マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・クラシックス

地下室の令嬢

地下室の令嬢


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・クラシックス
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★5
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

 地下室で暮らすわたしを救うためにあなたは結婚を申し込んだの?“管理人兼ハウスキーパーの職に応募いたします”両親を事故で亡くし、何不自由なかったアラベラの生活は一変した。切実な思いを込めて書いた手紙のおかげでようやく見つけた職は、病院の地下室に住んで、待合室や診察室の掃除をしたり、患者やスタッフのために玄関のドアを開け閉めするのが主な仕事だ。部屋を飾り、おいしい料理を作って小さな幸せに浸るアラベラの姿は、タイタス・タヴェナー医師にはけなげなシンデレラにしか見えない。独身の彼に周囲は盛んに女性を紹介するが、退屈な相手ばかりだった。けれど、ときどき地下室を訪れるうちにタイタスの中で何かが変わった。愛してるわけじゃない。だが、アラベラと結婚すればうまくいく。突然のプロポーズをアラベラは静かに受け入れた。でも、愛のない結婚が本当にうまくいくのだろうか。

抄録

 二人は暖炉の前でコーヒーを飲んだ。動物たちはできるだけ火に近づいて暖まろうとし、押し合いへし合いしている。
 アラベラはワインを飲みすぎてぼうっとしていた。顔がほんのりピンクに染まっている。タヴェナー医師の探るようなまなざしを感じて、思わずうつむいた。
「さて」彼がきびきびと言う。「君が心を決めるのにどのくらい時間が必要かな?」
「一人にならないと考えられません」アラベラは注意深く答えた。「先生がここにいらっしゃっては、気が散ってしまいます」そして、あわててつけ加える。「失礼なことを言うようですけど、少し離れて考えてみたいので……おわかりでしょう?」
「ああ、わかるよ。一週間あげよう、アラベラ。それからもう一度返事をきくよ。その間、君に注意を払わないようにするからね。避けたいわけじゃないが、そのほうが君は決めやすいだろうから」タイタスはさりげなくアラベラの両手を取った。「夕食をありがとう」そう言うと、かがみ込んでアラベラの頬にキスした。「おやすみ、アラベラ」
 アラベラは彼の顔を見上げた。「でも先生のお気持が変わったら……」
「変わらないと約束するよ」彼はドアの方へ行った。「階上へ来る必要はないよ。ぼくが外から鍵をかけるから。でもあとでかんぬきをかけてくれるね?」
 アラベラは長い間、混乱状態で何もせずに部屋に座っていた。しかしそれ以上考えていても仕方がない、と思った。朝になったらこの驚くべき事態について、いつもの冷静さで考えられるはずだ。
 階上へ行ってドアにかんぬきをかけ、いつもどおりに辺りを調べてから、シャワーを浴びて床についた。
「眠れそうにないわ」とベッドの一端でバセットをなめてやっているパーシーに言う。が、まくらに頭が触れたとたん眠りに落ちた。
る。しかし多忙な一日が終わるころには、それがさほど信じがたい出来事ではないように思えてきた。
 まだ決心はついていない。それから毎晩、動物たちを相手に賛否両論を闘わせた。しかしだれかに相談するのとは大違いだ。もうすぐ週末になる……なんとかしなければ。そして、とうとう、いつもどおり最後まで残ったタヴェナー医師が玄関へ向かうのを見て引き止めた。
「五分間お時間をいただけますか? だれかのアドバイスが必要なんですけど、先生以外には知った人がいないんです。わたしたちに関することですけど、ほかの人の話をしているふりをしてもよろしいかしら?」
「いい考えだ。ぼくの部屋へ行って、どうしたらいいか決めよう」
入ると、彼はコートを椅子に投げかけ、アラベラに椅子をすすめてからデスクの向こうに回った。
「お話はこういうことです」アラベラは説明した。「わたしは……つまり、わたしがお話ししたいのは、結婚するべきかどうか迷っている女性のことなんです。何を期待されているのか、彼女にはわかっていません。彼は社交家なのでしょうか? 彼の友達は彼女に好意を持つでしょうか? もしかしたら、彼女は彼の友人たちを好きになれないかもしれません。彼女は彼に恥をかかせたくはないのですが、教養もウィットもないんです。大失策をしでかすかもしれません。それに離婚ということに関しては、頭が古くて……結婚したからにはベストを尽くして添い遂げようという考えなんです」
 彼は静かに言った。「それはその女性の取り越し苦労だ。医師の妻としての務めを立派に果たせる能力を持ちながら、自分を過小評価しているね。男というのは、多忙な一日を過ごしたあとは、才気やウィットに富む女性にはうんざりさせられるものなんだよ。それに、好意を持ち合って尊敬し合うカップルの結婚は、めったに失敗しない。二人の間に強烈な感情が存在しないからこそ、成功率が高くなるわけだ」彼はにっこりした。「こんな意見で役に立つかな?」
 アラベラはうなずいた。「ええ。でもそれだけじゃありません。先生はお金持なんですよね」
 タイタスは恐縮したように言った。「残念ながらそのとおりだ。だけどぼく自身はそんなことは気にかけてないし、君も気にしなくていいんだよ」
「わたしは、お金目当ての結婚はしませんから」
「ああ、それはそうだろうとも」真剣な口調だったが、目が楽しそうにきらめいているのにアラベラは気がついていなかった。
「アドバイスをありがとうございました」彼女は立ち上がって言った。「わたしのせいで、先生のお帰りが遅くなってしまいましたね」
 彼はそれを否定すると、明るい声であいさつをして去っていった。
 帰宅したとたん、タイタスはミセス・ターナーに、マーシャル家での夕食に遅れますよ、と警告された。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。