! 私はあなたにもジャックにも……うんざりしていたのよ。あなたたちが求めたのは……」
「体だけだった?」ガイはあざけるように笑った。「うぬぼれないほうがいいな。君はそんなによくなかった」
「なんてことを……」十年以上閉じこめてきた、それでいて生々しい怒りが、ついに爆発した。ホープは手を上げてガイの頬をぶった。
 どちらの驚きが大きかっただろう? 生まれて初めて人をぶったホープと、生まれて初めてぶたれたガイでは?
 いずれにしても、おじけづいたのはホープのほうだった。彼女は後ずさりした。ガイから、自分自身から……そして、二人の間の激しい感情から。
 ガイはこの状況を楽しんでさえいるようだった。ホープを引き寄せ、無理やり自分のほうを向かせた。勝ち誇ったようなガイの表情を見てホープが戸惑い、動けないでいると、彼の顔が近づいてきた。
 あっという間に唇が重ねられた。自分をぶったホープを罰するような、荒々しいキスだった。
 そのキスに、ホープは呼吸と理性と正気を奪われた。ガイの肩を押し、脚を蹴り、自由になろうともがきながらも、全身に喜びが駆け抜けた。
 ガイはそれを知っていた。感じていた。彼はいつまでもキスを続けた。昔と変わらないホープの唇の甘さ、柔らかさ、匂いを確かめるように。
 ホープはショックを受けていた。何も変わっていない。ガイに触れられただけで、私はプライドも意志の力も何もかも失ってしまう。あふれる思い出を押しとどめることができない。頭の中でカメラが回り、二人が愛し合った日々を映し出す。短かったけれど、まるで百年続いたような気がするあの日々を。
 そして、ガイの最後の言葉。“恋愛でもない。情事だ。ただの肉体関係……好奇心にすぎなかった”その一言一言は、ハンマーのようにホープの心を打ちのめした。
 同じ言葉が今、ホープのプライドを救った。「やめて!」彼女は身をよじってガイから離れた。
 手の甲で唇をぬぐうホープをガイは見つめた。侮辱のしぐさだったが、ガイは、今さらプライドを振りかざしてどうするんだと言わんばかりに薄笑いを浮かべている。
「僕は嘘をついた。君は最高だったよ」
 それはほめ言葉ではなかった。ガイの表情を見れば、一、二度ベッドを共にするには、と言っているのがよくわかった。
 今度はホープは彼をぶたなかった。怒りよりも屈辱感のほうが大きかった。
 それ以上何も言わず、ガイは十三年前と同じように歩み去った。玄関のドアが閉まる音がした。彼はドアを力任せに閉めたりはしなかった。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。