マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌くらし健康女性の健康

おしゃれの裏ワザ・隠しワザ

おしゃれの裏ワザ・隠しワザ


発行: 河出書房新社
レーベル: KAWADE夢文庫 シリーズ: 裏ワザ・隠しワザ
価格:450pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
XMDFのファイルをご覧になるにはブンコビューア最新版(無料)をインストールしてください。

「書籍ファイルが壊れています」と表示される場合は、ブンコビューアを最新版にアップデートしてください。
購入する


著者プロフィール

 平成暮らしの研究会(へいせいくらしのけんきゅうかい)
 主婦、学生、はたまた業界のエキスパートなどからなる、じつにユニークな集団。それぞれの視点から、より楽しく快適な“平成のライフスタイル”を日々追及する。現代人の生活を多方面からアプローチ・分析する能力はマスコミから定評がある。著書には『料理の裏ワザ・隠しワザ』『家事の裏ワザ・隠しワザ』『ブランド品 ここだけの耳よりな話』『「お店」のウラ話』『【モノ選び】の裏ワザ・隠しワザ』『懸賞を当てる裏ワザ本』(小社刊)など。

解説

 スラリと見せるスカート、パンツの着こなしからセンス・アップの色づかい、自由自在のコーディネート術まで役立つファッション・ハウツーが満載。もっとステキな私に大変身しよう!

目次

あなたを魅力的に輝かせるおしゃれの秘訣がギッシリ!――まえがき


1 体型をカバーし、スラリと見せる
パンツ&スカート 着こなしの隠しワザ


パンツを颯爽と決めるコツ
 靴に合わせて丈の長さを変える
 下着のラインに気を配ろう
 座りジワを防ぐコツ
 折りジワはラップの芯で防ぐ
 お尻や股の部分のすり切れ予防法
ジーンズの洗練された着こなし術
 ジーンズの味わいを出すには
 新しいジーンズを早くなじませるワザ
 スタイルよく見せるにはサイズに注意
 体型をカバーする選び方
 色あせたジーンズを蘇らせる法
 色落ち、型崩れを防ぐ裏ワザ
 着回しのきくGジャン選びのコツ
スカートを華麗に着こなす極意
 足がスラリと見えるスカート丈とは
 O脚をカバーするボトムはこれ
 タイトスカート選びのポイント
 ワンピースをセンスよく着るには
 スリットスカートは下着にも注意
 スカートの静電気を防ぐ裏ワザ


2 新鮮なアレンジが注目のマト
シャツ&セーター センスアップの裏ワザ


セーターの新鮮コーディネート術
 カーディガンと合わせてシックに
 Vネックをハンカチで装う方法
 ニットの上にシャツを着ると新鮮
 上質なセーターは、ここでわかる
セーターで体型をカバーする極意
 着やせして見えるニットの選び方
 タートルネックで小顔に見せるワザ
 首の見せ方で小顔を演出する
 カシュクールでバストを美しく
 肩パッドを効果的に使うには
ワイシャツをお洒落に決めるコツ
 カラーとカフスがスーツ姿を制す!
 イメージチェンジしたいなら……
 カラーシャツの意外な効用とは
 カフスボタンでグッとおしゃれに
 飽きてきた服を新鮮に見せる裏ワザ
 ワイシャツの下には丸首Tシャツを
 Tシャツは適度なルーズさが欲しい
カジュアルシャツを上品に着る
 ポロシャツの襟をたてるのはNG
 アロハシャツを品よく着こなす
 ゴルフウェアは色づかいが命
 体型に合ったノースリーブ選びを
 レースを品よく着こなすには


3 定番アイテムはここで差がつく
スーツ 個性を光らせる(秘)ワザ


ジャケットを着こなすポイント
 Vゾーンは「8・8・8」の原則で
 ポケットには極力ものを入れない
 全体をバランスよく見せるには
 相手に印象づける着こなし術
 組み合わせを変えてカジュアルに
 ボタンの一つ掛けでラフさを演出
 グンと若く見せたいなら……
 ブレザーが誰にでも似合うわけ
 夏のアイテムに木綿のスーツを!
 コーデュロイのスーツはコシが命
 新入社員のスーツの揃え方
 黒ジャケットは最高の着回しアイテム
スラックス&ベストの着こなし術
 丈の長さで印象が決まる
 裾の折り返しはすべきか
 時々折り返し口を広げてチェック
 ベストは丈の長さがポイント
 ベストで体型をカバーしよう
 サスペンダーで胴回りスッキリ!
ネクタイの洗練された装い方
 ビシッと決まるネクタイの選び方
 エレガントな結び方のコツ
 スーツとの値段のバランスは?
 バランスのよい長さとは
 蝶ネクタイの型崩れを直す裏ワザ
 ネクタイピンにも正しい位置がある
 ドレープをつけて華やかに
コートの賢い選び方
 トレンチコートはラフに着よう
 コートを買いに行くときの鉄則
 長く着られるコートを選ぶコツ
 ジャンパーは通勤着にもなる
 レザーウェアは裏地で質をチェック
 良質なダウンジャケット選びのポイント


4 賢い選び方から上手なお手入れまで
バッグ&シューズ スタイリッシュな決めワザ


バッグの上手な選び方
 まずは実用性をチェックする
 ビジネスバッグ選びの基本ポイント
 ブリーフケースは錠前で見極める
バッグが光る使い方
 持ち方にもルールがある
 個性的なバッグを浮かせないコツ
 ショルダーバッグの持ち方の鉄則
バッグの簡単お手入れ法
 つや出しにコールドクリームを
 夏用バッグのしまい方
革靴の賢い選び方
 “とにかく軽いものを選ぶ”は間違い
 ビジネス・シーンにはひも靴で
 できる女を演出する靴選びとは
 ヒールの高さは年齢に合わせて
 いつもの靴をパーティ用にする方法
スニーカーと上手につき合う法
 サイズはすこし余裕をもたせる
 服とコーディネートするコツ
 スニーカーを長持ちさせたいなら……
サンダル&ブーツが輝く極意
 ミュールはかかとの美しさが命
 サンダルの中敷きを汚さない裏ワザ
 ブーツの長さとスカート丈の相性は?
靴のお手入れの隠しワザ
 おろす前こそ手入れを
 石けんで靴ずれが防止できる
 かかとがすり減ったら即、修理
 雨の日はラップを巻いて色落ち防止
 気になるにおいを消す裏ワザ
 におい消しは石けんでもOK
 靴ベラがない時に最適な代用品


5 スカーフの演出法から腕時計のつけ方まで
ワンポイントグッズ こだわりの極めワザ


帽子のスマートな装い方
 洋服とのコーディネートのコツ
 バランスを考えた「引き算」の発想とは
 かぶる動作にも順序がある
 テンガロンハットをかぶるなら……
スカーフ&マフラー活用術
 スカーフのさまざまな活用法
 スカーフの似合わない服もある
 ストールは素材を変えて楽しもう
 マフラーは巻き方一つで違った印象に
 バンダナの楽しみ方あれこれ
 ハンカチのコーディネート法
メガネ&サングラスの選び方
 顔型に合わせてフレームをチョイス
 ポイントは眉のラインにあり
 目元を明るく見せるレンズの色は?
 サングラスを選ぶコツ
腕時計との洗練されたつき合い方
 似合う時計の条件
 好感度アップのコーディネート術
 細かい傷がついたら歯磨き粉で消す
 腕時計の中に水が入った時は
ベルトのさりげない演出術
 オフタイムにはカジュアルなものを
 穴を留める位置にもルールあり
 バックルはスカーフ留めに使える
ソックス&ストッキングの利用法
 ソックスの賢い買い方
 美しく見せるストッキングの色は?
 ストッキングを長持ちさせる裏ワザ
 タイツをスマートにはくコツ
傘のベーシックな選び方
 愛着をもって長く使うために
 耐久性はここでチェック
 日傘はおしゃれかつ機能派アイテム
ヘアスタイリングの隠しワザ
 ウィッグを使って大胆なおしゃれを
 ウィッグを自然な感じに見せるには
 白髪をおしゃれに楽しむ
 白髪染めの色選びのコツ
 白髪と服の配色の関係
 頭がうすい人のファッション術
 髪の毛の静電気を防ぐ裏ワザ
ファッション雑貨の楽しみ方
 手帳選びの二つのポイント
 財布に余計なものを入れない
 ビジネスマン向きの手袋の色は?
 タバコの吸い方を極める
 シガーのスマートな楽しみ方
 夏のおしゃれに扇子が新鮮!


6 ピアスの活用術から香水の楽しみ方まで
アクセサリー 華麗に装う変身ワザ


リングで魅惑的に飾る秘訣
 指を細く見せるならVカット
 指のタイプに合ったデザインを
 美しい重ねづけのコツ
 リングがはずれなくなったときは
 汚れはつまようじで取る
ピアスをキュートに決めるワザ
 ピアスの位置にも流行りがある
 複数づけの上級テクニック
 ピアスを目立たせるには
 ピアス穴のない人の活用術
 落としたピアスをすぐ見つける裏ワザ
 片方なくしたイヤリングの利用法
ネックレスの上手な使い方
 チョーカーで首元をエレガントに
 サンプル袋でからまりを防止
ブローチでドレスアップする方法
 ブローチ、ピンの使い分け方
 品格を添えるカメオの選び方
 ブローチのピン跡を残さない裏ワザ
ジュエリーの本物を見分けるコツ
 偽物ダイヤを見抜く方法
 天然真珠を見極めるコツ
香水を上品に楽しむ極意
 品よく香るつけ方とは
 化粧品の香りとのバランスは要注意!
 TPOで上手に使い分ける方法
 ビーズを使って長持ちさせる
 香水のちょっと変わった楽しみ方
 使いおわった香水ビンの活用術
マニキュアを美しく保つ工夫
 長持ちさせるには二度塗りが鉄則!
 はがれた部分を目立たせない方法
 指を長く見せるネイルカラーとは
 男性もネイルケアをする時代に
 透明マニキュアのさまざまな活用法
アクセサリーの洗練された使い方
 アクセサリーの上手な使いこなし術
 ジュエリーに合わせて洋服を選ぶ
 消しゴムで紛失を防ぐ方法
アクセサリーのお手入れ術
 シルバーの輝きを蘇らせる法
 シルバーの黒ずみを落とす裏ワザ
 古いジュエリーを復活させる方法


7 フォーマルからレジャー、ホームウェアまで
TPO別ファッション 失敗しない洗練ワザ


パーティで華麗に着飾る秘訣
 「平服でお越しください」という時は
 髪型にもルールがある
 タキシードを昼間から着ては失格
 クルージングの旅のドレスコードとは
 格式あるレストランでのタブー
 ポケットチーフで華やかに
 ポケットチーフの色づかいのコツ
 生花のコサージュで差をつける!
 コサージュの正しい位置と向きとは
ここ一番のセレモニーで決める
 子供の入学式や卒業式に何を着るか
 七五三での親の装いはシックに
 差をつける礼服のコーディネート術
 ウェディングドレスの選び方
 お見合いのときの装いのポイント
ホームウェアの着こなし術
 お父さんをおしゃれに変身させるには
 ランニング姿をかっこよく見せる方法
 新米ママの「公園服」はこう選ぶ
 子供とのペアルックのコツ
 エプロンを汚さないで使うには
着物の風格ある着こなし方
 上品に着こなすポイントとは
 襟足と首筋の手入れを忘れずに
 着物で階段を上るときは……
 着崩れさせない裏ワザ
 着付けの前に足袋を履くこと
 足袋はちょっときつめがベスト
 バッグや草履の選び方
 持っておきたい便利グッズとは
 久しぶりに履く草履の手入れ法
 着物に合うメイクのコツ
 買う前にレンタルするといい理由
レジャーの装いのコツ
 機内でゆったりできる服とは
 旅行にもっていく服のポイント
 体型をカバーしてくれる水着選び
 水着の色あせ防止法
オフィスで便利な服選びのコツ
 冷房対策はこの服装で
 アフターファイブを楽しむために


8 流行の色づかいから個性の活かし方まで
トータルコーディネート 着まわしの応用ワザ


ファッション感覚の研ぎ澄まし方
 新しいコーディネートに挑戦する
 センスのいい人からアドバイスを
 ファッションのヒントはメモする
 海外旅行はセンスを磨くチャンス
 流行よりも自分の興味を大切に
 個性的なおしゃれは意外な発想から
 イメージチェンジする時のポイント
着こなしの黄金律
 無理なく流行を取り入れるには
 お金をかけずに流行を押さえるコツ
 “背中づかい”で差をつける
 自分に見合った値段とは
 鏡で必ず全身チェック
 失敗しない試着のポイント
 スーツの流行には要注意
 セクシーさを上品に演出するには
 着やせして見える服の法則は?
 背が低い人の全身コーディネート術
 太り気味の人の着やせアイテムとは
 白い服の上手な着こなし方
 タンスに眠った服の再活用術
色づかいの秘訣
 色づかいはこのポイントを押さえて
 憂うつな日こそ明るい服を着よう
 グレーやブルーでおしゃれに若返る
 疲れた顔の近くには白いアイテムを
 年をとったらカラフルな色を
小物づかいのポイント
 毎日使う小物こそ良質なものを
 「自分の色」にこだわって集める
 似合う小物はゴールドかシルバーか
 ゴールドとシルバーの賢い使い分け
 「一点豪華主義」がよくない理由
買い物で後悔しない秘訣
 バーゲンで失敗しないコツ
 衝動買いを減らすには
 ブランド店には着飾って出掛けよう
 背の低い人はキッズコーナーが穴場
 靴をメインに考えて服を買う
 取り扱い方法も忘れずにチェック


9 洗濯、アイロンがけから保管術まで
ウェアのお手入れ いざという時役立つ便利ワザ


洗濯がきれいに仕上がる裏ワザ
 生成りの服に合成洗剤は使わない
 木綿の服の色落ちは塩で防げる
 木綿の黄ばみは煮洗いでスッキリ
 シルクの黄ばみを防ぐには
 手洗いマークのついた服を洗うコツ
 トレーナーの型崩れを防ぐには
 ファスナーは閉めて洗うとよい
アイロンを上手にかけるコツ
 アイロンがけをラクにする裏ワザ
 プロに学ぶアイロンがけのコツ
 プリーツスカートに上手にかけるには
 袖口の汚れを落ちやすくする方法
 テカリはスチームアイロンで取る
 ワイシャツの襟のアイロンがけのコツ
 服についたにおいはアイロンで消す
 伸びたセーターの袖口を直すには
賢い衣類の保管術
 防虫剤は使い方一つで効果が激変
 衣類を長持ちさせるお手入れ法
 脱いだ服をしまう前にすべきこと
 背広の襟は立ててしまう
 タオルや輪ゴムで肩山の型崩れを防ぐ
 クリーニング前のチェックポイント
 ビニール袋ははずして保管
シミ、汚れ対策のポイント
 ファンデーションを落とすには
 泥ハネは掃除機で吸い取る
 汗のくまどりを落とすコツ
 防水スプレーで汗ジミも防止できる
 セーターの毛のにおいを取り除くワザ
困った時の応急処置術
 外出先で裾がほつれたら……
 毛玉は軽石で退治する
 オシボリでできるワイシャツの手入れ
 ファスナーに絡んだ布をとるには
 ブラジャーの肩ひもが落ちるときは

抄録

   色あせたジーンズを蘇らせる法


 新しいジーンズをほかの衣類と一緒に洗うと、青い色が移ってしまって、台無しになってしまうことがある。それだけジーンズは色落ちしやすいのである。
 だが、その性質を逆に利用すれば、色あせたジーンズを元の鮮《あざ》やかな色へと戻すことができる。
 新品のジーンズと古いジーンズを一緒に洗濯機に入れて洗うだけ。新しいジーンズは程よく色落ちし、古いジーンズもかなり色を取り戻して、2本ともちょうどいい具合になる。


   色落ち、型崩れを防ぐ裏ワザ


 ジーンズの洗濯は、色落ちや縮み、型崩れなどしないように気を配らなければならない。
 色落ちを防ぐには、洗濯するときにジーンズを裏返せばある程度防ぐことができるし、縮みと型崩れを防ぐには、干すときにちょっとした工夫をすればいい。
 洗いおわったあと、習字に使う文鎮を二つ用意し、それを裾に布製のガムテープでくっつけて、そのまま物干し竿に干す。文鎮の重みでジーンズが下に引っ張られ、縮みや型崩れを防ぐというわけである。
 ただし、この裏ワザは、ビンテージ物などジーンズの生地が弱くなっているものや、破れ目のあるものにはあまり適さない。


   着回しのきくGジャン選びのコツ


 ちょっとした外出にGジャンはとても便利だ。年齢に関係なく男性でも女性でも似合うし、ジーンズはもちろん、革のタイトなパンツにもばっちり。女性なら甘口のワンピースやスカートにも不思議と似合ってしまう。
 最初に買うGジャンはそんな着回しのきくものを選びたい。
 それには三つのポイントがある。それが“シンプル”“コンパクト”“濃いめの色”である。
 まず、あまり派手な装飾やフリンジが付いたようなものは避ける。
 どんな服装にもマッチするように、できるだけシンプルでオーソドックスなデザインを選ぶこと。
 そしてあまり大きめのゴワゴワしたものでなく、適度に体にフィットするコンパクトなものを選ぶ。
 これなら例えばシャツ代わりにジャケットの下に着ることもできるし、インに着て同色のロングスカートと組み合わせるとワンピース風にもなる。
 さらに、色は薄めのブリーチよりも、黒やインディゴブルーなどの濃いめの色のほうが、さまざまなスタイルで着こなせて重宝する。
 ベーシックに活躍する1枚目を選んだら、2枚目からはカラーやシルエット、ディテールにこだわって自分らしいおしゃれを楽しもう。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。