マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクインSP文庫

クリスマスの受難

クリスマスの受難


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクインSP文庫
価格:400pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★☆☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 キャロル・モーティマー(Carole Mortimer)
 ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。十四歳のころからロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーの作品に感銘を受けて作家になることを決意した。キャロルは三人兄妹の末っ子としてイギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。一時は看護師を志したが、転倒した際に痛めた背中が治りきらず断念。その後、某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった。物語を書くときに一番楽しいのは、ヒロインとヒーローの性格を考えるとき。書いているうちに徐々に主導権がヒロインとヒーローに移り、いつのまにか彼らが物語を語りはじめるのだという。現在キャロルは“イギリスで最も美しい場所”マン島に、夫と子供たちと住む。

解説

キャシーはついに辞表を提出した。最愛の人、ドミニクに。
この5年、キャシーは社長であるドミニクの個人秘書として、休暇も取らず献身的に尽くしてきた。だが仕事一筋で冷淡な彼は、当然キャシーになど目もくれない。行き場のない苦しい片思いをあきらめるため、キャシーはクリスマスを姉の家で静かに過ごすことにしたのだ。突然のキャシーの行動に怒りをあらわにしたドミニクだったが、一転して意外な申し出をしてきた──車で送り届けてくれると。今日はクリスマスイブ。いったいドミニクは何を企んでいるの?

抄録

「ぼくは邪魔なのか?」キャシーの視線に気づいたドミニクが、じれたように問いつめた。
 キャシーは彼と面と向かうと、冷静に答えた。「はっきり言って、そうよ」
「それは悪いことを……ちょっと待って!」ドミニクはキャシーのあとを追ってくると、皮肉を言うのも忘れて注意した。「さっきから雪がどうのこうのとか、あと五、六時間そのままでいてほしいだのって言ってるけど、まさか今日またデヴォンまで帰るつもりじゃないだろうね?」
 二日前、夜を徹して車を運転して行き、昨日の夕方舞い戻ってきた。そのことを考えれば、気でもふれたに違いないと、ドミニクにあきれ顔されてもしかたがなかった。でも、キャシーにとっては、強行軍をするにはそれなりの理由があった。もしもドミニクがキャシーの個人的な生活にわずかでも興味を示していれば、彼女も思わず打ち明けていたに違いない。
 いろいろな事情から、キャシーにはかつてないほど、クリスマスを家族のもとに帰って過ごしたい理由が生じていた。ジェイドとデビッドの婚約をお祝いする時に、みんなと一緒に家にいることにしたのだ。ふたりは、キャシーにとってはそれぞれが友達以上の存在であり、幸福になるべき人たちだった。まさかそのふたりが愛し合うようになるとは、思いもよらなかったけれども。
「もしそのつもりだとしたら?」キャシーは挑戦的に言い放った。
「長期予報で連日雪になると言ってるのは、きみもよく知っているはずだ。それを出かけていくだなんて、どうかしている!」
 キャシーは金色の眉をつり上げた。「そんなことをあなたの口から聞くとは思わなかったわ」
 エメラルドグリーンの目が一瞬きらめいた。「きみに常識を持ってほしいと言っているんだ」
「よけいなお節介はやめて」
 ネイヴィブルーのスリーピースに身を包んだ、背が高くハンサムなドミニクは、むっとした様子になった。「どういうことかな?」
「つまり、わたしは今日デヴォンへ戻るつもりってことよ。天気予報が何と言おうと、あなたが何と言おうと……」
「だれが何と言おうと、その無謀な態度に誓ってだろう」ドミニクは噛みつくように言った。「いつからそんなに強情になったんだ?」
「あら、わたしはいつも意志を強く持ってきたわ」キャシーはさらりと言ってのけた。「あなたが今まで気がつかなかっただけなのよ」わたしのことで気づかない点はほかにもたくさんあるわ!
 わたしが気も狂わんばかりに、胸を焦がして……むくわれないままあなたを愛している事実も。
 あなたのほうでは、わたしのことを女性とも思っていないじゃないの。そんなことは……女にとって、たまらないわ。
 こんな気持を、キャシーは今日ばかりではなく、今までずっとドミニクに見せないようにしてきた。彼女の沈鬱な気持にひそむ本当の理由を、誤解されるにきまっているからだ。
 もうドミニクのもとで仕事をすることもないと思うと、めちゃめちゃな気分になる。それ以上に、ドミニク・レイノルズというひとりの人間に別れを告げるのは、もっとつらい。わたしがどんなに愛しているかを、彼がまったく知らずに終わってしまうなんて……。
 かといって、いつまでもかなわぬ望みにしがみついている愚かな女とも思われたくない。ドミニクを愛することの最大の悩みは、まさにその点にある。どんなにあがいてみても、しょせんは届かない愛なのだ。
 だからこそ、今こうしてさよならをしなければならない。
 さあ、早くしないと。何とか言葉でごまかして仮面をかぶってきたけれど、仮面は今にもはがれ落ちそうだし、気持はもうずたずた……。
「キャシー……」
「もう行かなくちゃ、ドミニク」小さな声で言うと、キャシーは彼のハスキーな説得力のある声を頭から締め出した。「雪はいつまでも待っていてはくれないわ」明るく言って肩にかかった髪を後ろへ払うと、箱をかかえ上げた。「さよならパーティーは抜きで去らなくちゃいけないようね」言葉には自潮的な響きがあった。まさかこんなふうにドミニクのもとを去ることになろうとは、考えてもみなかった。いや、彼のもとを去るなど、想像したことさえなかった!
 ドミニクは顔を曇らせた。瞳までも暗く沈んでいる。
 そんな顔を見たくはなかった。男性にしては信じられないほど美しい瞳は濃いエメラルドグリーンに輝き、そのまわりを黒く濃いまつげが縁どっている。
 ああ、いつかこんなドミニクの瞳を譲り受けた赤ちゃんをこの胸に抱いてみたい。そう夢見たこともあったのに……。
 キャシーは瞬きをして、わき上がってくる涙をこらえた。何てばかな夢を見たのかしら!


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。