水島忍特集
見出し
奪われたシンデレラ 孤独な公爵は愛を知って【イラスト付】
[著]水島忍 [画]すがはらりゅう
キャッチクール貴族×健気花嫁!玉の輿ロマンス!舞踏会で出会った公爵と結婚した平民の娘エリノア。しかしなんと彼は…
「いやだわ。胸のことなんて……」
「私には重要なことだ」
 ブライアンは指先でエリノアの頬をなぞりながら、顔を近づけてきた。
 避けるひまもなく、唇を塞がれる。彼の熱い唇が自分の唇を触れ合っていると思うと、身体中がゾクゾクしてきた。
 だが、それだけではなかった。彼は舌でエリノアの唇をなぞってきた。
 急に身体が熱くなってくる。
――本文より抜粋

買われたウェディング【イラスト付】
[著]水島忍 [画]すがはらりゅう
返済代わりに出された条件は一夜だけ妻になることで…。初めての舞踏会で惹かれ合ったラファエルとエリザベス。二年後…
「キスする間も待てないとは知らなかった」
 皮肉めいた声が聞こえてきて、エリザベスは後ろから抱きすくめられていた。
「いやっ……いやよ……」
 エリザベスは小さく呻くように呟いた。彼の手が片方の胸の膨らみを包み込む。もちろん、他人に触れられたことなど一度もない場所だ。
 身体が震える。だが、寒いわけではなかった。それどころか、身体の内部はなんだか熱くて……。
――本文より抜粋

獣の王子様 花嫁は月夜に抱かれて【イラスト付】
[著]水島忍 [画]すがはらりゅう
後ろから注がれるこの灼熱は王子様?それとも獣の?もふもふ獣耳ヒーローの激しいH!
 もっとキスをしてもらいたい。抱き締められて、彼のことをもっと感じていたい。
 そんな強烈な欲求も感じる。まるで、自分が自分でないようだった。少なくとも、今までこんな気持ちになったことは、ただの一度もなかった。
 そう。彼がこんな気持ちに初めてさせたのだ。
 ロズリンは陶然としながら、彼のキスを受け入れていた。それどころか、自分から積極的に舌を絡めていた。
――本文より抜粋

ヴィクトリアン・ロマンス 夜は悪魔のような伯爵と【イラスト付】
『ヴィクトリアン・ロマンス 夜は悪魔のような伯爵と【イラスト付】』
彼の瞳は冷たく、そして官能的―没落貴族セシリアが望まない結婚から逃れた先は「悪魔伯爵」と呼ばれるニコラスの城。

買われた王女【イラスト付】
『買われた王女【イラスト付】』
王女の私が競売にかけられ愛妾として買われるなんて!祖国を滅ぼされた姫ルシェンナを買い取ったのは、富豪の青年エディック。



見出し


「作品を書く上で特に気をつけていることはなんでしょうか?」
 読者さんがヒロインと一緒になって、泣いたり笑ったり、素敵なヒーローと恋愛しているような気持ちになってもらいたいので、ヒロインの心理描写を一番大切にしています。



「ロマンス小説を書き始めたきっかけはなんですか?」
 外国のロマンス小説が大好きで、自分でも書いてみたいとずっと思っていました。私がティアラ文庫で書き始めた当時は、和製ヒストリカルはそんなにメジャーではなかったので、「日本人作家だって、ヒストリカルを書いてもいいはずだ!」という意気込みでヴィクトリアンものを書きました。今はそんなにめずらしくもないですよね。元々はBL作家なので、男女のロマンス小説はすぐ隣にあるジャンルという感じで、目新しくもあり、馴染みもあり……とにかく書いていて、とても楽しいです。



「水島先生の作品で一番お気に入りの作品はなんですか?」
 「買われたウェディング」です。ヒロインのエリザベスは貧乏な伯爵令嬢なんですが、貴族嫌いの大富豪に買われて、いじめられます。いえ、いじめって言ってもベッドでいろいろと……(笑)。あれこれ翻弄されながらも、大富豪を愛するようになるわけですが、彼も優しくなってきて、このままラブラブになるかと思いきや、実は……という逆転がラスト近くにあるところが気に入ってます。



「水島先生の一番お気に入りのヒーローは誰ですか?」
 「獣の王子様〜花嫁は月夜にも抱かれて〜」のダリウスです。感情が高ぶりすぎると狼に変身するキャラなのですが、気品のある王子なのに、野性的で情熱的なんです。ヒロインを熱烈に愛しながらも、王子としての義務に縛られて……。本来は好きになったら一直線の熱い男なのに、冷たい男を装ってみたり、真面目な王子としての面もあり、彼が見せるいろんな顔が大好きです。



「水島先生の一番お気に入りのヒロインは誰ですが?」
 「奪われたシンデレラ〜孤独な公爵は愛を知って〜」のエリノアです。彼女は父親に精神的虐待を受けている可哀想なヒロインです。一目惚れした公爵と結婚できたのはいいけど、それも父親の策略で……と、本当に本当に可哀想なんです。
本人、とても控えめだし。でも、公爵に愛されて、初めて幸せになれるんですよ。お気に入りというか、私の応援したいヒロインNo.1です。



「読者の皆さんにメッセージをお願いします」
 ヒロインが大恋愛をして、好きな人と結ばれるハッピーエンドの本を読むと、一緒に幸せな気分になれます。幸せはお金で買えないけど、幸せな気分だけはお金で買えると思うんです。私はいつでも読者さんに「幸せな気分」を提供できる作家を目指しています。
作品的には、ヒストリカルやファンタジーだけではなく、できれば現代ものも書きたいです。読者の皆さんが楽しんで読んでいただけるように努力していますので、どうぞよろしくお願いします。


(C)水島忍、すがはらりゅう/プランタン出版/ティアラ文庫