マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ティーンズラブ小説

女神官と青い目の男

女神官と青い目の男


発行: 二見書房
レーベル: ハニー文庫 シリーズ: 初夜〜王女の政略結婚〜
価格:700pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

踊ってくれ、俺の神官殿。俺の、上で。
敬虔な女神官と漂泊の元王族

政略結婚を前に亡父の友人のもとを訪れたバステト女神に仕える神官のミウレトは、美しい青い目を持つセジェンと再会する。王宮で目にしたときは王子、十年以上過ぎた今は商いで財をなした砂漠の民の長として。神官家同士の政争で立場的に危ういミウレトは、そのセジェンの護衛で帰途につくことに。しかし遊び人風な彼の言動に、ミウレトは長年の慕情に浸るよりも彼の寝所に乗り込むことを選んで…。

『初夜〜王女の政略結婚〜』スピンオフ

※こちらの作品にはイラストが収録されています。
 尚、イラストは紙書籍と電子版で異なる場合がございます。ご了承ください。

目次

序章
一章
二章
三章
四章
五章
六章
七章
終章
あとがき

抄録

「……なぜ?」
「すみません。お休みでしたか?」
 ミウレトは上体ごと首を傾げ、セジェンの長身越しに部屋をちらりと覗く。
「どなたか、ご一緒に?」
「いや」
 セジェンはすばやく答えて、仕切りを持ち上げたまま身体を斜めにして中を示した。
「眠ってもいなかったし、ひとりだ」
「……あちらに行かなかったのですか?それとも、だれか来るのを待っているのですか?」
「そうだな、だれかは来るかもな」
 鼓動は奇妙な拍を刻んだままだが、セジェンは口元を歪めて嘯いた。
 するとミウレトはハッとしたように目を見開き、なにかを言いかけた。しかし声を発することなく顔を伏せてしまう。濡れた髪が重たげに頬を滑り、三本の白い傷を隠した。
 仕切りを持つのとは逆の手を上げたセジェンは、ミウレトの髪を払った。指の背に、滑らかな肌と傷痕のかすかな盛り上がりが伝わる。
「……っ」
 ミウレトは大仰に身を竦ませ、セジェンの手を叩くようにして払った。そして自分の頬に指先を当てて傷を隠した。
 見上げてくる大きな黒い目は潤み、揺れている。
 触れたことを非難する視線ではなかった。黒い目には不安だけが宿っている。
 セジェンは胸を突かれた。ミウレトの頬の傷─猫の爪痕にも似たそれは、バステト女神がつけたしるしとして有名だった。
 神のしるし。特別に愛されたしるし。誉れとするべき傷だ。
 けれど彼女にとっては……。
「用はなんだ、神官殿?」
 些細なやり取りを気にさせないためにできるだけ優しい声音で問うと、ミウレトは安堵したように肩から力を抜いた。
「……ほんとうに、どなたかいらっしゃるのですか?」
「ここに?」
「ええ」
「まさか」
 セジェンは短く笑って、首を横に振った。
「だれも来ない。……いや、来たな」
 長身を屈めて、セジェンはミウレトに顔を近づけた。
「あなたが」
 彼女がこの青い色の目を気に入っているのは知っていた。武器は惜しみなく使えと学んでいる。セジェンはじっとミウレトを見つめ、にやりと太い笑みを浮かべた。
「……あなたが来た」
「わたしは」
 息苦しくなったように喉元を押さえ、ミウレトは唇をわななかせた。ふるえたその唇を舐め、喘ぐようにして声を絞り出す。
「ここに女性がいたら、追い出すつもりでした」
「……追い出す?」
 セジェンは首を傾げ、女神官の言葉を反芻した。しかし理解するよりはやく、パッと顔を上げたミウレトの、挑むようにきらめかせた黒い目に見据えられて息が止まった。
「ほかのだれかではなく、遊ぶなら、わたしと遊んでください」
 ぼんやりする耳を、ミウレトの声が叩く。
 開けた口を閉じるのも忘れ、セジェンは女神官を凝視した。
 紅潮した頬と、潤んだ大きな黒い目。
 甘い香りのする肌。女性らしい曲線のある、しなやかな身体つき……。
 ─わたしと遊んでください。
 鈍くなった頭が、ようやく意味を理解した。
 途端、身体の芯を焼いた熱に煽られ、セジェンはごくりと唾を飲んだ。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。