マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

王子と間に合わせの妻

王子と間に合わせの妻


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

これは世継ぎのための結婚──愛はおろか誓いのキスさえない。

病身の母との生活を支えるため、仕事を掛け持ちし、働きづめの毎日を送っているジャズ。思い余って母の元雇い主に窮状を訴える手紙を送ったところ屋敷に呼ばれるが、現れたのはその息子、レロヴィア国の皇太子ヴィターレだった。ああ、かつての想い人とまさかこんな形で再会するなんて……。ヴィターレは、弟との賭に協力し、しばらく宮殿に住みこむなら援助をしようと約束した。だが7週間後、事態は急変する。ジャズが妊娠したのだ──たび重なる彼の誘惑の罠に落ちて。「婚外子では世継ぎにできない。入籍する」冷淡な一言が飛んだ。

■『天使に魅入られた大富豪』に続く、リン・グレアムの王道シンデレラ・ロマンスをお贈りします!長い片思いの相手との子を身ごもり、幸せの絶頂であるはずのヒロインはあまりに孤独で……。

抄録

 ヴィターレはすっかり面食らい、ドア口に立つ女性を見つめた。なぜなら、その女性は波打つ赤毛と細くしなやかな体ですれ違う男たちを振り向かせずにはおかない、ぞくぞくするほどの美女だったからだ。唯一、変わっていないのは瞳だろう。顎のとがった逆三角の輪郭に、翡翠のようなグリーンの瞳。肌は高級磁器のように透き通って、ピンクの唇はふっくらと柔らかそうだ。その下唇を今は小さな白い歯できつく噛み、滑稽なほど恐れおののいて、じっとこちらを見ている。
「中に入って、ドアを閉めてくれ」ヴィターレは言った。どうしたら彼女に思っていることをそのまま顔に出すのをやめさせられるのか、そして、どうしたらその率直さを魅力に感じてしまうのかと思案しながら。
 一方のジャズはようやくかき集めた勇気を粉々に打ち砕かれつつも、なんとか自分を取り戻そうと試みた。私はヴィターレをひと目見ただけで、思い出したくもないあのころにタイムスリップしてしまったというのに、彼のほうは当時にもましてハンサムでゴージャスな姿を見せつけるかのようだ。その圧倒的な男らしさに引き寄せられて、目をそらすことさえままならない。
 ヴィターレの何が、私の何が、彼をこんなにもあらがいがたくするのだろう? 彼の兄アンゲル・ヴァルティノスは外見のよさを鼻にかけているように見えたし、そもそもそういう対象として見たことは一度もない。でも、ヴィターレはもっとずっと複雑で興味をそそられる存在だった。世間には気品あふれる洗練された王子の顔を見せていても、その仮面の下には熱くたぎる思いがあり、葛藤がある。完璧な礼儀作法も冷静な自己抑制も、暗金色の瞳の奥にひそむ熱情を隠しきれてはいない。
 それに、彼はたまらなくセクシーだ。引きしまった体がしなやかに動くたび、先端が金色の黒いまつげが揺れ、形のいい唇がゆがむたび、強烈な男の色気が漂う。異性を意識する年齢に達したとたん、ヴィターレに目が釘付けになったのは当然だろう。もっとも、彼のほうでは私を友人扱いすることすらありえないと思っていたようだけれど。
 ジャズは急いでドアを閉め、デスクの正面に置かれた椅子へ向かいながら、自分に言い聞かせた。あなたはもう大人よ。たとえ子供のころにどんな大恥をかいたって、今さら関係ないわ。
 だが、必死になるあまり、床に敷かれたラグの端が目に入らず、房飾りにピンヒールを引っかけ、あっと声をあげて前に倒れかけた。
 次の瞬間、ヴィターレが目にも留まらぬ早業でジャズを抱きとめ、腰に腕を回してその体を支えた。突然の接触と手のぬくもりに、ジャズはびくりとした。あわててはねのき、椅子に腰を下ろしたものの、敏感な鼻が男性ホルモンとコロンが混ざり合ったセクシーな香りをかぎ取り、五感がいっきに目覚めた。
 ついにヴィターレが私に触れた。人と接触することをできるだけ避けていたあのヴィターレが。ジャズはぼんやりとそう思った。脳の回路が再びつながるまでは、彼を直視するわけにはいかない。どうせ笑っているのだろう。わかっている。彼はいつだって私の不器用さをおもしろがっていた。自分は猫のようにしなやかで、絶対にころんだりしないから。今、その彼がデスクの向こうに戻るでもなく、いつになく打ちとけたようすでデスクの端に腰を下ろし、ジャズをますますどぎまぎさせた。これではあまりに距離が近すぎる。しかも、たくましい腿がすぐ目の前にある。
 なんとか落ち着きを取り戻そうと、ジャズはてのひらに指先が食いこむほどぎゅっと拳を握った。「私はあなたのお父さまに会いに来たんだけど」
「父が僕にこの件を一任したんだ」ヴィターレは言った。ジャズの肩に垂れる燃えたつように赤いつややかな巻き毛に手を触れたい衝動をかろうじてこらえて。確かに彼女の髪も瞳も美しい。だが、どうして今日に限ってふだんの形式張った態度を捨て、これほど彼女に近い位置に腰を落ち着けてしまったのか。どうして彼女が漂わせるなんの変哲もない石鹸の香りがこれほどセクシーに感じられ、細いウエストとすらりとした脚、繊細な曲線を描くスリムな体がとてつもない誘惑のように感じられるのか。彼女は僕のタイプではない。まるで違う。これまでずっと背の高い豊満なブロンド女性に惹かれてきた。こんな目につく鮮やかな赤毛は僕の趣味ではない。
 ただ、これほど女性の髪に触れたいと思ったことはかつて一度もない。その奇妙な衝動に落ち着きを失い、ヴィターレは再び立ちあがって、大股に部屋を横切った。だが、欲望に脈打つ下腹部が彼をさらにまごつかせた。思春期以来、こうした肉体の反応は完璧に制御できていたはずなのに。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。