マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

完璧なクリスマス

完璧なクリスマス


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader”スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 キャロル・モーティマー(Carole Mortimer)
 ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。十四歳のころからロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーの作品に感銘を受けて作家になることを決意した。キャロルは三人兄妹の末っ子としてイギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。一時は看護師を志したが、転倒した際に痛めた背中が治りきらず断念。その後、某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった。物語を書くときに一番楽しいのは、ヒロインとヒーローの性格を考えるとき。書いているうちに徐々に主導権がヒロインとヒーローに移り、いつのまにか彼らが物語を語りはじめるのだという。現在キャロルは“イギリスで最も美しい場所”マン島に、夫と子供たちと住む。

解説

 マックが予想したとおり、その男性の部屋は殺風景だった。もうすぐクリスマスなのに、季節の飾り付けさえない。とてもくつろげない気分で、部屋の主の存在感にただ圧倒されてしまう。彼は建設会社のオーナーで、名前はジョナス。再開発の予定地に立つ、マックの家の立ち退き交渉にやってきたときに知り合った。だが、画家をしているマックにとって、祖父から譲り受けた、アトリエも兼ねる愛着ある家からの引っ越しなど、ありえない話だった。わたしによけいな手だしはしないで、そっとしておいて。そう伝えるつもりで彼の自宅まで押しかけてきたはずなのに、マックは徐々に増していく奇妙な緊張感に、来たことを後悔し始めていた。

 ■デビュー以来、170作以上の作品を書き続け、不動の人気を誇るC・モーティマー。彼女が心をこめて描く、愛を信じないヒーローに訪れたクリスマスの奇跡の物語を、どうぞお楽しみください。

抄録

 十二歳のとき、美術の先生からカンバスに油絵の具で絵を描くことを初めて許されたときから、自分がどうしたいかはわかっていた。画家として成功することがいちばんで、結婚して子供を産むことは二の次だった。トーマスと付き合った短い期間、少しだけ脱線して野望からは遠ざかったが、彼の傲慢さと恩着せがましい態度に気づいてからは、野望はふくらむいっぽうだった。
「失礼して、化粧室に行かせてもらうわ」マックはテーブルにナプキンを置き、椅子を引いて立ちあがった。
 ジョナスは黒っぽい眉を上げた。「僕の言ったことが気にさわった?」
 マックは眉をひそめてジョナスを見おろした。「それでわたしが化粧室に行くって?」あざけるように言った。「ありえないわ!」
 そう言われたものの、テーブルにひとり残されたジョナスは、自分自身に腹を立て、口にしてしまった辛辣な言葉を悔やんだ。彼女の私生活についてはなにも知らないも同然だというのに。
 ジョナスは無理して料理を食べつづけながら、マックが戻るのを待った。
 待ちつづけた。
 さらに待った。
 十分以上たち、自分はレストランといっしょに彼女に見捨てられたのかもしれない、とジョナスは受け入れがたい結論に達した!
 自業自得か?
 突然、立ちあがってテーブルにナプキンを置き、店内を横切って、化粧室に通じる扉を抜けていく。マックがどこから出ていったのか、なんとしても見きわめるつもりだった。ところが、廊下に立ってウェイトレスのひとりと笑いながらしゃべっているマックと目が合うという不意打ちを食らい、ジョナスは出入口で立ちどまった。
 マックは不思議そうにジョナスを見た。「どうかしたの、ジョナス?」
 ジョナスは目を細めた。「料理が冷めてしまう」
「あら、やだ」ウェイトレスは申し訳なさそうにほほえんだ。「つづきはあとでね、マック」そう言って、厨房のほうへ足早に去っていく。
 不機嫌を絵に描いたようなジョナスとマックをふたりきりにして。
 ジョナスに侮辱されてテーブルを離れ、化粧室を出たところでカーラとでくわしたマックは、ためらうことなく立ち話をはじめた。ジョナス・ブキャナンはまだしばらく待ちぼうけを食わされ、あれこれ思い悩めばいいと思った。
 ジョナスが近づいてきたので、マックは眉を上げた。「料理が冷めるって言っていたわよね?」
「もう冷めてるから、戻るのがあと数分遅れたところで変わりはない」ジョナスは穏やかに聞き流した。
 マックが乾いた唇を湿らせ、ジョナスは彼女のほんの数センチ手前で立ちどまった。とても背の高い大きな体があまりに接近しすぎると、不安でたまらなくなる。「どうしてあと数分、ここにいなければならないの?」マックはおそるおそるジョナスを見あげた。
 形勢が逆転して、マックがいかにも不安そうにしているのがジョナスは愉快だった。込み合ったレストランで、相手をテーブルにひとり残して放置するというのは、マックが意図的にしたことに違いない。
 ひとけのあるレストランは、ジョナスが今考えていることをする場所としては理想的ではないとわかっていたが、それがなんだというのだ――ほんの数秒前に気づいたように、ジョナスはマックにキスがしたいだけではなく、それはたとえば呼吸をするように、どうしてもしなければならないことだった。
「あと数分ここにいる理由を当ててごらん」かすれた声でささやき、さらに一歩、マックに近づく。
 マックは不安のあまり目を見開き、何歩かあとずさりをして壁にぶつかった。「息がにんにくくさいわよ」あわてて言う。
 ジョナスはあっさり肩をすくめた。「きみがますますおいしくなる」
「それっていい考えじゃないわ、ジョナス」必死になって言う。
 ジョナスの頭にはいい考えなどひとつもなかった。その瞬間、彼が実現するつもりなのは――しなければならないのは、悪い考えだった。
 マックの目を見つめたまま、絹のようになめらかな頬のカーブを片手で包み、親指の腹でかすかに開いた唇をたどる。
 さらに鋭く息を吸い込んで、なおも一歩近づくと、マックは反射的に両手を持ちあげ、身を守るようにしてジョナスの固い胸板に押し当てた。ジョナスが体を押しつけてきて、両のてのひらがシャツのシルクを焼き切りそうなほど熱くなる。
 冷たい壁とジョナスの熱い体にはさまれ、胸にめり込むほど強く両手を押しつけていると、ジョナスがキスをしようとゆっくりと頭を下げはじめた。
 抵抗するべきだとわかっていた。
 それでも、マックは抵抗しなかった。できなかった。
 それどころか、キスにそなえて唇を開き、ジョナスの熱い唇が初めて触れたとたん、息は喉で止まった。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。