マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

もう一度恋に落ちて

もう一度恋に落ちて


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ヘレン・ビアンチン(Helen Bianchin)
 ニュージーランド生まれ。想像力が豊かで、読書を愛する子供だった。十代の初めのころに初めて物語を書く。学校を卒業して、法律事務所で秘書をしたのち、二十一歳のときに友人とともにワーキングホリデー制度を使ってオーストラリアにわたる。メルボルンで数カ月働き、北クイーンズランドのたばこ農園を手伝っていたときにイタリア人男性と知り合い結婚した。その後三人の子供に恵まれ、子供たちや友人にたばこ農園の話を聞かせているうちに小説を書くことを思いついたという。イタリア人男性をヒーローにした最初の小説は、一年をかけて完成され、その後イギリスのハーレクイン社から出版された。もっとも尊敬する作家はノーラ・ロバーツと語るが、プライベートな時間に“座り心地のいい椅子に丸くなって”する読書は、ミステリーからロマンスまで幅広い。これまでに訪れたいちばんロマンティックな場所はハワイのホノルルだという。

解説

 高級ギフトショップ〈ベリッシマ〉を経営するジアンナは、ある日、夫ラウルから受けた電話に顔が青ざめた。3年別居する夫とは、そろそろ離婚の手続きにかかるつもりだが、折しも夫の母が末期癌と判明し、ジアンナに会いたがっているという。ラウル――本当は今でも心から愛する私の夫。彼とは数年前、偶然訪れたマヨルカ島で出会って恋に落ちたが、結婚後、夫の情熱はすぐに失われてしまったのだ。もし今マヨルカ島に戻れば、忘れかけていた悪夢が甦るだけなのに。なぜ今ごろ、名ばかりの妻である私が呼ばれたのだろう。ジアンナはいぶかったものの、出発を決意した。
 ■ハーレクイン・ロマンスはおかげさまで2700号を迎えることができました。記念作は、大人気のヘレン・ビアンチンがスペインを舞台に描く愛の再生の物語です。男女の機微を繊細に描く珠玉のラブストーリーです。

抄録

「この靴と」彼はドレスに合う踵の高いサンダルを指さした。「イヴニングバッグも」
 できることなら余計なお世話だとはねつけたい。それを思いとどまらせたのは、最低限の礼儀はわきまえるべきだという彼女の信念だった。
 ところが実際にドレスを試着し、サンダルに足を滑りこませて鏡と向き合ったとき、ラウルのセンスを信用しないわけにはいかなくなった。
 ひとりで何軒のブティックを巡ったとしても、これほど完璧なドレスは見つからなかっただろう。
「ご主人は確かな目をお持ちですわ」売り子はラウルの趣味のよさを褒め、ジアンナの全身に視線を滑らせた。「髪は垂らさずアップにして、きれいなうなじを見せるべきです。アクセサリーはダイヤのピアス、ブレスレット、ペンダント……このドレスはあまり飾り過ぎないほうが引き立つと思います」彼女はジアンナの後ろにまわってファスナーを下ろした。「お包みしますので、そのあいだにお着替えを」
 白いコットンパンツとブラウスに着替えて靴を履くのに何分もかからなかった。
 試着室を出ると、ラウルがクレジットカードを取り出したところだったので、ジアンナは慌ててカウンターに駆け寄った。
「私が払います」
 売り子は手を止めてラウルに目をやった。
「いいんだ」彼が微笑する。「妻の自立心は立派だが、これはぼくからのプレゼントだから」
「わかりました、セニョール」
「私が――」いきなりキスされてそれ以上の言葉は封じられた。
「言うことを聞いて」彼は穏やかに、しかしきっぱり命じてジアンナを放し、彼女は漆黒の瞳に浮かんだ官能のきらめきに息をのんだ。
 ふたりのあいだの空気が突然電気を帯び、心臓がリズムを乱したその瞬間、周囲のすべてが消え去って、ジアンナは催眠術にでもかかったように陶然とその場に立ちつくした。
「お待たせしました、セニョール」
 女性の声に現実に引き戻され、ジアンナはちょっと困った風情で首を振った。「男の人って」大きな紙袋を差し出した売り子に同意を求めるようにほほ笑みかけた。「どうしてこんなに女性を甘やかすのかしら?」
「でもセニョーラ、そういう殿方を評価しない女性がいるでしょうか?」
 ジアンナは答える代わりに肩をすくめ、店を出てしばらく歩いてからラウルを見上げた。「どういうつもり?」
「なんのことだい?」
「わかっているくせに、とぼけないで」
「ぼくが払ったことを怒っているのか?」
 ジアンナは横目で彼をにらんだ。「外れ」
「キスしたこと?」
「それと、私を妻と言ったこと」
「きみは間違いなくぼくの妻だ」
 もうじき妻ではなくなるわ、と言いそうになって思いとどまった。
「コーヒーを飲む?」ラウルは静かなホテルのラウンジを指さした。「今夜のリハーサルに」彼の声にはからかう響きがあった。
 面白い冗談ね。だが、今夜のパーティーは少しも楽しみではなかった。
 ふたりでパーティーに出るのは初めてではない。最初は恋人として、その後は夫婦として、彼らは裕福なエリートが集まる社交の場にたびたび招かれた。
 心の奥に奇妙な悲しみが生まれ、それが肉体で感じられるほど明確な痛みになった。とても幸せだった……すべてが暗転するまでは。
 もう十分。シエラの言葉をそっくりそのまま繰り返せるほど、あのときの状況を何度も頭のなかで再現した。まるでハッピーエンドのないおぞましい映画を観ているようだった。
 進む道はただひとつ。私には仕事があり、過不足なく暮らせる家がある。二週間の試練を乗り切れば、心に深手を負うことなくオーストラリアに帰り、本来の生活を取り戻すことができるだろう。
 ラウンジのふかふかのソファに腰を沈め、極上のコーヒーを味わい……ジアンナはラウルを気のおけない連れと思いこもうとした。
 でも、うまくいかなかった。そんなことができるはずもなかった。彼はかつての恋人で、そばにいるだけでふたりがわかち合った官能の日々が鮮明に思い出されるのだ。素肌を滑る彼の手を、唇をむさぼる彼の唇を、親密な愛撫を、ほとんど現実に感じられるほどに。
 ああ、またもや危険な領域に迷いこんでいる。ジアンナは暴走する思いにブレーキをかけた。
 そのとき物思わしげにこちらを見つめる暗いまなざしに気づき、ジアンナは反射的にまばゆい笑みを返した。それは単に沈黙の時間を埋めるための、純粋な自己防御の反応だった。
 まもなくヴィラに戻り、テレサを交えて軽い昼食をとるだろう。ここでの習慣になっているシエスタのあと、〈ベリッシマ〉からのeメールをチェックし、シャワーを浴び、髪を整えてメイクをし、新しいドレスに着替えて外出する。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。