マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

狙われた無垢な薔薇

狙われた無垢な薔薇


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

わたしは偽りのシンデレラ。身ごもればすぐに夢から覚める。

亡き姉の幼子2人を引き取ったフレディ。大学を辞め、ホテルのバーでウェイトレスとして働いているが、まだ若く貧しいゆえに正式な養母にはなれずにいた。そんなとき、常連の滞在客から契約結婚を持ちかけられて驚く。ダイヤモンド鉱山を持つ大富豪ザック・ダ・ローシャは、莫大な遺産を継承させる後継ぎのみが必要で愛はいっさい不要、子供さえ産んでくれれば、幼子たちも養子に迎えるという。愛のない夫に純潔を捧げるの?でも、愛する家族は守りたい。悩んだ末にフレディは心を決めた。偽物のシンデレラになると。

■ハーレクイン・ロマンス3400記念号は、大スター作家リン・グレアムの極上のシンデレラロマンスをお贈りします!いとしい姪と甥を守り抜くためならどんな苦しみも厭わない──無垢で芯のあるヒロインに共感せずにはいられない、心揺さぶる珠玉作です。

抄録

「僕のチップなら受け取るじゃないか」ザックが言い返した。
「それは、お客さまからのチップはすべて共同の貯金箱に入れて、スタッフ全員で分ける決まりだからよ。最初にあなたからのチップを断ったとき、同僚たちの怒りを買ったの。だから、そのあとあなたのテーブルに戻ってチップを受け取ったし、二度と断らなかったのよ」
ザックはその説明を聞いて憤り、すぐさまバーの規則を変更しようと決めた。フレディがもらったチップを自分の懐に入れられるように。彼女のスニーカーは色あせ、爪先に穴があいているし、バギーもところどころすり切れている。ホテル周辺で見かける家族連れとは違い、この三人とも貧しい暮らしが透けて見えるようだ。
そのとき、ジャックがまたしてもバギーから這い出てザックに近づいた。ジャックが向ける太陽のような笑みに、ザックは柄にもなく胸を打たれ、赤ん坊がしがみつくままにした。どうやらこの子は人の心を溶かすすべを心得ているらしい。ザックは唇を引き結んだ。
「これはあくまで私の推測だけど……」フレディは慎重に言った。ザックの浅黒い顔ににわかに浮かんだ厳しい表情をどう読み取ったらいいかわからなかった。「もちろんあなたにはたっぷりお金があるんでしょうね。でも、お金がない者にだってプライドというものがあるのよ」
「ただ、もし僕にあって君にないものがあるなら、話は単純だ。侮辱でもなんでもない」
「とにかく、私はあなたから千ポンドもの大金を受け取るつもりはないと言っているの!そんなことは間違っているし、まるで詐欺師のような気分にさせられるもの。そうでなければ、売春婦よ」
情熱に駆られたとき、フレディの瞳はこんなふうに金色に燃えたつのか……。ザックはぼんやりと考えた。とたんに欲望の波が押し寄せ、ジーンズが窮屈になった。
「だが、僕は君をそんなふうには思っていない」ザックは断固として言った。フレディといると、なぜこうも何もかもが腹立たしいほどややこしくなるのか。「どうしたら売春婦の気分になれるというんだ?僕は君に触れてもいないのに」彼はざらついた声で続けた。彼女に触れると考えたとたん、誰もいないぶらんこを見てさえみだらな妄想がふくらんだ。
フレディの心臓がまたしても早鐘を打ちはじめた。あらゆるものに反抗するかのようなザックの瞳が視界を埋めつくし、常に無難な道を歩んできたフレディの心を奇妙に揺さぶった。自分の思いをわかってほしかった。彼の肩を揺すって、ちゃんと聞いてと言いたかった。彼が会話に集中していないことはわかっている。
「ヨ・ケロ・ボセ……僕は君が欲しい」ザックは思わずポルトガル語で言い、それからうなるように英語で言い直した。「それのどこが悪い?」
「誰も悪いなんて言っていないわ!」フレディはあえいだ。「私はただ、お金で私を誘惑しようとするのは間違っていると言っているだけよ」
ザックはその言葉に確信を深め、フレディの髪に手を伸ばすと、長い指をゆっくりとすべらせた。狩猟本能が目覚め、かつてないほど勢いよくアドレナリンが全身に満ちた。
「だが、君はすでに僕が欲しいと思っている」彼は絶対の自信を持って言った。「初めて会ったときからずっと僕が欲しかったはずだ。なのに、どうしてまだこんな言い合いをしている?」
フレディはまるで針で刺された風船のようにしゅんとなり、見る間に顔を真っ赤にした。自分自身にさえ認めずにいたことをザックは本能的に感じ取っているのだと思うと、ショックで体がこわばり、口もきけなかった。
ザックがフレディの腕をつかみ、大きな体を折るようにして顔を寄せた。そしてついに甘い唇に触れると、駆け抜ける強烈な欲望に身を震わせ、フレディの華奢な体を苦もなく持ちあげた。抱っこをせがむジャックを無視し、その存在さえ忘れ去って。
フレディはいまだかつてこんな強烈なキスをしたことがなかった。それほど経験があるわけではないが、ザックの首に腕を回したときにはもう二度と放したくないと思った。なぜなら、深い安心感に包まれたからだ。両親を亡くして初めて、もう二度とどんな小さな不幸もこの身に降りかかりはしないと信じられる気がした。
ザックのセクシーな唇が押し当てられ、熱い舌が差し入れられた。その罪深いキスに、突然、それまで欲しいとも思わなかったものが欲しくなった。欲しくてたまらなくなった。脚の間がうずき、体の奥がほてって、胸の先が痛いほど硬くなった。
自分の主張の正しさを証明したザックは、フレディの反応に満足し、彼女を再び地面に下ろした。初めて会ったあの日に、二人の間の情熱を証明してみせる機会があればよかったのに。言葉よりも行動で示すほうがずっと性に合っている。彼はすっかり気をよくして、かまってもらえずに泣いていたジャックを抱きあげた。
フレディはあやうくよろめきそうになった。思考が停止し、めまいがした。脚ががくがく震えて、唇は火がついたように熱い。ザックを殴ってやりたかった。こんなふうに自分の力を誇示するなんて。おかげで自尊心は傷つき、心臓はまだどきどきしている。ほんの一瞬とはいえ、子供たちの存在を完全に忘れていた。見ると、エロイーズはぶらんこに乗って背中を押してと叫んでいて、ジャックは……?驚いたことに、ザックに抱っこされ、安心しきったようすでたくましい肩に小さな頭を預けていた。フレディはなんと声をかけたらいいかわからず、その場から逃げるように姪のもとへ急いだ。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。