マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

天使に魅入られた大富豪

天使に魅入られた大富豪


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

彼が愛するのは我が子だけ。私はただのおまけにすぎない。

メリーは女手一つで生後6カ月の娘を育てている。娘の父親はかつての雇い主、巨大複合企業を率いるアンゲルだ。妊娠を伝えたとき、彼はすべての処理を弁護士にまかせた。そんな冷酷さに耐えられず、それ以来一切の連絡を絶っている。そのアンゲルが娘との面会を求めていきなり訪ねてきた。家族第一主義の父親にたきつけられ、やむなく来たらしい。ところが娘を一目見た彼はたちまち夢中になり、結婚を申しこむ。断れば法廷で親権を争うと半ば脅して。メリーは激しく煩悶した。娘には父親が必要よ。でも妻への愛がないと知りつつ結婚できる?

■大人気作家リン・グレアムの真骨頂、愛を信じないギリシア人億万長者と、無垢な元部下のドラマティックなロマンスをお届けします。身勝手で傲慢なヒーローが、初めて小さな我が子と対面した瞬間から、まるで別人のように劇的に変わっていく様子に要注目!

抄録

「もしあなたに大声でどなられたら、私も大声でどなり返します」メリーは言った。
 アンゲルの形のいい唇に一瞬笑みが浮かび、そのあまりの魅力にメリーは目が釘付けになった。「君とならうまくやっていけそうだ」
 こうしてメリーの仕事人生において最も刺激的な日々が始まった。メリーはアンゲルのアシスタントの中で最年少ながら、数字に関しては彼が最も信頼を置く相手だった。シビルもその昇進の知らせに大喜びだったが、姪がいかに遅くまで働き、いかに重大な責務を担っているかを知ったら、きっと恐怖におののいていただろう。
「ボスは君のことがかなり気に入っているようだな」二カ月がたったころ、同僚の男性アシスタントがちゃかすように言った。「どうやらボスがいつも引き連れているあのブロンドたちにはない何かが君にはあるらしい。四六時中、君を目で追っている」
「さあ、私は何も気づかなかったわ」黙って聞き流すわけにもいかず、メリーは言った。
 しかし、頭の中ではわかっていた。アンゲルの前で自分が極力そっけなくしていることも、それが今までに出会ったどんな男性よりも彼を意識しているからだということも。あのとろけるような蜂蜜色の瞳をうっかり見てしまおうものなら、胃が引っくり返り、口が乾き、息が上がった。そんな自分が悔しかった。それが男と女の引力だとわかっていて、怖かった。単に彼がボスだからだけでなく、自分が制御不能に陥っていく気がしたから。
 そして、ついに運命が動いた。でなければ、どちらも絶対に行動を起こしはしなかったと今も信じている。インフルエンザの大流行によって社員が次々と欠勤する中、気がつけばアンゲルと二人きりという場面が多くなった。ある晩遅く、オフィスに残っていると、彼が車で送ると言い、帰りに一杯どうかと誘った。メリーは飲み物の誘いにはノーと、車で送ってもらうことにはイエスと答えた。そのほうが早く家に帰り着くからだ。
 地下駐車場に向かうエレベーターの中で、アンゲルが欲望のくすぶる暗金色の瞳でメリーを見つめた。メリーは頭がくらくらし、体がほてりだした。まるで服が急に縮んだように息が苦しくなった。アンゲルが長い指でメリーのふっくらした唇をなぞったかと思うと、次の瞬間、彼の中で張りつめていたものがぷっつりと切れたように、彼女をエレベーターの鏡張りの壁に押しつけて、飢えたように熱く激しいキスをした。その情熱の前では、メリーはまったくの無防備だった。
「僕の家に行こう」エレベーターのドアが開き、あわてて自分を取り戻そうとするメリーをよそに、彼がざらついた低い声で言った。
 メリーの赤い顔がたちまちこわばった。「とんでもない。今のは間違いです。忘れましょう」
「無理だ。もう何週間も前から、君が僕をどんな気持ちにさせるか必死に忘れようとしているんだ」
 エレベーターを降りざまに飛び出したアンゲルの告白がメリーをますます狼狽させた。「そんなの、ただの欲望です。無視してください」
 アンゲルが目を丸くしてメリーを見つめた。「無視しろだと?」
 メリーを中に残したままエレベーターのドアが閉まりかけ、アンゲルがさっと手を伸ばして押さえた。「さあ、早く」
「私は地下鉄で帰ります」
「子供じみたことを言うな。君に襲いかかったりはしない」
 たった今、荒々しく肩をつかまれ、エレベーターの壁に体を押しつけられたことを思えば、とうてい信じられなかったが、その一瞬のためらいが命取りになった。アンゲルは有無を言わせずメリーの手をつかんでエレベーターから降ろした。「家まで送ろう」
「世の中には越えてはいけない一線というものがあると思うんです」彼の車へ向かいながら、メリーは説いて聞かせるように言った。
「僕に説教をするな」アンゲルが言った。「僕はこれまで一度だって社員に手を出したことはない。君が唯一の例外だ」
「今後は互いに警戒しますから、こんなことは二度と起こらないはずです。だからもう忘れましょう」メリーは言い、銀色のスポーツカーの助手席に体をすべりこませた。「私のおかげで間違いを犯さずにすみましたね」
「偉そうに」アンゲルが鼻で笑った。「もしあのとき僕がキスをやめていなかったら、僕たちは今ごろまだエレベーターの中にいたはずだ!」
「いいえ、私があなたを突き飛ばしていました」
 車が渋滞した道路を進む間、張りつめた沈黙が二人を包んだ。アンゲルがメリーの住むおんぼろアパートメントの前で車を止めた。「君の給料ならもっとましな場所に住めるだろう」
「その分を貯金に回しているんです」メリーは誇らしげに言った。
 シートベルトをはずそうとすると、アンゲルが再び燃えあがる渇望と欲求不満をぶつけるように唇を押しつけてきた。メリーは全身が躍動するのを感じた。まるで体の奥深くにある秘密のボタンが押され、何かを爆発させたかのように、脚の付け根にどっと熱いものが流れこんだ。
 アンゲルが顔を上げた。「君に突き飛ばされるのを待っているんだが? どうやら口先だけのようだな」
「あなたも部下にひっぱたかれたくはないでしょうから」メリーは冷ややかに言ったものの、その実、屈辱に顔から火が出そうだった。
「むしろ大歓迎だ。それで君のその氷の仮面がはがれ落ちるならね」アンゲルがからみつくような低い声で思わせぶりにささやいた。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。