マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・セレクト

孤独なフィアンセ【ハーレクイン・セレクト版】

孤独なフィアンセ【ハーレクイン・セレクト版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・セレクト
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 キャロル・モーティマー(Carole Mortimer)
 ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。十四歳のころからロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーの作品に感銘を受けて作家になることを決意した。キャロルは三人兄妹の末っ子としてイギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。一時は看護師を志したが、転倒した際に痛めた背中が治りきらず断念。その後、某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった。物語を書くときに一番楽しいのは、ヒロインとヒーローの性格を考えるとき。書いているうちに徐々に主導権がヒロインとヒーローに移り、いつのまにか彼らが物語を語りはじめるのだという。現在キャロルは“イギリスで最も美しい場所”マン島に、夫と子供たちと住む。

解説

ブルックはコンピューター会社の受付嬢。きわめて平凡な毎日だが、黒髪のハンサムな社長、ジャロッドのそばにいられるだけで幸せだった――美しい人妻と愛人関係にあるという噂の彼に、どんなに恋い焦がれても、報われないとわかっていたけれど。ところが、挨拶を交わすだけだった二人の関係が、ある日の新聞記事で大発展する。なぜか、ジャロッドとブルックの婚約が発表されたのだ。すると体面を重んじるジャロッドはブルックに迫った。当分の間、本当に婚約したように見せかけるしかない、と。

■憧れのボスのフィアンセを演じる――夢のような状況にとまどうヒロインに、彼はまるで本当の恋人のような言動をとって……。変幻自在の話巧者C・モーティマーが描く、オフィスのシンデレラ物語。

*本書は、ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊から既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 婚約指輪を彼に返したとき意志を強固にしてまた受け取らなければよかった。この指に指輪を戻させたのは失敗だった! ジャロッドに心を惹かれていることはわたし自身よく知っている。でも彼が他の女性と愛人関係にある限り、彼と結婚したいなんて絶対に思わないわ!
 ブルックはジャロッドの優しい灰色の瞳から目をそらして言った。「ご家族の人たちは、あなたが結婚するよう望んでいらっしゃるんですか?」
「うん。とくに弟と妹はね。早く身を固めればいいのにと思ってるらしいんだ」
「お気の毒ですね。お相手が人妻では結婚できませんもの」彼女は苦々しげに言い放った。
「人妻とは結婚できないさ」彼は穏やかに答えた。「きみは、きっとぼくの家族に気に入られるよ。母と考え方がよく似ている。黒は黒、白は白、灰色は黒が少し薄いものといったように、はっきりさせなければ気が済まない性分なんだ」
「ミスター・ストウン、あなたは黒そのものね。灰色なんかじゃないわ」
「人のことを悪魔みたいに言うね」
「悪魔そのものよ」
「母と気が合うこと請け合いだな。母もぼくの行動をいつも非難してばかりいるんだ」
「わたしもお母さまと気が合いそうだわ」
 ジャロッドは彼女の顔を見つめた。口許に微笑をたたえている。「きみは、ぼくの思ってたような人ではないような気がしてきた」
「思ってたようなですって?」驚きの声をあげた。「わたしが会社にいることも知らなかったんでしょう?」
「知ってはいたさ」彼は足を長々と伸ばして言った。「ぼくが美人を見すごしにできると思うかい? 受付の大きなデスクの後ろに、いつも清潔な感じできちんとした身なりの、‘小さな’娘がいることはちゃんと気がついてたよ」
「小さな娘じゃありません!」ブルックは口をとがらせた。「いつもそんなふうに言うのね。でも、わたしは百五十六センチはあります。女としては普通だと思うわ」
「わかってないね。ぼくの言いたいことはだ、きみが小娘みたいなのは、まったく外見だけだということだよ。実は、たいへんなじゃじゃ馬なんだね。じゃじゃ‘小馬’と言ったほうがいいかな。きみの紫がかったブルーの目を見ていると、到底信じられないんだけど。……さてと、時間だな。シンデレラみたいに消え失せる? きみ」
 ブルックは、こわばった表情を見せた。「わたしはシンデレラじゃないけれど、あなたを引きとめていてはいけないのね、あなたのお友だちのために。まだ十一時半よ。まさかこんな時間からベッドに入るつもりじゃないんでしょう? あなたのベッドのこと言ってるんじゃないわよ」
「これは、これは。たてつづけに驚かされるね」ジャロッドは怒るどころか、かえって愉快そうに言った。「きみがそこまで想像力豊かだとは知らなかったよ。チャールズ・ハワードはたぶん家にいないだろうが、彼のいないときをねらって、彼の女房のベッドにもぐりこもうなんて気は毛頭ないね」
 ブルックは車のドアをあけながら言い返した。「それじゃあ、あなたのベッドでどうぞ。お二人でごゆっくり」
「そうするよ。ぼくは一人で寝ることはないんだ。猫のルーパートがいつもいっしょに寝たがるんだ。……でもね、小娘くん、当て推量もいいかげんにしないと」
「小娘って言い方、もうやめて!」
「やめたくないね。きみは怒るととても魅力的に見えるもの。小娘と遊ぶ気にもなれないがね」
 彼女はドアを大きくあけた。「おやすみなさい、ミスター・ストウン!」
「ブルック!」彼女がドアを閉めるより先に、ジャロッドが呼びとめた。「明日、二時半に迎えに来るよ。ぼくの家族とお茶の時間をいっしょにするんだ」
「ご親切にどうも」彼女は慇懃無礼に答えた。「もしお食事ということになっても、わたしナイフとフォークの使い分けさえ知らないかもしれませんわ」
 彼は車の前を回って、彼女の側のドアの前に立った。彼は彼女の顎をつかんで真っ正面に向かせて言った。「ブルック、ぼくにどんな態度をとったってかまわないけど、家族の前ではきみの仕返しとかいうのは引っこめてもらいたいな。皮肉な態度を家の者に見せたら承知しないぜ」
 ブルックは拳を振り上げた。だがそれはジャロッドの顔をかすめもしなかった。彼は彼女の手首をがっしりとつかんで放さない。
「こんちくしょう!」
「ブルック、そんな言葉は使うんじゃないっ! 一番汚ない言葉だ」
 彼女の目から火花が散った。「それなら、なおのこと、あなたにぴったりだわ!」
 ジャロッドも負けてはいなかった。「このじゃじゃ小馬! そんなにぼくが憎いんなら、もっと憎らしくしてやろうか」
 彼は乱暴にブルックを抱き寄せ、荒々しく彼女の唇を求めた。逃れようとしてあがいても、彼女を抱き締める腕は鋼鉄のようだ。やがて……彼女は、自身の意志に反して唇が応えているのに気づいた。ジャロッドの荒々しい動作も、優しい愛撫に変わっていた。
 信じられない! ジャロッド・ストウンとわたしが、いま恋人同士のようにキスし合ってるなんて。
 ジャロッドは抱擁を解くと、彼女を押しやって言った。「部屋へ入りなさい。明日また会おう」


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。