マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ 別冊

灼熱の再会(砂漠の花嫁/闇のエンジェル)

灼熱の再会(砂漠の花嫁/闇のエンジェル)


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ別冊
価格:800pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

 ■ 砂漠の花嫁 ■
 学生時代ベサニーは留学していたアラブの国の王子と知り合った。たがいに惹かれ、王子ラズルはついにベサニーを強く求めた。しかし文化が違いすぎてベサニーは拒否し、王子は去った。ベサニーの心に別れのつらさを残したまま……。それから二年後、ベサニーは驚くべき再会を果たすことになる。仕事でアラブに派遣され、着いてみたらダタール国の宮殿に連れていかれたのだ――王子ラズルのさしがねで。
 ■ 闇のエンジェル ■
 トップモデルのケルダは今、スキャンダルの渦中にある。そんなときに突然、母親がトマソと再婚したいと言いだした。母は十一年前トマソと結婚し、五年後に別れているのに、またよりをもどすなんて。ケルダは動揺を覚え、反発した。母の幸せを願わないわけではない。問題はトマソの息子アンジェロだ。彼との間には苦い思い出があり、二度と会いたくなかったのだ。

抄録

「あなたとは絶対に結婚できないわ」ベサニーはきっぱり言った。
「ぼくに向かって絶対などと言ってはならない。ぼくは認めない」
「車を呼んで、空港まで送ってちょうだい」
「だめだ」
「面目を失うことを考えているのね」ベサニーは、ラズルの国の文化をこれほどよく知らなければよかったと不意に思った。私と結婚するつもりだと家族に知らせたのに、私が拒めば、ラズルにとっては屈辱だわ。彼の妻の一人になるという名誉を拒むような女性など、ダタールにいるわけはない。
「またわざとぼくを侮辱するのか」ラズルは固くこぶしを握りしめた。「ぼくたちの間にあるものは、面目を失うなどという表面的なことではかたづけられない」
「私たちの間には何もありはしないし、これからもそうよ。あなたが私に惹《ひ》かれるのは、私が二年前にノーと言ったからなのよ。自分とのかかわりを求めない女が存在することに、耐えられないからだわ」
「そんな白々しい嘘《うそ》を言うとは、もう我慢ならない!」ラズルは豹《ひょう》のような身のこなしで大きく一歩踏み出した。「そんな嘘はあからさまな挑発にほかならない!」
 ラズルに抱きすくめられて、ベサニーはショックのあまり身をこわばらせた。黄金の瞳がぎらぎらと熱を帯びて、ベサニーのぎょっとした顔に視線を走らせた。「ぼくがきみを求めるように、きみもぼくを求めている」
「嘘よ!」
「ゆうべのきみは欲望に駆られていた」ラズルは、ベサニーの長い髪にゆっくりと指を絡ませた。「きみを抱き上げた時、きみの心臓は砂漠で追いつめられたガゼルのように高鳴っていた。それでもぼくはきみに触れたことはない。決して……。恋いこがれた女にそう言える男が、きみの世界にどれほどいるのか? きみにこれほどまでの敬意を払う男が、どれほどいるというのだ?」
 ラズルの親指がベサニーの耳たぶをさすっていた。鷲《わし》のように鋭い目が、ベサニーの心を容赦なく見透かした。「ラズル、私は……」
 ラズルの長い人差し指が、ベサニーのふっくらした柔らかい下唇を優しくいたぶった。「イギリスではきみにたやすく追い払われてしまったが、今度はそうはさせない」
「放してちょうだい」ラズルの指が震える唇を巧みにさするにつれて、ベサニーのこわばった体から力が抜け落ちていった。
「ほかの男がきみを抱きしめたことは……触れたことはあるのか? なぜぼくは違うと思うのだ?」
 透き通るように薄いブラの中で、ベサニーの胸は張りつめ、激しく息づいた。体の芯《しん》がけだるく熱を持ってくる。しかし心の奥底にはこんな反応への恐怖も潜んでいた。「やめて!」
「だがきみの目はイエスと言っている。それにぼくがきみの世界の男のようにふるまっていれば、二年前にぼくを遠ざけはしなかったはずだ。ぼくがきみを自由の身でいさせたのだ。アラブでは未婚の女性を男と二人きりにしないのはなぜだと思う? 男は罪を犯すもので、女はか弱くて誘惑を拒むことができないとされているからだ。イギリスで約束したように、きみは身も心も魂もぼくのものとなるだろう。きみには信じられないほど甘美に、その約束を果たしてやろう」
「空港へ帰して!」
 ラズルは静かに笑った。彼はベサニーの背中のくぼみに手を滑らせて抱き寄せながら、高慢な顔をゆっくりと近づけてきた。「きみがこれほど感じやすいことは、最初から気づいていた」
 温かい息が頬にかかったとたん、ベサニーは激しく身震いした。ラズルはあっという間に激しくベサニーの唇を奪った。ベサニーはたちまち見知らぬ世界へ落ちていった。ラズルは舌の先でベサニーの唇に分け入り、湿って感じやすい内部をまさぐっていった。ベサニーは燃え上がる情熱の炎に包まれて、絞り出すようにうめいた。
 熱烈なキスのたびに、ベサニーは貪欲《どんよく》に次のキスを求め、震える体をラズルのたくましく熱い体に押しつけた。ラズルのがっしりした肩に両手を這《は》わせ、上着の高価な生地の下の張りつめた筋肉を探ってから、うなじの豊かな黒髪に夢中で手を巻きつけた。
 ラズルが押し殺したうめきをもらしたと思うと、ベサニーをますます強く抱きすくめて、荒々しくキスをむさぼった。ベサニーは耐え切れないほどの高みにのぼりつめ、めくるめく情熱の渦の中で、ラズルにしがみつき、豊かで艶《つや》やかな髪に指を絡ませた。ラズルが何やらつぶやいて、一瞬体を離そうとするかのようにこわばったが、ベサニーは彼にしがみついたまま、呼び覚まされた欲望のおもむくままにキスを返した。
 ラズルはベサニーの体を横たえ、すばやくのしかかってきた。ラズルのたくましい長身に組み敷かれ、ベサニーは、両足にまといつくカフタンももどかしく、腰をそり返らせた。ラズルの手が乳房を包み込んだ時、ベサニーは衝撃にあえぎながら、本能的に張りつめた胸を突き上げた。
 ラズルは唇を離し、燃えるような黄金の瞳でベサニーを見下ろしながら、薄いシルク越しに突き出した頂に指先を這わせた。ベサニーは目を閉じ、突風にみまわれたように激しく身を震わせた。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。