マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

復讐は恋の始まり【ハーレクイン文庫版】

復讐は恋の始まり【ハーレクイン文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

部屋の片隅で、リジーは客たちの陰湿な陰口を聞いていた。私が恋人を死なせたというでたらめを、彼らは信じているのだ。そんな彼女を遠くから、熱く見つめるひとりの男性がいる。男の色香を滲ませる、ギリシアの大物実業家、セバステンだ。乞われるままにダンスを踊り、唇を甘く貪られると、孤独に耐えかねていたリジーは、彼の屋敷への誘いを受けた。しかし翌朝、あまりに無情な事実を知らされて、唇まで青ざめた。生まれて初めてベッドを共にしたのは、死んだあの人の兄だった。近づいたのは彼女を身ごもらせて、ぼろ屑のように捨てるため――

*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

「君は美しい……特に赤くなって、そばかすが見えなくなるとね」セバステンはからかった。
「やめて……」リジーは両手で顔を覆った。
 セバステンはバーのカウンターからグラスを取り、リジーに渡した。彼女は片手を顔から離して受け取りながら、彼の端整な顔をうっとりと見つめた。本当にわたしが美しいと思っているのかしら? 嘘ではないと信じたい。人から楽しいとか明るいとか言われることはよくあるけれど、美しいと言われたことは一度もない。リジーは頭がくらくらするのを感じつつ、グラスを口に運んだ。
「とても美しく、物静かだ」彼はさらに言った。
「男の人って自分のことを話したがるでしょう……。わたしは聞き上手なのよ」リジーは冗談で応じた。「今週は何がいちばん印象に残っているの?」
 セバステンの瞳がつややかな黒いまつげに隠れた。「葬儀のあとで人から聞いた話だ」
 リジーはぎくっとして、開きかけた豊かな唇をすぐに閉ざした。
「コナー・モーガンの葬式だ」セバステンはそこで言葉を切り、リジーの顔が青ざめていくさまを満足そうに見つめていた。心の冷たい女性は好きになれない。目の前の女性が繊細な心の持ち主であることは明らかだ。「彼を知っていたのかい?」
 リジーは胃が引きつるのを感じたが、顔を上げたまま答えた。「さほどよく知っていたわけじゃないの……」
 事実だった。リジーはコナーの心の表面をなぞったにすぎなかった。彼の社交的な性格にだまされ、表向きの顔だけを見て満足していた。彼が嘘つきで、人をだましてもなんとも思わない性格だとは夢にも思わなかった。
「僕もだ……」
 セバステンの太く低い声に、リジーの背筋を冷たいものが伝った。「その話はやめましょう……」嘘をついたわけではないが、リジーはやましい気持ちに襲われた。彼はうわさを知っているのだろうか、コナーとつき合っていたのを知っていて近づいてきたのだろうか、と彼女はいぶかった。
 母親が違うとはいえ、実の弟を捨てた金髪の女性の情報を聞きだそうと思い、セバステンはリジーのこわばった横顔を見た。だが、彼の視線はそこにとどまらず、長く優雅な首筋を伝い、かすかに脈打つ鎖骨のあたりから胸へと下りていった。そして、華奢な曲線を描いている胸で止まった。薄い生地の下で胸の先端が硬くなっているのがわかる。とたんにセバステンは原始的な欲望に駆られ、リジーからグラスを奪い取ってテーブルに置くと、彼女に手を伸ばした。
 物思いにふけっていたリジーはふと顔を上げ、セバステンの瞳に激しく燃えさかる炎を認めておののいた。全身に生々しい興奮が駆けめぐり、口の中がからからになる。脈は跳ねあがり、膝が揺れた。セバステンの手が背中からヒップへと移り、リジーは彼のほうへ引き寄せられた。筋肉質の固い太腿に接しただけで体が震え、全身の感覚がひどく敏感になってしまう。リジーは驚き、とまどい、ショックを受けた。
「いい感じだ……」セバステンはリジーの反応を楽しんでいた。彼女の体に震えが走るのも、やっとの思いで息をしているのもわかる。瞳孔が広がり、口を開いたさまは実に魅惑的だ。
「あなたのことをほとんど知らないのに」彼に話しかけるというよりは、ひとり言に近かった。だが、つぶやいたところで、いつもの用心深さは戻ってこない。すぐ隣に彼がいるだけで、まるでジェットコースターでいちばんの高みに登りつめたような気分になってしまう。いざ急降下という張りつめた感じだ。もはや誘惑をはねつけるのは不可能だった。
「教えてあげよう」セバステンは重々しく言い、黒い瞳をくすぶらせて彼女をじっと見つめた。「君が知りたいことをすべて教えてあげるよ」
「ゆっくりとね……」
「今すぐ、がいい」セバステンはつややかな後れ毛を撫で、指先でリジーの震える唇をなぞった。「君はすぐに息を切らし、もっと欲しくなる」
 リジーの頭は、催眠術にかかったように思考停止状態に陥った。興奮が全身を占領し、もうキスのことしか考えられない。早くキスをして。その大きく官能的な唇で。自分から彼に手を伸ばしてしまいそうで、リジーは拳を握りしめた。わたしがこれほど誰かを激しく求めるなんて、まるで夢を見ているみたい。
 彼女の思いを察したかのごとくセバステンが唇を重ね、柔らかい唇をそっと噛んだ。そのとたん、火薬庫に火がついたような反応がリジーの体に生じた。これは夢なんかじゃないわ。リジーはたくましい胸に飛びこみ、両手を彼の首にからませて体を支えた。喉の奥からかすかなうめき声がもれる。
 リジーがもう我慢できないと思ったとき、セバステンが彼女の口を開かせ、激しくむさぼった。わたしが求めていたのはこれだわ、と彼女は悟った。肌という肌の細胞が燃え尽きんばかりで、その衝撃が全身に伝わっていく。生まれて初めて男性の腕に抱かれて味わう興奮は、あまりに甘美で、あまりに危険に満ちていた。
「君には圧倒されてしまう……」セバステンはうめきながら顔を上げた。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。