マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

思い出の海辺【ハーレクイン文庫版】

思い出の海辺【ハーレクイン文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

一緒に住んでいた兄が結婚するのをきっかけに、看護師クリスティーナは生活の場をオランダに移そうと決めた。兄の美しい婚約者に邪魔者扱いされて悩んでいたときに、ちょうど仕事を紹介してくれる人がいたのだ。希望に満ちてオランダへやってきたものの、現実はそう甘くない。何よりも、怜悧な美貌の院長ドゥアートが平然と、クリスティーナを無視するばかりか、批判的な態度すらとる。「君は美人でもないのに、ずいぶん自分に自信があるんだな」着任するや浴びせられた言葉に、彼女は頬をこわばらせた。

*本書は、ハーレクイン・イマージュから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

テーブルにつくと、クリスティーナは軽く息を吐き出して言った。「とてもすてきですね。ここへはよくいらっしゃるんですか?」
「たまにね。飲み物はなにがいいかな?」クリスティーナがためらっていると、ドクター・タ・ブラントは言った。「食前酒にドライシェリーはどうだろう?」
「おまかせします」クリスティーナは正直に言った。「お酒のことはよくわからないので」
「では、僕にまかせてもらおう」ドクターはウェイターが差し出したメニューを受け取り、すでに自分のメニューを眺めているクリスティーナに視線を向けた。「僕はとてもおなかがすいてるからステーキを食べるけど、前菜はなにがいい?アボカドはどうだい?」クリスティーナは膨大なメニューの中から自分で料理を選ばずにすんだことにほっとして、同意の言葉をつぶやいた。「魚が好きだったら、メインはサーモンがお勧めだよ。あるいはロブスターでもいい」
「サーモンをお願いします」ロブスターの食べ方はよくわからなかったので、クリスティーナはそう言った。それからゆったりと椅子にもたれ、周囲を見まわした。
ドゥアートはそんなクリスティーナをじっと見つめていた。彼女は決して虚勢をはっているわけではなく、落ち着いて堂々としている。ロブスターの食べ方がわからないと言ってくれなかったのは残念だが、彼女は洗練されていないわけではない。ふつうの若い女性のように遊びに出かけたり、情報を得たりする機会がなかっただけだ。彼女を二度と二流のレストランには連れていくなと、アダムに言っておかなくては。たとえバッキンガム宮殿に招かれたとしても、クリスティーナは堂々とふるまうだろう。彼女は分別があるし、礼儀を心得ているし、なによりも素直なところがいい。レストランに入る前に、自分の格好が不つり合いではないかと尋ねるような女性は、僕のまわりにはいない。
クリスティーナはドクター・タ・ブラントから仕事について具体的な話を聞きながら、すばらしいランチを楽しんだ。そのあと、小さなシュークリームを積み重ねたプロフィトロールというデザートを眺めながら彼女は言った。「どれもとてもおいしいです。でも、豪華な食事に夢中になりすぎて、肝心なことを理解できていないみたいだわ」
ドゥアートは笑った。「じゃあ、オランダに帰ったら仕事の内容について書かれた冊子を送るよ」
クリスティーナはそれを聞いて言った。「今晩、お帰りになるんですか?」
「ああ。そうなんだ」
ドゥアートはクリスティーナとランチに出かけるために滞在を一日伸ばしたことは言わなかった。アダムと会えない彼女をかわいそうに思ったのだが、実際は哀れむ必要などなかったのだ。彼女は穏やかで賢く、決して取り乱したりしない。アダムは彼女を誘惑して混乱させようとしているが、果たしてうまくいくだろうか?たぶん無理だろう。無責任なアダムがこんな素直な女性を傷つけるなんて許されないことだ。彼と恋のゲームを楽しんで傷つかない女性はいくらでもいる。僕の好みの女性は気のきいた会話で僕を楽しませ、むやみに驚いたり騒ぎたてたりしない洗練された女性だが……ドゥアートは当惑したようにクリスティーナを見た。いや、僕はこの小柄な女性に惹かれているわけではない。だったらなぜ彼女をランチに誘ったんだ?頭の中でそんな声が聞こえた。アダムに会えなくてがっかりしている彼女がかわいそうだったからだろう?
「アダムは明日ここに戻る」ドゥアートがそう言うと、クリスティーナの顔が輝いた。「あと三週間こちらにいて、それからオランダに帰る予定だ。そのころには君もハーグにすっかり慣れているだろう」
クリスティーナは未来に興奮する気持ちを押し隠し、落ち着いた手つきで二人のカップにコーヒーをついだ。「そうだといいのですが。正式な結果はいつわかりますか?病院を退職しなければならないので……」
「ああ、明日辞表を出してもらってもかまわないよ」クリスティーナが驚くと、ドゥアートは続けた。「僕は君にこのポストを勧めた。そして、僕は病院の院長だ。だから君はもう採用だよ、クリスティーナ。いつオランダに来られるか連絡をもらえれば、空港に迎えを行かせる。もちろんパスポートは必要だが、労働許可証は僕が手配する。飛行機のチケット代は用意できそうかい?給料を前渡ししたほうがいいかな?」
「大丈夫です。ありがとうございます」
「よし。一カ月ほどようすを見て、不満があったらなんでも僕に言ってくれ」
「もし私がその仕事に適していなかったら?」
「そのときは僕がそう言うよ」
そうなってほしくないと、クリスティーナは思った。ドクター・タ・ブラントはおおらかな人に見えるが、場合によってはひどく冷淡になることもありそうだ。彼の機嫌をそこねるような失敗をしでかしたら、冷たく非難されるに違いない。ああ、そんなことにはなりませんように。クリスティーナは心からそう願った。でも、向こうに行ったら彼に会う機会はほとんどないだろう。院長の仕事がどんなものかよく知らないが、病院の経営に関する仕事がほとんどに違いないから。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。