マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

ロスト・ラヴ

ロスト・ラヴ


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆9
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 キャロル・モーティマー(Carole Mortimer)
 ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。十四歳のころからロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーの作品に感銘を受けて作家になることを決意した。キャロルは三人兄妹の末っ子としてイギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。一時は看護師を志したが、転倒した際に痛めた背中が治りきらず断念。その後、某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった。物語を書くときに一番楽しいのは、ヒロインとヒーローの性格を考えるとき。書いているうちに徐々に主導権がヒロインとヒーローに移り、いつのまにか彼らが物語を語りはじめるのだという。現在キャロルは“イギリスで最も美しい場所”マン島に、夫と子供たちと住む。

解説

 交通事故で顔に激しい損傷を受けたジャッキーが望んだのは顔面を復元する手術ではなく、別人に生まれ変わること。整形手術で新しい顔を手に入れた彼女は過去の弱い自分を捨てた。ブルック・アダムソン。それがいまの彼女の名前だ。夫に奪われた息子との再会を果たすためには強くならなければ! 大企業のトップで仕事人間の夫レイフとの結婚はつらい思い出ばかり。何がいけなかったの? どこを間違えたのだろう? そこにあると思っていた愛は最初からなかったのかもしれない。でも、どんなことをしてでも息子に会いたい。たとえレイフにどう思われ、どれほど邪魔をされようとも。
 ■ハーレクイン・ロマンスのベテラン作家キャロル・モーティマーが描く、運命的な再会と愛の再生の物語です。はらはらする展開も存分にお楽しみください。

抄録

「これまで無礼だったことは謝る。君といるとなぜか感情的になってしまうんだ。以前ジャッキーに対してそうだったように」
「ごめんなさい」
「何が?」
「あなたが蔑み、嫌っていた奥さまを思い出させてしまって」
 もしこれまで怒りに燃える彼を見たことがあると思っていたとしたら考えが甘かった。本物の怒りに顔は青ざめ、グレイの瞳は一瞬にして氷のかけらになり、唇は引き結ばれている。そのまま彼は歯を食いしばって言った。「なんだって?」
 ブルックはすさまじい怒りに気圧されて一歩さがった。私が何を言ったというの? これほど彼を激怒させるどんなことを? レイフが妻を憎み、軽蔑していたことは世間のだれもが知っているのに。
「僕がジャッキーをどう思っていたか君にわかるわけがない」黙り込んだブルックに彼は言った。「妻のことは二度と口にしないでくれ」
「でも――」
「僕は君が欲しいと認めたし、ほかのだれよりも君とベッドをともにしたいと思っている」レイフは言葉を切り、呼吸を整えた。「だが妻に対する僕の気持ちを勝手に推測されるのはごめんだ」
 彼の剣幕にブルックは呆然としていた。よくもそんなことが言えるものね。遊び飽きたおもちゃのように私を捨て、プライドすら失うまで屈辱を味わわせておきながら。レイフの気持ちなんて推測するまでもないわ。この三年、彼の憎悪とともに生きてきたのだから。交通事故で瀕死の重傷を負いながら生き延びたのは、その憎悪と息子に会いたいという強い願いがあったからだ。推測ではなく、知っているのよ。
「あなたは奥さまに対する気持ちを世間に公表したでしょう。彼女から赤ちゃんを奪った日に。無慈悲で冷酷な人にしかそんな仕打ちはできないわ」
「僕をそんなふうに思っているのかい? 無慈悲で冷酷な男だと?」彼の声は恐ろしいほど静かだった。
 だがブルックはその声に潜む脅しなど気にもとめなかった。彼女を求めていると認める一方で、妻への愛情に疑問を差し挟むと食ってかかってくる彼の態度が許せなかった。「そうよ。あなたには優しさのかけらもないわ」子ども部屋でロバートにキスをしたレイフの姿が脳裏に浮かんだが、即座にそのイメージを打ち消した。レイフはだれも、自分の息子さえ愛していない。「だれに対しても、何に対しても、愛情のかけらもない。私を求めていると言ったけれど、それも感情とはまったく関係のない、ただの欲望にすぎないわ。私はあなたにも、そんな安っぽい情事にも興味はないの」怒りに燃えるブルーの瞳が冷たいグレイの瞳とぶつかって火花を散らした。
「考えを変えるよう、君を説得してみせようか?」レイフの声は相変わらずぞっとするほど静かだ。
「絶対にできないわ」今度もまたブルックはその危険を気にとめず、きっぱりと言い返した。
 レイフがゆっくり近づいてくる。「少なくともいま、君の目はおびえていない」
 ブルックは挑戦的に顎を上げた。「あなたという人がわかってきたから、もう怖くはないわ」彼の体温が感じられ、懐かしいコロンの香りが彼女の香水とまじり合うほど近くにレイフが立っても、ブルックは一歩も引かずに踏みとどまった。
「本当に?」レイフはもう一歩、体が触れ合うまで近づいた。
「脅そうとしても無駄よ」
「僕が君を脅そうとしているというのか?」レイフは両手を彼女の腕に軽く滑らせながら、怒りに火照った美しい顔をじっと見下ろした。
「そうでしょう?」
「つまり、僕は成功しているということだね?」激しく脈打っている細い手首をつかんでレイフは嘲った。「ジャッキーとこんなふうに言い争ったあとはいつも最高の結末が待っていた」そうささやき、今度はウエストに手をかけて彼女を引き寄せた。
 ブルックも口論のあとの激しいセックスを思い出して頬が熱くなり、震える声で言った。「ジャッキーの話は二度としないはずじゃなかった?」
「どんな結末だったか知りたくないか?」熱い吐息がこめかみにかかった。
「想像がつくわ」
「想像するより実際に経験するほうが楽しいよ。それに、君がジャッキーの立場に立ってみれば、彼女が夫よりグレッグ・デヴィソンに惹かれた理由がわかるかもしれない」ブルックが反論する間もなく、いきなり唇が重ねられた。
 まず彼女の頭をよぎったのは、かつての妻だと気づかれるかもしれないという不安だった。一年半一緒に暮らし、ベッドをともにした相手なのだから。
 キスに応えることも抗うこともせず、ブルックはただ彼の腕の中で身を硬くして、真実が暴かれて世界が崩れ落ちる瞬間を待ち受けた。
 だが荒い息をつきながらレイフは顔を上げ、当惑の色を浮かべて彼女を見つめた。「あり得ない」彼はうめき、頭を振った。「二度とごめんだ」突然やけどでもしたように彼女を突き放した。「もう二度とこんな思いはしたくない」
「レイフ――」
「来ないでくれ」レイフはあとずさった。その目から欲望の色が消え、顔は青ざめている。「同じ目の色をしているだけなのに、どうして……」
 世界がぐらりと傾いた気がした。ブルックは息を詰め、彼が怒りを爆発させるのを待った。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。