芥川賞・直木賞
芥川賞受賞作品 |  ▼直木賞受賞作品


芥川賞
abさんご ■第148回受賞作
abさんご
[著]黒田夏子
全文横書き、「固有名詞」や「かぎかっこ」「カタカナ」を一切使わない、日本語の限界に挑む超実験小説。
冥土めぐり ■第147回受賞作
冥土めぐり
[著]鹿島田真希
あの過去を確かめるため、私は夫と旅に出た――著者の新境地であり、最高傑作。
時が滲む朝 ■第139回受賞作
時が滲む朝
[著]楊逸
天安門事件から北京五輪前夜まで…民主化をねがう等身大の中国人を描き切った、中国人作家による衝撃の芥川賞受賞作!
ひとり日和 ■第136回受賞作
ひとり日和
[著]青山七恵
20歳の知寿が居候することになったのは、71歳の吟子さんの家。奇妙な同居生活の中、知寿はキオスクで働き、恋をし、吟子さんの恋にあてられ、成長していく。
八月の路上に捨てる ■第135回受賞作
八月の路上に捨てる
[著] 伊藤たかみ
30歳の誕生日に、妻と離婚する予定の敦。同僚のシングルマザー・水城さんに結婚生活の顛末を尋ねられるまま語りはじめる……。
蹴りたい背中 ■第130回受賞作
蹴りたい背中
[著]綿矢りさ
高校一年のにな川とハツはクラスの余り者同士。臆病ゆえに孤独な二人の関係のゆくえは!?…史上最年少、第130回芥川賞受賞作品。
しょっぱいドライブ ■第128回受賞作
しょっぱいドライブ
[著]大道珠貴
港町に暮らす34歳のミホが、九十九さん(なで肩で筋肉がなく七面鳥のように皮膚のたるんだ天然パーマのへなちょこ老人)と同棲するに至るまでの奇妙な顛末。
パーク・ライフ ■第127回受賞作
パーク・ライフ
[著]吉田修一
せつないほどリアルな風景。東京の「今の空気」を描くのは吉田修一だ! 男と女の微妙な距離感を描く、芥川賞受賞作!
猛スピードで母は ■第126回受賞作
猛スピードで母は
[著]長嶋有
小学生の慎と母は母子家庭。その母が「結婚するかも」と恋人を紹介して……第126回芥川賞を受賞した傑作短篇集!
中陰の花 ■第125回受賞作
中陰の花
[著]玄侑宗久
現役僧侶でもある著者が、生と死を独特の視点から描いて選考委員全員の支持を集めた、第125回芥川賞受賞の表題作。
きれぎれ ■第123回受賞作
きれぎれ
[著]町田康
絵描きの「俺」の趣味はランパブ通い。高校を中途で廃し、浪費家で夢見がちな性格のうえ、労働が大嫌い。当然ながら金に困っている。
笙野頼子三冠小説集 ■第111回受賞作
笙野頼子三冠小説集
[著]笙野頼子
野間文芸新人賞受賞作「なにもしてない」、三島賞受賞作「二百回忌」、芥川賞受賞作「タイムスリップ・コンビナート」を収録。
妊娠カレンダー ■第104回受賞作
妊娠カレンダー
[著]小川洋子
臨月の姉に、毒に染まったジャムを食べさせる妹……心理と生理のゆらぎを繊細に描く芥川賞受賞の表題作ほか2篇。
ネコババのいる町で ■第102回受賞作
ネコババのいる町で
[著]瀧澤美恵子
行き場のない幼い少女の心をなぐさめるのはネコたち。生みの親が不在の家庭で、恵理子は人間のきずなというものを学んで成長していくが……。
ダイヤモンドダスト ■第100回受賞作
ダイヤモンドダスト
[著]南木佳士
火の山を望む高原の病院。そこで看護士の和夫は、様々な過去を背負う人々の死に立ち会ってゆく。絶賛された第100回芥川賞受賞作。
他の作品をCHECK!
■第147回受賞 鹿島田真希作品
■第146回受賞 田中慎弥作品
■第146回受賞 円城塔作品
■第144回受賞 西村賢太作品
■第139回受賞 楊逸作品
■第136回受賞 青山七恵作品
■第135回受賞 伊藤たかみ作品
■第133回受賞 中村文則作品
■第130回受賞 綿矢りさ作品
■第128回受賞 大道珠貴作品
■第127回受賞 吉田修一作品
■第126回受賞 長嶋有作品
■第125回受賞 玄侑宗久作品
■第122回受賞 藤野千夜作品
■第120回受賞 平野啓一郎作品
■第116回受賞 柳美里作品
■第115回受賞 川上弘美作品
■第111回受賞 笙野頼子作品
■第104回受賞 小川洋子作品
■第102回受賞 瀧澤美恵子作品
■第100回受賞 南木佳士作品
■第59回受賞 丸谷才一作品
■第50回受賞 田辺聖子作品
■第46回受賞 宇能鴻一郎作品
■第44回受賞 三浦哲郎作品
■第43回受賞 北杜夫作品
■第38回受賞 開高健作品
■第33回受賞 遠藤周作作品
■第28回受賞 松本清張作品
■第28回受賞 五味康祐作品
■第22回受賞 井上靖作品

直木賞
鍵のない夢を見る ■第147回受賞作
鍵のない夢を見る
[著]辻村深月
町の中に、家の中に、「犯罪」の種は眠っている…ささやかな欲望が引き寄せる奈落を鮮やかにとらえる傑作五篇!
月と蟹 ■第144回受賞作
月と蟹
[著]道尾秀介
家にも学校にも居場所が見つけられない小学生の慎一と春也は、ヤドカリを神様に見立て、ささやかな儀式をはじめた―少年たちのひと夏が切なく胸に迫り、深い余韻が胸を衝く受賞作。
小さいおうち ■第143回受賞作
小さいおうち
[著]中島京子
最終章で浮かび上がるタキの秘密の想いに胸を熱くせずにおれない、上質の恋愛小説。山田洋次監督で映画化。
廃墟に乞う ■第142回受賞作
廃墟に乞う
[著]佐々木譲
犯罪は、捜査員の心までも傷つける──。任務によるPTSDで休職中の刑事が事件に取り組む、直木賞受賞の警察小説。
利休にたずねよ ■第140回受賞作
利休にたずねよ
[著]山本兼一
「侘び茶」を完成させ、「茶聖」と崇められている千利休。その伝説のベールを、思いがけない手法で剥がしていく長編歴史小説。
私の男 ■第138回受賞作
私の男
[著]桜庭一樹
空虚を抱え、愛に飢えた親子が冒した禁忌、許されない愛と性の日々を、圧倒的な筆力で描く直木賞受賞作。
まほろ駅前多田便利軒 ■第135回受賞作
まほろ駅前多田便利軒
[著]三浦しをん
東京のはずれのまほろ駅前で、ひとり便利屋を営む多田啓介のもとに、高校の同級生・行天春彦が転がりこんだ。多田・行天の魅力が全開。
花まんま ■第133回受賞作
花まんま
[著]朱川湊人
まだ幼い妹がある日突然、母のお腹にいた時のことを話し始める。それ以降、電車でどこかへ行こうとしたり、習ったことの無い漢字を書いたり…
対岸の彼女 ■第132回受賞作
対岸の彼女
[著]角田光代
30代、既婚、子持ちの「勝ち犬」小夜子と、独身、子なしの「負け犬」葵。性格も環境も違う二人の友情は成立する!?
空中ブランコ ■第131回受賞作
空中ブランコ
[著]奥田英朗
04年直木賞受賞作! ジャンプができないサーカス団員、刃物が怖いヤクザ。彼らを診るのは最強にヘンな精神科医だ!
邂逅の森 ■第131回受賞作
邂逅の森
[著]熊谷達也
当時の狩猟文化はもちろんのこと、夜這い、遊郭、炭鉱、男色、不倫など、近代化しつつある大正年間の「裏日本史」としても楽しめる冒険時代小説。
星々の舟 ■第129回受賞作
星々の舟
[著]村山由佳
家という一隻の舟に乗り、時の海を渡る一家。禁断の恋に悩む兄妹 、戦争の傷を抱える父…愛とは、家族とはなにかを考えさせる一作。
あかね空 ■第126回受賞作
あかね空
[著]山本一力
江戸・深川の豆腐屋二代の有為転変を、きめ細やかに描いた傑作人情時代小説。選考委員激賞の直木賞受賞作!
愛の領分 ■第125回受賞作
愛の領分
[著] 藤田宜永
大人の男女の愛憎、心の陰影を妖しく描いた直木賞受賞作。母親への想いを綴った、自伝エッセイも収録。
プラナリア ■第124回受賞作
プラナリア
[著]山本文緒
乳ガンの手術後、何をしてもかったるい25歳の春香。私の向かう先は?出口はどこ?“働かない”女たちを描く短篇集。
緋(あか)い記憶 ■第106回受賞作
緋い記憶
[著]高橋克彦
古本屋でみつけた昔の住宅地図には、あの家だけ載っていなかった――忘れていた恐怖が甦る、直木賞受賞の傑作ホラー!
遠い国からの殺人者 ■第101回受賞作
遠い国からの殺人者
[著]笹倉明
「じゃぱゆきさん」と呼ばれた外国人女性たち、経済大国ニッポンの底辺に生きる彼女たちの姿が、法廷での関係者の供述から次第に明らかにされていく感動作。
最終便に間に合えば ■第94回受賞作
最終便に間に合えば
[著]林真理子
大人の情事を冷めた目で捉えた表題作に、古都を舞台に年下の男との甘美な恋愛を描いた『京都まで』の直木賞受賞二作品ほかを収録する充実の短篇集。
炎熱商人 ■第87回受賞作
炎熱商人
[著]深田祐介
炎熱の地フィリッピンで困難な国際ビジネスに情熱を燃やす男たちの世界を、壮大なスケールで描きあげた直木賞受賞作。
離婚 ■第79回受賞作
離婚
[著]色川武大
ぼくたち二人はおたがい納得して「離婚」したのです。ところがどこでどうなってしまったのでしょうか、ぼくはいつのまにか、「もと女房」のアパートに住みついて…
暗殺の年輪 ■第69回受賞作
暗殺の年輪
[著]藤沢周平
武士の非情な掟の世界を、緻密な構成で描いた直木賞受賞作と、「黒い繩」「ただ一撃」「溟(くら)い海」「囮」の全5作品を収録した、初期傑作集。
手鎖心中 ■第67回受賞作
手鎖心中
[著]井上ひさし
江戸・寛政期の風俗と実在の戯作者たち、洒落や地口を綺羅星のごとくちりばめて、あまりのばかばかしさに読者が吹きださずにはいられない、傑作時代小説。
アメリカひじき・火垂るの墓 ■第58回受賞作
アメリカひじき・火垂るの墓
[著]野坂昭如
アニメ原作。空襲下の防空壕、焼け跡の闇市。敗戦前後の混乱期に 根強く生きた日本人への共感をユニークな文体で綴った直木賞作品。
雁の寺 ■第45回受賞作
雁の寺
[著]水上勉
著者の体験にもとづいた怨念と、濃密な私小説的リアリティによって、純文学の域に達したミステリー。「雁の村」「雁の森」「雁の死」も収録した著者の代表作。
鏨師 ■第41回受賞作
鏨師
[著]平岩弓枝
無銘の古刀に名匠の偽銘を切って高価な刀剣にする鏨師。その並々ならぬ技術を見破る刀剣鑑定家。火花を散らす名人同士の対決を描いた珠玉の初期作品集。
他の作品をCHECK!
■第148回受賞 安部龍太郎作品
■第147回受賞 辻村深月作品
■第146回受賞 葉室麟作品
■第144回受賞 道尾秀介作品
■第142回受賞 佐々木譲作品
■第142回受賞 白石一文作品
■第140回受賞 山本兼一作品
■第139回受賞 井上荒野作品
■第138回受賞 桜庭一樹作品
■第135回受賞 三浦しをん作品
■第133回受賞 朱川湊人作品
■第132回受賞 角田光代作品
■第131回受賞 奥田英朗作品
■第131回受賞 熊谷達也作品
■第129回受賞 石田衣良作品
■第129回受賞 村山由佳作品
■第126回受賞 山本一力作品
■第126回受賞 唯川恵作品
■第124回受賞 重松清作品
■第124回受賞 山本文緒作品
■第117回受賞 浅田次郎作品
■第117回受賞 篠田節子作品
■第116回受賞 坂東眞砂子作品
■第115回受賞 乃南アサ作品
■第114回受賞 小池真理子作品
■第111回受賞 中村彰彦作品
■第108回受賞 出久根達郎作品
■第106回受賞 高橋克彦作品
■第105回受賞 芦原すなお作品
■第101回受賞 笹倉明作品
■第97回受賞 山田詠美作品
■第95回受賞 皆川博子作品
■第94回受賞 林真理子作品
■第89回受賞 胡桃沢耕史作品
■第87回受賞 深田祐介作品
■第83回受賞 向田邦子作品
■第81回受賞 阿刀田高作品
■第79回受賞 色川武大作品
■第76回受賞 三好京三作品
■第74回受賞 佐木隆三作品
■第72回受賞 半村良作品
■第71回受賞 藤本義一作品
■第69回受賞 藤沢周平作品
■第67回受賞 井上ひさし作品
■第63回受賞 結城昌治作品
■第63回受賞 渡辺淳一作品
■第61回受賞 佐藤愛子作品
■第60回受賞 陳舜臣作品
■第58回受賞 野坂昭如作品
■第57回受賞 生島治郎作品
■第52回受賞 永井路子作品
■第48回受賞 杉本苑子作品
■第48回受賞 山口瞳作品
■第45回受賞 水上勉作品
■第43回受賞 池波正太郎作品
■第41回受賞 平岩弓枝作品
■第40回受賞 城山三郎作品
■第39回受賞 山崎豊子作品
■第35回受賞 南條範夫作品
■第34回受賞 新田次郎作品
■第34回受賞 邱永漢作品
■第32回受賞 戸川幸夫作品
■第26回受賞 柴田錬三郎作品
■第24回受賞 檀一雄作品
■第21回受賞 富田常雄作品
■第3回受賞 海音寺潮五郎作品