マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

買われた妻

買われた妻


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ヘレン・ビアンチン(Helen Bianchin)
 ニュージーランド生まれ。想像力が豊かで、読書を愛する子供だった。十代の初めのころに初めて物語を書く。学校を卒業して、法律事務所で秘書をしたのち、二十一歳のときに友人とともにワーキングホリデー制度を使ってオーストラリアにわたる。メルボルンで数カ月働き、北クイーンズランドのたばこ農園を手伝っていたときにイタリア人男性と知り合い結婚した。その後三人の子供に恵まれ、子供たちや友人にたばこ農園の話を聞かせているうちに小説を書くことを思いついたという。イタリア人男性をヒーローにした最初の小説は、一年をかけて完成され、その後イギリスのハーレクイン社から出版された。もっとも尊敬する作家はノーラ・ロバーツと語るが、プライベートな時間に“座り心地のいい椅子に丸くなって”する読書は、ミステリーからロマンスまで幅広い。これまでに訪れたいちばんロマンティックな場所はハワイのホノルルだという。

解説

 【★サンプル10倍増量作品!】
 ロミーは意を決してシャビエルのオフィスに向かっていた。三年前、ロミーはシャビエルと生まれて初めての恋に落ちたが、女性慣れした大富豪に傷つけられただけに終わった。そして今、父がシャビエルの会社の金を横領してしまい、投獄を免れるためにシャビエルに懇願するしかなくなったのだ。会社の受付を無理やり突破し、彼のオフィスに踏み込んだロミーにシャビエルはただ嘲るような笑みを向けた。魅力的だけど、憎くてしかたのないこの男に頼るしかないなんて……。だが、話を聞き終えた彼は、意外にも告訴を取り下げてくれるという。彼の妻となり、子供を産むことを条件として。

抄録

「わかってる。すぐ支度するわ」
 三分でシャワーを浴びて身づくろいをし、必要なものをキャリーバッグにほうりこみ、居間に行く。
「本当にこれでいいんだな?」
 人生でこれほど不安に思ったことはない。だが、それを認めるつもりはなかった。ロミーは無理やり笑みを浮かべた。
「出かけないと」父の言うとおりだ。いくら運がよくても、六時半までにブライトンのシャビエルの家には着けなそうもなかった。
「いつもおまえを愛しているよ」玄関に向かうエレベーターの中でアンドレが言う。「それだけは知っておいてほしい」
 目に涙がにじみ、ロミーはすばやくまばたきをした。「私もよ」絶対に涙を流してはだめ。少しでもこぼれたら、止まらなくなるから。
 事務的なことを話すのよ。ロミーは自分に言った。
「予備の鍵は渡したわね。何か困ったことがあったら、私に電話して」考えを巡らしてもうひとつ思いついた。「月曜日、学校の帰りに残りの荷物を取りに来るわ」
 ロミーは制限速度を五キロ超えて車を走らせ、近くで警察の無線が稼働していないようにと、祈った。
 シャビエルの家の門は開いており、車寄せを抜けて二台の四輪駆動車の前に車を止める。
 彼女が表玄関のすぐ前まで来たとき、扉が開いた。その向こうにシャビエルが立っている。上背のあるがっしりとした体を、仕立てのよい服に一分の隙もなく包んだ彼は魅力的だった。しかし、その表情は読み取れない。
 謝るべきなのだろうが、なぜか不自然に思え、ロミーは雰囲気を和らげようと冗談めかして言った。
「結婚式に遅刻するのは、花嫁の特権よ」
 黒っぽい瞳が一瞬放ったおかしそうな光は、ロミーの父親に気づくとすぐに消えた。
 招待客が二人、客間にいた。シャビエルの弁護士とミサの執行者だという年配の女性を客と呼ぶべきかどうかはわからないが。白いダマスク織とレースに覆われた小さなテーブルに、灯明と白い蘭、そして豪華な革表紙のフォルダーが置かれている。
 シャビエルがそばに来て儀礼的な会話が始まり、ロミーの胸に不安とあきらめが渦巻いた。
 まるで魂の抜けた傍観者のような気分で彼女はほほ笑み、しゃべり、幸せな花嫁を演じた。
 実際には細い針金のように神経が張りつめて、今にもちぎれそうだ。しっかりするのよ、彼女は自分に言い聞かせた。三年前なら、胸をときめかせてシャビエルと結婚していたでしょうに。
 けれども、それは過去の話。今は違う。
「そろそろ始めましょうか?」執行者が穏やかに言い、二人が立つ位置を示した。
 シャビエルに両手を取られて背中にかすかな震えが走るのを、ロミーは懸命に抑えた。これが現実だとはとても思えなかった。
 ロミーの体を言葉が素通りしていった。促されて彼女は誓いの言葉を唱え、シャビエルが繰り返すのを聞いた。そして、ダイヤモンドのちりばめられた指輪が彼の手で指にはめられると、思わず身を震わせた。続いて金の指輪をロミーに渡して左手を差しだすシャビエルを、彼女は不安な目で見つめた。
 執行者の言葉が続く。「ここに二人が夫婦となったことを宣言します」
 シャビエルがロミーを引き寄せ、目を見開くロミーの唇に刺激的なキスをした。
 なんてこと……今のは何? 皆に見せるため?
 祝福の言葉に対してロミーは愛想よくほほ笑んだ。シャンパンを満たしたワイングラスが配られ、幸せと健康を祈る乾杯の声があがった。マリアにカナッペを勧められてロミーは儀礼的にひとつ取ったが、気分が悪くなりそうで、あとは丁重に断った。
 まるで腰でつながっているかのように、シャビエルはロミーのすぐそばにいた。優しくほほ笑み、彼女の腰に手をまわして。ときおり、彼の手が肩甲骨の上を滑り、指が彼女の指に絡まってきた。
 仲のいいふりをしているわけね。間違いなく、彼は花婿を演じているのだ。でも誰のために? アンドレは真実を知っているし、弁護士も執行者も結婚の本当の理由にさほど興味はなさそうだ。
 流れに任せればいいのよ。にこにこして、しばらくお芝居をするの。別に問題はないでしょう?
 当然、シャビエルは私の気持ちをわかっている。いかにもおもしろそうに彼の唇の端がかすかに上がるのを見たのは、私だけだっただろうが。
「楽しんでいるかい?」ロミーの頬に指を走らせながら彼がそっと言った。
「ええ」ロミーの瞳が皮肉っぽく光った。「とても……」少し間をおく。「楽しいわ」
「そう、本当に楽しいよね?」
 ただ、もうキスはしないで。声にはならなかったが、彼女の気持ちを察したかのようにシャビエルの瞳が光った。
「いやだったんだな?」
 ロミーはにっこり笑った。「そんなことないわ」
「何時間かあとも、今と同じくらい勇ましくしていられるかな?」
「誰もいないところで? ええ、もちろん」

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。