マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

無慈悲な富豪の愛の奴隷

無慈悲な富豪の愛の奴隷


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ケイトリン・クルーズ(Caitlin Crews)
 ニューヨーク市近郊で育つ。12歳のときに読んだ、海賊が主人公の物語がきっかけでロマンス小説に傾倒しはじめた。10代で初めて訪れたロンドンにたちまち恋をし、その後は世界各地を旅して回った。プラハやアテネ、ローマ、ハワイなど、エキゾチックな地を舞台に描きたいと語る。

解説

私の幼い胸を焦がした彼の美しい瞳に、今は怒りと憎悪しか見えない。

レクシーは両親の死後、伯父の家で使用人扱いされて育った。そんな日々の中、心の支えだったのは憧れの上司アトラス。だがある日、無実の罪で囚われた彼は皮肉にもレクシーの証言が決め手となり、CEOの座を追われ長い獄中生活を強いられる悲劇に見舞われてしまう――。10年後、ついに無実の罪を晴らした彼がオフィスに現れる。そして、おののくレクシーに傲然と言った。「僕を監獄に追いやった君への罰は、僕と結婚することだ」何を企んでいるの?彼の意図がわからずレクシーは狼狽した。

■あまりにも変わってしまったかつての憧れの男性。悲しみの新婚初夜、過去の罪を体で償えとばかりの悪魔の仕打ちにヒロインは耐えますが、妻がバージンだと知った彼は……。文豪デュマの名作『モンテ・クリスト伯』さながら、重厚な愛憎劇の幕が開きます!

抄録

「君は自分のしたことに誇りが持てるか?」
 レクシーの喉が一瞬引きつった。ついに屈服し、目にたまる涙をこぼすかと思いきや、そうではなかった。彼女の目に自尊心のようなものを感じ取ったのはなぜだろう。レクシーが十年前より今のほうが自分を律することができるようになっていようと、僕にはなんの関係もないのに。
「ここには何かを誇りに思っている人など誰もいない」顔に表れた感情をすべて込めたような声でレクシーは言った。
「“誰か”の話をしているんじゃない」アトラスは語気を強めた。「君の伯父やいとこたちには別の報いを受けさせる。彼らには、君が擁護してやるような価値はない。僕が言っているのは君のこと、君のしたことだ」
 今度こそレクシーがくずおれるものとアトラスは思った。彼の目には、レクシーは実体がないも同然だった。記憶のなかの彼女は常にフィリッパの後ろに隠れて躍る影だ。まだ美しさの片鱗も見えない十八歳の少女だった。
 ただ、その兆しはあった。彼の顔を見てはくすくす笑い、ワース家の地所内を走りまわってはちょっかいを出してくる二人の少女など無視しようとしていた当時さえ、アトラスにはわかっていた。
 ふっくらとみずみずしい唇は、あの頃のレクシーの顔におさまりきれない印象があった。身長も十センチ近く低く、内に秘めたものを持て余していらだっていた。本人にとっても最大の悩みの種だったはずだ。雰囲気たっぷりのセクシーなブロンドのフィリッパに比べ、レクシーは野暮ったく、ぶざまと言ってもよかった。
 当時の二人は子どもだったが、それでもフィリッパは大人びていた。もっとも、本当の意味で生き生きしていたのは、麻薬依存症の両親に支配されて怯えていたレクシーのほうだったかもしれない。
 アトラスは、ワース家のお荷物に対して今も同情の念を覚えている自分がいやだった。レクシーはシンデレラ――のけ者のように扱われ、彼らのお情けにすがって生きるのを感謝しなければならなかった。
 今の彼女も、まさにそのとおりのことをしていた。自分の境遇を意識して地所の端で仕事にいそしみ、世間から隠れるようにして生きている。昔から伯父に求められていたとおりに。レクシーは同情されてしかるべきだ。
 だが、アトラスは同情などしなかった。
 確かに美人になったが、今日の格好も垢抜けていない。実用本位のスカートとありふれたブラウスという、どこにでもいる秘書そのものだ。茶色の髪は、頭痛になるのではないかと心配になるほどきつく引っつめている。
 壁紙に溶けこんで消えたがっているような格好と言うべきか。身のほど知らずな考えなど持ったこともない、とでもいうような。
 それでもレクシーはくずおれはしなかった。刑務所で見たどの男より肝が据わっている。
「私の証言のせいで投獄されることになったのをどれほど申し訳なく思っているか、あなたにはわからない」レクシーは目に苦悩の色を映しながら彼を見つめた。「でも、嘘はついていない。でっちあげたこともない。見たままを証言しただけよ」
「見たまま、か」アトラスはすさんだ笑みをもらした。「というより、十代の小娘があれこれ妄想した末にまったく別のことを――」
「私は見たままを証言した。それ以上でも、以下でもないわ」レクシーは唇を引き結び、首を横に振った。荒々しく、一度。そしてもう一度。「どうしてほしかったの? 嘘をつけと?」
「まさか」アトラスは彼女の真正面に立った。二人を隔てるのは狭い机だけで、レクシーの匂いがした。石鹸の清潔な匂いだ。ローズマリーを思わせる香りも、彼の全身を包みこむ。さらには、喉元が激しく脈打つのも見えた。「結局、今の君に何が残されている? 純潔か?」強調するように言った最後の言葉に、彼女がびくっとしたのがわかった。「だからこそ君はここでこんな生活に甘んじていられるんだろう? リチャードは昔から君のことをワース家の一員として扱ってこなかった。違うか?」
 赤面するレクシーに、アトラスは魅了された。いや、そうじゃない。長らく刑務所で過ごしてきたせいで、どんな女性も魅力的に見えるにすぎない。個人的な思いのはずがない。やるべきことが山積みだというのに。
「伯父はいつも優しかったわ」レクシーはひたむきな声でつぶやいたが、視線が一瞬揺らいだのをアトラスは見逃さなかった。
「そう感じるよう洗脳されているんだな」
 ますますレクシーの顔が赤くなる。「あなたがワース家のことをよく思うはずがない。それは理解できるし、そのことを責めるつもりはないわ」
「進歩と言うべきだろうな。僕が彼らを恨むのを許されるとは。だが、僕にはなんの責任もない。やってもいない罪を悔いてすばらしい人生へと導かれるわけでもないし」
 はっとするレクシーを冷酷な目で見つめる一方、安堵する自分もいた。アトラスはこれまでずっと怒りに歯を食いしばり、策を練ってきた。込み入った計画をあれこれ立てては捨ててきた。刑務所にいれば、誰もがそうする。恨みはより深くなる。だが僕は、この計画を本当に実行に移したいのだろうか。
「僕は君に嘘をつかない、レクシー。もっと厳しいものになると思っていた」
「あなたが戻ってくることが?」
 レクシーが口を引き結ぶさまにアトラスは魅了された。唇が乾いたのか、緊張しているのか。その唇をしっとり濡らす方法はほかにもあるが、それを実行に移すにはまだ早い。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。