マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションホラー実話・恐怖体験

恐怖箱 呪祭

恐怖箱 呪祭


発行: 竹書房
レーベル: 竹書房文庫 シリーズ: 恐怖箱「超」怖い話
価格:700pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

神域で起きた怪。禁忌の儀式。
神と仏、祭祀に纏わる実話怪談!
加藤一/雨宮淳司/神沼三平太/高田公太/橘百花/つくね乱蔵/戸神重明/内藤駆/ねこや堂/服部義史/久田樹生/深澤夜/三雲央/渡部正和/共著

神社や寺といった本来清くありがたいはずの場所が、恐怖の舞台になることがある。神社の境内で用を足したことから始まる祟りの連鎖「八幡様」
独身男性の葬儀の際に棺に入れる女の人形。それを盗んだ男は…「花嫁人形」
集落で祭りに行くことを禁じられている一軒の家。その家の娘が内緒で神社の鳥居をくぐると…「タブー」
賽銭箱に入れられた千円札の折鶴。そこに込められた空恐ろしい祈願…「千円鶴」
中国地方の山間部で祀られている土着の神、五間様の恐怖「鉄拳制裁」
寺の本堂に寝かされた足折れの菩薩。その忌まわしい由来とは…「寝菩薩」
ほか、何らかの禁忌を犯したがゆえに下される罰や、祟りを中心に集められた戦慄の実話怪談全36話!

本の情報

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。