マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌生き方・教養自己啓発

なにものにもこだわらない

なにものにもこだわらない


発行: PHP研究所
価格:1,111pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


解説

常識、職場の空気、前例、人の目、自分らしさ、見栄……。あなたも「こだわり」に囚われていませんか?
臨機応変に考えて、自由に生きよう。なにか一つのことに拘って成功した人よりも、あらゆることを試して成功した人の方が多いはずだ。単に、「諦めなかった」という意味で、「拘り続けた」という言葉を使っていることが多く、そこを誤解しがちである。あくまでも、「固執する」という意味での「拘り」は無用だということ。
拘ることの最大の欠点は、思考が不自由になることであり、思考が不自由になると、思いつく機会が減るし、また問題解決ができにくくなる。こうなった人は、いつも周囲の誰かに頼ろうとするし、最近であれば、ネットで検索しようとする。自分の頭の中で問題を展開さえしない(本書より)。
人気小説家・工学博士による人生を好転させるヒント。

【おもな目次】
●第1章 「拘り」は悪い意味だった。
●第2章 「拘る」のは感情であり、理性ではない。
●第3章 「拘らない」なら、その場で考えるしかない。
●第4章 生きるとは、生に拘っている状態のことだ。
●第5章 新しい思いつきにブレーキをかけない。
●第6章 自由を維持するためにはエネルギィが必要だ。
●第7章 死ぬとは、死に拘るのをやめることだ。
●第8章 拘らなければ、他者を許容することができる。
●第9章 優しさとは、拘らないことである。
●第10章 拘らなければ、臨機応変になる。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。