マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ

長い誤解

長い誤解


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★☆☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 ペニー・ジョーダン(Penny Jordan)
 1946年にイギリスのランカシャーに生まれ、10代で引っ越したチェシャーに生涯暮らした。学校を卒業して銀行に勤めていた頃に夫からタイプライターを贈られ、執筆をスタート。以前から大ファンだったハーレクインに原稿を送ったところ、1作目にして編集者の目に留まり、デビューが決まったという天性の作家だった。2011年12月、がんのため65歳の若さで生涯を閉じる。晩年は病にあっても果敢に執筆を続け、同年10月に書き上げた『純愛の城』が遺作となった。

解説

 伯母の遺品整理のため、フィリッパは久々にガーストン邸を訪れた。ガーストン家の家庭教師だった伯母にここで育てられた彼女は、11年前、大学生だった当主の孫スコットと熱烈な恋に落ちた。だがある時、他に好きな人がいると言って自分から身を引いた――彼が大事な館を継ぐには、それしか方法がなかったのだ。お腹に命が宿っているのを知ったのは、そのあとのこと……。彼女の物思いを破るように、とつぜん車の音が響いた。外を見ると、へこんだ高級車と息子のサイモン、そしてスコットの姿がある! なんとサイモンが、誤ってスコットの車を傷つけたという。スコットは容赦なく彼女を罵り、ある方法で償うよう求めてきた。

抄録

 スコットの口もとがゆがみ、その目に蔑むような色がうかんだ。
 「どうしてだ?」と、スコットはサイモンに聞こえないように静かに言った。「ひそかに愛人を連れこもうってわけか? そうはいかないんだ。ここはもうほかの人に貸すことにしてしまったんでね。それに、僕の目のとどくところに君を置いておきたいんだよ、フィリッパ。君が僕のところで働いてるということを知ったら、村の連中はなんて言うかな?」
 「仕事が見つかって、運がよかったって言うだけじゃないかしら」と、フィリッパは軽く受け流した。「ここで暮らすわけにはいかないとすると、サイモンと私は……」
 「本邸で僕と一緒に暮らすんだよ。それで来たんだ。君たちを本邸へ連れていくためにね」
 「ママ、もう朝ご飯すんだから、階上へ行って荷物をまとめてくるよ」と、サイモンが言った。
 「ジェフ・リヴァーズにあんまり似てないようだな」と、スコットは言った。「彼は君と同じブロンドだった。僕たちにも子供ができていたかもしれないと、君は考えたことがあるか?」と、スコットはささやくように言った。「だけど、僕の子供は欲しくなかったっていうわけだ。ジェフ・リヴァーズみたいに、贅沢をさせてやれなかったからね。しかし、僕だったら、ジェフとは違って君と結婚していたよ」
 「でも、そんなことをしたら、おじいさまに相続権を取りあげられていたわ」
 「そんなことで僕が躊躇すると、君は思ってたのか? 僕はね、君を愛していたんだよ」と、スコットは噛みつくように言った。「それに、いずれにしても同じことだったんだ。君が出ていったあと、僕もすぐに家を出てしまったんだから。祖父に相続権を取りあげられてね」スコットはフィリッパの顔に信じられないというような表情がうかんだのを見てとると、苦々しげな笑い声をもらした。「僕はこの屋敷や農園を名勝史跡保存協会《ナショナル・トラスト》から買い戻したんだよ」
 「ここを出て、あなたはどこへ行ったの?」と、フィリッパは思わず尋ねていた。
 「アメリカへ行ったんだ。父親代わりになってくれていた人がアメリカにいたんでね。その人が貸してくれた金で会社を始めたんだよ。おふくろの手術代も、その人が貸してくれたんだ。祖父には嫌われているということがわかっていた。だから僕は君と一緒にアメリカへ渡るつもりだったんだよ。だけど、君は僕を捨てて、ジェフ・リヴァーズとどこかへ行ってしまった。ジェフが君を捨てて、ほかの女と結婚したと聞いたときは、思わず笑ったよ。信じられるか?」
 「ええ。でもつらいわ」
 「僕がこういう人間になったのは、君のせいだ。恨むんなら、自分を恨むんだな」
 すべて、あなたを愛しているからこそ、あなたのためを思ってしたことなのだと、フィリッパは言いたかった。しかし、言葉が出てこなかった。フィリッパさえいなくなれば、スコットはメアリー・タトローと結婚するに違いないと、スコットの祖父、ジェフリー・ガーストンは確信していたのだ。スコットをあきらめたことがなんにもならなかったということを思い知らされ、フィリッパは胸が締めつけられるようだった。若く、世間知らずだったので、愛する人の幸せのために、自らを犠牲にするつもりだったのが、結局、愛する人をも苦しめることになってしまったのだ。いや、二人だけではなく、サイモンまで……。
 「サイモンの学校と連絡を取って、転入の手続きをしたり、アパートメントをまた貸しする手配をしなきゃならないのよ。会社のほうはもうやめさせてもらうように話をしたんだけど……」
 「アパートメントをまた貸しする手配なんかは、本邸へ行ってからすればいいんだ。学校は今日の午後、僕が車で連れていくよ。サイモンも一緒に連れていこう。あの子は自分が誰の子供か、知ってるのか?」
 フィリッパははっとした。返事をするまでに、何秒かかかった。
 「え、ええ」と、フィリッパは言った。「知っててよ」
 サイモンは二階からおりてきて、家の外にとまっている車に気づくと目を輝かした。
 「見に行っていい?」と、サイモンはスコットにきいた。
 「見るのはいいけど、触っちゃいけないよ。あの車までこわされちゃかなわないからね」と、スコットは冷ややかに言った。
 サイモンは顔を赤らめた。
 「支度ができてるんだったら、行こうか?」と、スコットはフィリッパに言った。「荷物はあとで取りに来させるよ」
 フィリッパはスコットのあとについて家から出るしかなかった。サイモンが赤いフェラーリに駆け寄った。フェラーリに乗りこむと、サイモンはその性能について次々とスコットに質問をした。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。