マイリストに追加

和書>ビジネス・教育政治・社会政治

日本よ中国と同盟せよ!

日本よ中国と同盟せよ!


発行: メディアタブレット
価格:95pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 近藤 大介(こんどう だいすけ)
 1965年〜
 埼玉県生まれ。東京大学教育学部卒業後、講談社入社。フライデー編集部、週刊現代編集部を経て、1995年より北京大学に留学。帰国後、月刊現代副編集長に復帰。明治大学国際日本学部講師(東アジア論)。現在は講談社北京副経理。語学に堪能で、中国語はもとより、韓国語、英語、フランス語を操る。ちなみに夫人は中国語を教えてくれた中国人教師である。主な著書に、『日本よ中国と同盟せよ!』(光文社)、『東アジアノート』(ランダムハウス講談社)、『北京大学3ヵ国カルチャーショック』(講談社)、『北朝鮮を継ぐ男』(草思社)、『日・中・韓「準同盟」時代』(光文社刊)がある。講談社現代ビジネス「北京のランダム・ウォーカー」の記事を担当。

解説

 本書は、日本で初めての「中国回帰論」であり、いま巷間にあふれている「中国脅威論」を打倒するための「日中友好」を説く本ではない。そのような観点からは、もはや日本の未来は見えてこない。
 現在、韓国も台湾も急速に中国に吸引され、東アジアに「新しい秩序」が生まれようとしている。日本がこの両国に比べてまだ均衡を保っているのは、経済的、軍事的に、この両国より大国だからにすぎない。しかし、この状態はもう続かない。政治は冷えていても経済が一体化してしまった以上、もはや、私たちは後戻りできないからだ。とすれば、日本は一刻も早く対中戦略を転換すべきではないか? 中国は日本で伝えられるような「反日国家」ではない。このまま対立を選ぶよりは、指導層と国民を「親日」に変えることこそが、日本の目指す道である。そして、先進技術と環境対策で中国と同盟する未来こそが、私たち日本の国益にかなう。
 日本の「中国回帰」return to China は、これまでの西洋中心の世界史から日本が自らの力で抜け出すことを意味し、さらに、東アジアが西欧帝国主義が来る前の時代に戻ることである。日本がこの道を選択すれば、歴史は逆転する。日中が組んだ「東洋文明」が世界をリードする日が、必ずやって来る。

目次

序 章 なぜ中国につくべきなのか?
第1章 一体化する日中経済
第2章 中国式新外交を読み解く
第3章 中国に吸引される近隣諸国
第4章 中国を取り込むための2つの戦略
終 章 中国の民主化が始まった
あとがき
付録年表■日中交渉2000年

本の情報

紙書籍初版: 2006/11/30
ビジネス・教育政治・社会政治

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。