マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ロマンス小説

ふたりきりの光

ふたりきりの光


発行: ハーレクイン
シリーズ: MIRA文庫
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

 山奥の小さな家で暮らすルースは、脅迫まがいの手紙を送りつけられ不安を感じていた。そんなある日、飼い犬が罠にはまり大怪我をした。助けを求めて麓の町までおりると、見知らぬひとりの男がいる。金色に輝く不思議な瞳の男ジョーナ・グレイ・ウルフは何もきかぬまま犬に駆け寄った。彼が手を触れたとたん、まばゆい光が辺りを包み、傷が瞬く間に消えていく。驚く彼女を尻目にジョーナはすぐさま立ち去ろうとした。このまま行かせてはだめ──突き動かされるようにルースは彼を引きとめた。何者かもわからない男に強く惹かれて。

抄録

 ぎくりとして、トラックのドアをあけて外へ出た。すぐに恐怖の負のエネルギーが感じられ、何かよくないことが起きているとわかった。
「ルーシア! ルーシア!」
 階段を上がるときも心臓がどくどく打った。やがて彼女がドアをあけたときには、“よかった”ということしか頭に浮かばなかった。ジョーナは彼女の顔をひと目見、手に握られたナイフに気づいて、自分が正しかったことを知った。
「どうしたんだ?」彼はそうききながら、ルースの顔に、それから腕に触れ、彼女が無事だったことをたしかめた。
「誰かがキャビンを見ていたみたいなの」
 ジョーナは、彼女の体に走った衝撃と恐怖を、自分の体の中のことのように生々しく感じた。
「そいつを見たのか?」
「何かが見えたんだけれど、もうだいぶ暗くなってきていて……それから、家の中へ戻ろうとしたら、ホーボーが飛び出して、狂ったみたいに吠えたりうなったりしたの。呼び戻そうとしたけれど、行ってしまった。鍵をかけて家に閉じこもっていたら、あなたが帰ってきたのよ」
「中へ戻って、ドアに鍵をかけておくんだ。僕以外、誰にもあけちゃいけない」
 ルースは彼の腕をつかんだ。「もう暗いわ。道に迷うかも――」
「僕は道に迷ったりしない……絶対に」
 ジョーナの手首に彼女の指が食いこんだ。「怖いわ」
「すぐ戻るから」ジョーナは言い、それからふと思いついてかがみこみ、彼女にキスをした。
 強く。すばやく。
 突然、二人のまわりで、千の鳥が羽ばたいたように、空気が爆発した。そして、あの心臓が止まるような、理性が砕け散るような強いエネルギーがルースの脚のあいだに集まりはじめた。またしても絶頂にいたってしまう寸前で、ジョーナは彼女を放し、キャビンの中へ押しこんで、彼女のすぐ前でドアを閉めた。
「鍵をかけて!」彼は叫んだ。
 ルースは鍵を回し、とたんにへなへなと床に座りこんだ。手からナイフが落ち、彼女は暗闇の中に座って、自分の唇に重なったジョーナの唇の感触を思い返していた。二人がつながったそのせつな、ジョーナは彼女が自分の中にあることさえ知らなかったものを見せてくれた。
 情熱。あふれるほどの情熱。
 ルースはいまでは震えていたが、恐怖のせいではなかった。
 神様お願いです、彼をわたしのところへお返しください。ジョーナ・グレイ・ウルフの腕の中でせめてひと晩でも過ごさなければ、死んでも死にきれません。

 ジョーナはあとも見ずに走った。自分はいまやったことで、決して越えないと誓った一線を越えてしまった。それでも彼女を不安なまま、ひとりぼっちで残していくのは忍びなかった。彼はただ、恐怖以外のものをルースに与えることしか思いつかなかったのだ。
 だから彼はそうした。意図したものを超える結果になってしまったかもしれないが。しかし、もう取り返しはつかないし、彼女に対する本当の気持ちを見せたことは、この先も後悔しないだろう。
 木立の中へ入るとすぐ、ジョーナは足を止めて、次に何をするべきか考え、それと同時に、邪悪なものの存在を感じた。首の後ろが総毛立ったとき、ルースの犬が長く吠えるのが聞こえてきた。
 ホーボーが何かを――誰かを――追いつめたのだ。
 ジョーナは犬が執拗《しつよう》に吠えている方向を向き、走り出した。そして枝をよけ、木の根を飛び越え、並外れた感覚をありったけ働かせながら、暗さを増しつつある場所を進んでいった。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。