マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・セレクト

教授と麦わら帽子【ハーレクイン・セレクト版】

教授と麦わら帽子【ハーレクイン・セレクト版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・セレクト
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

レディ・クレスウェル――白血病の疑い。61歳。近親者、チャールズ・クレスウェル教授……。「ああ、どうしてこんなことになるの」ジュディスはつぶやいた。勤務先の病院に、まさか彼の母親が入院しているなんて。1カ月の休暇から戻った看護師のジュディスは、書類を見て愕然とした。病室の巡回で、見舞いに来たチャールズと会いませんように。彼は休暇で滞在した湖水地方で会った、礼儀知らずの歴史学者。本の執筆に夢中で、わたしのことなど少しも気遣ってくれなかった。でも、彼の家の見事な庭を思い出すと、懐かしさに涙が出そうになる。ところが再会したチャールズは、意外な提案をして彼女を驚かせた。母親の専属看護師として、彼の家に来てくれないかというのだ。

■その繊細な作風で多くのファンを魅了し、惜しまれつつも2001年6月に永眠したベティ・ニールズ。美しい湖と海辺の地域のすばらしい風景が心にしみる作品をお楽しみください。

*本書は、ハーレクイン・イマージュから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

「ロンドンではめったに出かけないのよ。ましてやパーティーなんて、全然。だから昨夜は楽しかったわ」ジュディスはコーヒーを注文すると、話題を変えた。「今日もいい天気ね」
「ええ。ねえ、お医者さまとデートしたりするんでしょう?」
「たまには」ジュディスは淡々と答えた。
「なんてロマンティックなのかしら」アイリーンはちらりとジュディスを見てさらに言った。「きっとあなたはお医者さまと結婚するのね」
 ジュディスの頭に、ほんの一瞬、ナイジェルが浮かんだ。彼からの手紙が二通、実家から転送されてきたけれど、返事は一度も書いていない。
「ここまで誰かがあなたを追ってきたりして。それって、最高じゃない?」
「そうね」ジュディスはコーヒーを飲み干した。「もう行かなくちゃ。いろいろ忙しいのに、予定外の遠出をしてしまったわ」笑顔を作ってさようならと言い、立ち上がって向きを変えた。とたんに、チャールズ・クレスウェルとぶつかりそうになった。彼は身をかわし、おはようと短く言った。ジュディスは脇をすり抜けてカフェを出た。机にかじりついて十二世紀に浸るのは、もうおしまい? わたしが訪れただけであれほどうるさがったくせに。めんどりみたいにわめくなとどなったくせに。それなのに、アイリーンとのんびりコーヒーを飲もうだなんて。軽薄そのもののアイリーンは彼にはお似合いだ。ジュディスはそんなことをつぶやきながら、ホークスヘッド目指して車を走らせた。いずれにしても、わたしには関係ない。三日後には家へ帰るのだから。
 いよいよ最終日になった。キッチンにはミセス・ロックイヤーが戻ってきたので、ジュディスはコニストンへ出かけることにした。ここにいるあいだに一度はオールドマンに登ろうと決めていたのだ。麓に着いたときにはすでに昼時を過ぎていたものの、どのルートを選んでもたいして時間はかからない。気持ちのいいハイキングだった。体調はすっかり戻っていた。頂上まで来ると、大きな岩の上から絶景を眺めた。暖かさに誘われて横になり、目を閉じた。実家へ戻ってからも、まだ休みは一週間ある。一週間したら、また仕事――とたんにナイジェルのことを思い出したジュディスは、眉間に皺を寄せたまま、まどろんだ。
 三十分か、もっと眠っただろうか。顔に日差しのぬくもりを感じて目が覚めた。すぐにはまぶたを開かずに、また眉をひそめた。ナイジェルのことは起きているときに思い出すのもいやなのに、夢にまで出てくるとは。ため息をひとつついて、ジュディスはゆっくりまぶたを上げた。するとそこに、チャールズ・クレスウェルがいた。数十センチしか離れていない隣の岩に座って、こっちを見ている。
「そのしかめっ面は、どういうわけだ?」
 ジュディスが体を起こした。デニムのスラックスにTシャツという姿でも、美しさに変わりはない。乱れた髪も、日差しを受けてほてった顔も、その美貌を少しも損ねてはいない。けれど本人はそんなことにはおかまいなしに、とげとげしい口調で言った。「どうして来たの?」
「歩いてだよ」彼が低く口笛を吹くとボーダーテリアとラブラドールが駆けてきて、かたわらにおとなしく座った。「犬たちのお気に入りの場所なんだ」
 ジュディスは無意識のうちにTシャツの裾を引っ張った。「もう帰らないと」そう言って立ち上がる。「さようなら、クレスウェル教授」
「逃げるのかい?」にこやかに彼は言った。
「まさか……夕方の診察を手伝わないといけないからよ」
「明日、帰るんだったね?」
「ええ」歩き出そうとしたジュディスの腕を、チャールズが軽くつかんだ。
「まだ、いいじゃないか。ホークスヘッドは……湖水地方は、どうだった?」
 振りほどこうとしても、彼の手は離れない。「とても美しいところだわ。ここへ来るのは三度目だけど」
「住む気にはなれないかい?」
 嫌いな相手だということを、ジュディスは一瞬、忘れた。「とんでもない。住めるものなら住みたいわ。どうしてそんなことをきくの?」
「ロンドンの人には退屈なんじゃないかな」
 アイリーン・ハントも同じようなことを言っていた。きっと、ふたりでジュディスの噂話でもしていたのだろう。彼女はきっぱりと言った。「そんなことはないわ。手を離してもらえないかしら。本当に、もう帰らなくてはいけないので」硬い口調でさらに言う。「もうお会いすることはないと思うわ、クレスウェル教授。いいご本ができあがるようお祈りしています。お知り合いになれてよかったわ」あまりに白々しい台詞に、チャールズが笑い出した。
「本は、いいのができあがると思うよ。しかし、きみと知り合ったことは、よかったんだか悪かったんだか」
 ジュディスは犬たちの頭をぽんぽんとたたくと、黙って坂道を下りはじめた。本当は駆け出したかったが、それでは逃げていると思われる。そう、逃げているわけじゃない、絶対に。顔を見るのも耐えられない相手から、一刻も早く離れようとしているだけ。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。