マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

せつない秋【ハーレクイン文庫版】

せつない秋【ハーレクイン文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

婚約者にほかに女性がいると知って、サファーは病院を辞め、専属看護師として、ある老男爵夫人の屋敷に勤めることにした。ところが男爵家の嫡子、ロルフ・ファン・ドイレンの存在が、すべてを忘れたい、傷ついたサファーの心を波立たせる。冷たい態度で接する一方で、サファーを見つめる目が熱い。真意がつかめないサファーは、その奇妙な誘惑に戸惑いつつも、秀麗な貴公子ぶりの美貌の彼から、磁石のように目が離せない。ある日、ロルフに思わせぶりな言葉を囁かれ、動揺した。「僕には好きな人がいるが、その人には恋人がいる」と――

*本書は、ハーレクイン・セレクトから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

「君たちはすでに顔見知りだそうだね」ミスター・マクフィーが陽気に言った。「さあ、ここに座ってもっとゆっくり話すといい」
 まるで私がロルフ・ファン・ドイレンとの再会を大喜びしているみたいな言い方だと思い、サファーはおもしろくなかった。そして、椅子に座ってシェリーのグラスを受け取りながらさらにいらだった。ロルフ・ファン・ドイレンが彼女から遠ざかり、こう言ったからだ。「話はこれからいくらでもできるでしょう。看護師さんは少し休みたいに違いありません」
 サファーが驚いて彼に怒りのこもった視線を向けると、ミセス・マクフィーが言った。「私たちときたら、なんて気がきかないのかしら。長旅だったもの、疲れているに決まってるわよね」
 サファーが小声で礼を言って顔を上げると、ロルフ・ファン・ドイレンと目が合った。彼の瞳に楽しげな色が浮かんでいるのを見て、サファーはぐいと顎を上げた。これくらいで疲れているなんて役立たずだとほのめかされたような気がしたし、“看護師さん”などと呼びかけられたのは一年ぶりだったからだ。
 彼はサファーの考えを正確に読んだように言った。「失礼なことを言ってしまった。君は病棟の師長だったそうだね」いかにもすまなそうな顔をしていたが、それは見せかけに違いないとサファーは思った。「グローリアをどう呼ぶかなんて、僕は考えたこともなかったから」その言葉は彼女の心をさらに傷つけた。全員が親しいという小さなこの村で、自分がよそ者であることを思い出させられたからだ。
 夕食の間、サファーはずっとロルフ・ファン・ドイレンに対して礼儀正しいが冷たい態度を保った。そして食事が終わると、話したいことがあるので時間をとってもらえないかと尋ねた。彼は快く承知したが、眉の動きからすると少し驚いたようだった。
 ミスター・マクフィーが自分の書斎を使うようにと言ってくれた。サファーは壁際に置かれていた座り心地の悪い椅子に腰を下ろした。ロルフ・ファン・ドイレンは大柄な体をデスクにもたせかけ、無言で彼女を見つめた。
 サファーは硬い口調で言った。「あなたに協力していただきたいことがあるんです、ドクター」
「これは驚いたな。君からそんな言葉を聞くとは思ってもみなかった」彼の口調は楽しげだった。
 サファーは言い返したいのをこらえて唇を噛み締めた。彼女があまりにも長く黙っているので、ロルフが静かに尋ねた。
「僕になにを協力してほしいんだい?」
「男爵夫人は、あなたの妹さんにとても会いたがっています。一日だけでも彼女がここへ来られるようにとりはからっていただけませんか?」
 ロルフは冷たく答えた。「学業が優先だ。アントニアは大学に進むことになっているからね」
「ばかばかしい」サファーは我慢できずに言った。「勉強ならあとでいくらでも追いつけます。今はお母様の心の平穏のほうがずっと重要ですわ」彼女はロルフに鋭い視線を向けた。「いずれにしろ妹さんは大学に入る前に結婚してしまうでしょうに」
 ロルフはそっけなく言った。「たぶんね。だが、結婚に関しては、成就する瞬間までなにが起きるかわからないと君自身もよく知っているはずだ」
 サファーは身動き一つせず、ロルフ・ファン・ドイレンを見つめていた。まさか目の前の男性が自分とアンドルーのことを知っているとは思ってもみなかった。だが、もちろん伯父が彼に話した可能性はある。屈辱がこみあげるのを感じつつサファーはロルフから視線をそらし、静かに言った。「私はあなたのお母様の話をしているんです」
 すると、彼の声がひどくやさしげになった。「すまない、ひどいことを言ってしまった。ただ、今まで家族に関する問題は僕がすべて決めてきて、だれも異を唱えなかったものだから」彼は部屋を横切ってきてサファーの肩をつかみ、彼女を立ちあがらせた。「許してくれ。もし許してくれたら、トニアをこちらに来させるように手配するよ」
 サファーはロルフの顔をじっと見つめた。間近で見ると彼の瞳は真っ黒ではなくかすかに茶色がかっていて、今だけはとても親しげに見えた。彼女はぎこちなく言った。「条件などつけてくださらなくても許します。それとも、これは脅迫ですか?」
「そう思われても仕方ない」ロルフはほほえんだ。そのせいで一瞬別人のようにやさしそうに見えたが、それでもサファーはこう言わずにいられなかった。
「どうしても相性の悪い人たちもいるものですわ。私たちのように」
「なるほど」ロルフは穏やかに応じた。「僕たちはお互いを嫌っているというわけか。だとしたら、お互いに本音を友情の仮面の下に隠してつき合わなくてはならないな」彼はサファーから少し離れた。「だが、むずかしいことではないだろう。僕は明日、オランダへ帰るから。では、そろそろ失礼するよ。この時間はいつも母と三十分ほど過ごすことにしているんだ。僕は明日の朝早く発つから、君がこれ以上無理して親しげな態度をとる必要はない」
 そのあとサファーは寝室へ引きあげたが、今夜は眠れないだろうと思った。彼女がハイランドに期待していた平和と静寂は、ロルフ・ファン・ドイレンとの出会いによってだいなしになってしまっていた。彼女は横になるだけのつもりでベッドに入ったが、すぐに眠りに落ち、目を覚ましたのはメイドのメグが朝の紅茶を運んできたときだった。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。