マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌趣味スポーツ格闘技

木村政彦 外伝

木村政彦 外伝


発行: イースト・プレス
価格:2,340pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

【増田俊也】
2006年『シャトゥーン ヒグマの森』で『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞。小説のみならず、ノンフィクションや随筆、評論の分野でも活躍。2012年『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』で大宅賞&新潮ドキュメント賞受賞。2013年、自伝的小説『七帝柔道記』(角川書店)が第4回山田風太郎賞最終候補作に。2014年『VTJ前夜の中井祐樹』を上梓。2017年、『北海タイムス物語』で第2回北海道ゆかりの本大賞を受賞。

解説

「木村政彦 生誕百周年記念」刊行。連載時に反響を呼びながら、ベストセラー『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』には収録されなかった幻の原稿「最強柔道家論争」を含む、『ゴング格闘技』連載時の珠玉の原稿や論評、さまざまな作家・格闘家・アーティストたちとの対談、さらに書き下ろし原稿、連載時の秘蔵写真&全キャプション等を収録。大宅賞&新潮ドキュメント賞W受賞作は、本書によって“完全版”となる。

目次

プロローグ「遥かなる」

◆第1章 史上「最強」は誰だ?

「『最強柔道家論争』木村、ヘーシンク、ルスカ、そして山下泰裕」

「木村政彦vs山下泰裕、もし戦わば〈立ち技篇〉」

「木村政彦vs山下泰裕、もし戦わば〈寝技篇〉」


◆第2章 証言・木村政彦と力道山の時代

ヒクソン・グレイシー×増田俊也
「木村政彦は切腹すべきだったのか」

ミスター高橋×増田俊也
「プロレス側から見た力道山vs木村政彦」

安齋悦雄(元拓大柔道部監督)×増田俊也
「牛島先生と木村先生のもとで
稽古ができたことは、本当に幸せでした」

青木真也×増田俊也
“キムラ”を語る。

岩釣兼生×石井慧×増田俊也
「鬼を継ぐ者」

岩釣兼生という最後のサムライ


◆第3章 柔道とは何か?

岡野 功×増田俊也
「柔道、そして正気塾を語ろう」

古賀の兄と呼ばれた柔道家

超二流と呼ばれた柔道家

堀越英範×増田俊也
「世界一の背負投げ」

松原隆一郎×磯部晃人×増田俊也
「柔道とは何か?」

木村政彦のなかで生きた高専柔道

1950年のプロ柔道旗揚げ戦動画を見る
「木村政彦とプロ柔道の時代」

高専柔道と七帝柔道、百年の奇跡。
増田俊也、寝技の源流を語る。


◆第4章 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか

平野啓一郎×増田俊也
「木村政彦の復活」

角幡唯介×増田俊也
「たったひとつの信じるもの」

菊地成孔×増田俊也
「木村政彦の謎は、永劫に繰り返される」


◆第5章 男の星座たちに捧ぐ

大宅壮一ノンフィクション賞受賞
増田俊也「天覧試合を語る」

猪瀬直樹×増田俊也
「木村政彦が生きた意味」

原田久仁信×増田俊也
「魂を込めて、男の星座たちに捧ぐ」

吉田 豪×増田俊也
「木村先生が好き過ぎて」

綾小路 翔×増田俊也
「エンディングテーマは流れない」

小林まこと×増田俊也
「我が柔道部物語」

中井祐樹×増田俊也
「七帝柔道、修斗、VTJ……
そして木村政彦の末裔として」

あとがき

【完全収録】
2008−2011『ゴング格闘技』連載
「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」
全写真&キャプション

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。