マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

半年だけの結婚【ハーレクイン文庫版】

半年だけの結婚【ハーレクイン文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫ハーレクイン文庫コンテンポラリー
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ペニー・ジョーダン(Penny Jordan)
 1946年にイギリスのランカシャーに生まれ、10代で引っ越したチェシャーに生涯暮らした。学校を卒業して銀行に勤めていた頃に夫からタイプライターを贈られ、執筆をスタート。以前から大ファンだったハーレクインに原稿を送ったところ、1作目にして編集者の目に留まり、デビューが決まったという天性の作家だった。2011年12月、がんのため65歳の若さで生涯を閉じる。晩年は病にあっても果敢に執筆を続け、同年10月に書き上げた『純愛の城』が遺作となった。

解説

闇の果てを思わせる迷宮に、アンバーはいた。事故で脚を引きずるようになり、孤独と無力感に蝕まれていた。そんななか、知り合った会社社長ジョエルの申し出で、やはり脚の悪い、彼の幼い息子の面倒を見るために、半年間だけ、肉体関係のない契約結婚をすることになったのだ。アンバーは、ジョエルの類いまれなる美貌に目が眩んでしまう。
だが、彼に惹かれれば惹かれるほど、自分の傷に引け目を感じる。そして心が痛むのだ。愛される資格がないとわかっているから。たとえキスをされても、それは同情にすぎないのだと。

*本書は、ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊から既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 肩に温かい男性の手があった。眠りのなかで、アンバーはロブとつぶやき、その手に顔をすりよせる。口もとに微笑がうかんでいた。
「ダーリン……」
 ため息とともにアンバーは目を開く。愛と幸せに満ちた琥珀色の瞳をあげて、アンバーはロブのキスを待った。
 でも、とっくにロブはいないはずなのに。気がつくのが遅すぎた。さっと男性の顔が近づき、そっと唇を奪う。キスはアンバーの全身を貫き、何カ月かぶりに、アンバーの肉体を目覚めさせた。
 ジョエルの両手がアンバーの脇の下にかかり、軽軽と椅子から立ちあがらせる。
「これはこれは!」
 はっきり目が覚めたとたんに、危険にきらめくジョエルのグレーの瞳が見えた。冷たい目だと思っていたのに、今は怒りに燃えている。
「それで、ロブとは何者だ?」
「わたしのフィアンセでした」
「ロブが?」
 鋭い口調は、アンバーに危険な立場を警告していた。
「わたしたち、婚約してたんです。彼は医学生で、専門医をめざしてました。専門医には、不具の妻では困るんです」
「それで、きみを厄介払いしたのか?」
 傷つく。思わず言いかえしていた。
「なぜ、そんなふうに思うんです?」
「でなきゃ、きみはあんなふうに、そいつの夢なんか見るものか。二度とぼくをほかの男と間違えるんじゃないぞ、アンバー。念のために……」
 罰するようなキスを避けるすべはなかった。アンバーのミスに復讐するためのキスは、ジョエルがどんなにロブとは違うかを思い知らせる。ロブはこんなふうにキスしたことは一度もなかった。
 冷たい巧みなキスなんか軽蔑すべきだと思うのに、自分でもびっくりするような反応を引きだされてしまう。なんとかジョエルから体を引き離そうとし、はじめてバスタオルが落ちかけていることに気づいた。ジョエルの視線にまっ赤になる。
「そのロブってやつと、‘より’が戻る可能性はないんだな?」
「ええ。たとえあったとしても、よりを戻そうとは思いません」
「きみはもっと大きな賭をしてるんだからな。違うかい? 修行中の医者なんて、もはや、‘め’じゃないさ。そうだろう?」
 ベッドのポールが身じろぎをした。
「きみにそろそろ八時だと言いに来たんだ。今朝はポールは寝かせておこう。ケンダルに出かける前に、きみに話がある」
「それじゃ、三十分後に階下におります」
 自分の部屋に戻ると、前の日と同じ服に着替える。ジョエルにキスされたとき、自分がどんなふうに感じたかは考えないように努める。
 ロブと別れて以来、わたしはただひとつの野望にかられて生きてきたはずよ。昔と同じ自分に戻って、ロブを見かえしてやろうって。そのために生きてきたようなものだし、ジョエルのとんでもない申し出を受けたのだって、そのためじゃないの。
 でも、今は、ほかの思いもある――たとえば、ポールへの同情。自分と同じように苦しんでいる、あの小さな子。どうして母親と一緒じゃないのかしら?
 あれこれ考えているよりは、さっさと階下におりて朝食のテーブルについたほうが、答えがわかるかもしれないわ。
 それにしても、明るい朝の光のなかでは、いかにもみすぼらしく冴えない服装だった。でも、すぐ気を取り直す。わたしには大きな野望があるんだもの。
 ジョエルは大きくてモダンなキッチンにいた。黒っぽい樫のユニットと柔らかな色のタイルのフロア。驚いたことに、フライパンでベーコンを焼いている。すぐそばにはコーヒーがわき、テーブルの上には、すでにグレープフルーツとコーンフレークスが用意してあった。
「どうした? ぼくが自炊できると知ってびっくりしたのか? 一流のコックとはいえないことは認めるが、生存の第一条件だからね。父親がひとりで子供を育てようとすれば、家事の初歩くらいはこなせなきゃ。
 ミセス・ダウンズがいてくれるだけでもラッキーなんだが、離婚法廷の判事の目には、家政婦は母親がわりとはうつらないんだ。だからこそ、ぼくには妻がいる――一時的なものでもね。おなかがすいたかい?」
 首を横にふろうとして、気を変える。昨日は、いやここ何日か、ほとんど食べていなかった。ベーコンのにおいは食欲をそそった。
「ちょっぴりね……ポールを起こしましょうか?」
「いや、あの子は眠らせておこう。ポールがいないほうが話しやすい。あの子がどんなに傷つきやすい危険な心理状態かは、きみにもわかるだろう――主として事故と、母親を失ったことからきていると思うんだが」
「ええ。わたしと同じような傷を受けたみたいですわね」
「それも、ぼくがこんな申し出をした理由のひとつなんだ」
「見当はついてました。どれくらいの障害が残るのか、お医者さまからお聞きになりました?」


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。