『ねこ』さんのレビュー

次の20件 →

竜の棲み処【イラスト付】【限定SS付】 著:


★★★★★ 5
純粋なタキアに戸惑うルサカ。 竜との生活に試行錯誤しながら馴染んでいこうとするルサカ。ルサカが馴染んでもらえる様に奮闘するタキア。どちらも可愛く描かれていて好きです。 (2017-01-06)


可愛い男 著: 麻生玲子


★★★☆☆ 3
出会いは、ちょっと衝撃的なカンジだけど、ありきたりなすれ違いであんまりドキドキしないかも、、、、 そういった意味では、安心して読める感じです。この価格では、高過ぎかな。 (2016-02-18)


独裁者の求愛 著: あさひ木葉


★★★★☆ 4
独裁者というとおり、痛くはないけれどヒドいです。でも、関わる事によって郁実が成長していきます。その関わりのほとんどはエロい事ですが、、、エロが充実してます。 (2015-12-17)


修羅の花嫁 〜華蜜の褥に散らされる〜 著: 橘かおる


★★★★★ 5
最初は、理不尽に陵辱されてしまう関係から始まるけれど、饗一が、御剱の気持ちに気付いてからは、ラブラブ展開に。読む程に好きになる一冊です。 (2015-12-17)


花嫁は紫龍に乱れる 著: 水瀬結月


★★★★★ 5
このシリーズは、ストーリーについては、突っ込みどころ満載ですが、キャラはみんな大好きでシリーズ全部読みました。しのぐの成長と貴砺の思いやりが素敵です。 (2015-10-16)


「僕の悪魔 ―ディアブロ―」番外編:「短編集2」 著: 成瀬かの


★★★★☆ 4
相変わらず、甘い二人の日常に嬉しくて幸せな気分になれます。 ただ、この量でこの価格は高いなぁと思います。シリーズ揃えると大変。そうはいっても、お気に入りのシリーズです。 (2015-09-25)


みずいろの夜にあまく 著: きたざわ尋子 画: 麻々原絵里依


★★★★☆ 4
最初は駄目っ子の受を受け入れられなかったけど、読み進めていくウチに、なんかヨシヨシって(馬鹿な子ほど可愛いってやつかな)なってきて、一途で可愛いって変わってきた。相変らず攻め様はそんな天然な子を良い様に可愛いがってるし。。。今回は、相馬家の末っ子が登場、末っ子とはいえ女の子なので一番しっかりしてます。んで、がっつり海里達と仲良しになっちゃいます。外的なトラブルはなくて、末っ子との内容がメインのお話になってます。 (2015-09-03)


蛇とワルツ【イラスト付】 著: 榎田尤利 画: 志水ゆき


★★★★☆ 4
シリーズの中で一番好きです。本当に扱いづらい蛇をどうにかしようと奮闘しますが、奮闘する分、情が移り気に係り・・・・裏切りが分かり袂を別つ事になるのだけれど・・・受様の切なさと純情さがグッときました。 (2015-09-03)


恋する僕のヴァンパイア 著: あすか


★★★★☆ 4
なんだか知らない間に主人公(受)愛されてます。理不尽な攻撃も有りますが、攻様ガタが、成敗してくださいます。ヴァンパイアとしての攻様ガタもカッコいいです。本編にチラッと出てくる方の物語が、スマホでは、読めないのが残念です。 (2015-08-28)


ハニーロマンス Vol.2 著: 桜井真琴山口美恵寒竹泉美 画: nira.中田恵夜桜左京


★★★★☆ 4
一作目は、女の子の願望妄想のストーリーで、素敵なお兄さんとのラブストーリー(SMよりです)。二作目は、主婦の不倫妄想のストーリー。男性教師の言葉攻めによる調教がハード過ぎず美味しいです。三作目はちょっとビョーキ気味ですが、純愛的なロマンスです。セットなので、この値段ならお得かもです。 (2015-01-21)


お兄様にはダマされない!【オレ様には敵わない!】【イラスト入り】 著: 沢城利穂 画: つたえゆず


★★★★☆ 4
相変わらずやりたい放題の弟に攻められまくりの兄。今回は、従兄が引っ掻き回します。何の意味が?って(笑) でも、やっぱりラブラブな二人です。 (2015-01-21)


副委員長には逆らえない!【オレ様には敵わない】【イラスト入り】 著: 沢城利穂 画: つたえゆず


★★★★☆ 4
相変わらずの無防備受けの兄とやりたい放題の攻弟に幼なじみがいい感じにからみます。今回は、委員長が絡んできてのストーリーですが、予想通りって感じです。個人的に、ラブラブなのになんで道具を使うかなぁ…ってところがマイナスポイントです。 (2015-01-21)


堕ちる花【イラスト付】 著: 夜光花 画: 水名瀬雅良


★★★★★ 5
三部作なので出来れば全部読んで欲しいです。 花 のせいでミステリアスな事件が起こりますが、それ以外はアマアマのエロエロです。読んでいて飽きさせない作品です。 (2014-10-10)


神花異聞【イラスト付】 著: 夜光花 画: 水名瀬雅良


★★★★☆ 4
ファンタジーよりのミステリーです。前作に比べ、主人公の能天気が気にならないので、前作でしんどかった方も楽しめると思います。 (2014-10-10)


鬼花異聞【イラスト付】 著: 夜光花 画: 水名瀬雅良


★★★★☆ 4
花シリーズですが、こちらはファンタジーよりのミステリーになっています。夜光花さんの闇系が好みの方は、肩透かしかも。主人公が、これは・・・ってくらい残念な能天気系になってます。それが気にならなければ面白く読めます。 (2014-10-10)


囚われの熱い砂【特別版】 著: いとう由貴


★★★★☆ 4
作者+囚われ ですが、痛めつける処無し なので良かったです。攻がプライドによるこだわりから開放されるまでと、受が自分の気持が愛情だと気付く、噛み合っている筈なのにすれ違う・・・って感じが良かったです。 (2014-08-19)


5人の王III【イラスト入り】 著: 恵庭


★★★★☆ 4
長い物語でした。これでもか・・・と言う位の出来事が起こり、その出来事にしても、単純な物ではなく、その度に乗り超えて。最終近くならないと、青の王の真意が見えずにハラハラさせられてあの人とあんな事になってしまうのに、私もヴァートと同じ気持ちになってしまいました。希望としては、もっと青の王とのラブラブなストーリーが欲しかったという事。番外編で有ればよかったのに、って所です。 (2014-08-15)


しあわせな恋のはなし【イラスト付】 著: 館山緑 画: 坂本あきら


★★★☆☆ 3
何年も前に一度会っただけの女の子を妻にって。。。そこをスルー出来れば、初心な男の子と女の子の話で「よしよし」って感じで読めます。 (2014-04-13)


パリの舌人形【完全版】 著: 長島槇子


★★★★☆ 4
それぞれのラストで「えーっ・・・」っと思わされます。それはないでしょ!とか、それは無理とか、なんで?とか。。。少しの残酷と不思議と幻惑の世界です。 (2014-04-04)


嘘だっていいのに 著: きたざわ尋子 画: 麻々原絵里依


★★★★☆ 4
今までの傍観者としてスタンスで海里の状況が、そのままの海里として描かれています。自分の状況が把握出来ずに切ない事にもなってしまい可哀想・・・ですが、勿論ハピエンです。でも、もうちょっと龍之介の心情が描かれていてもいいのにって思いました。またもや春海くんが良い感じのお邪魔虫です☆ (2014-04-03)


次の20件 →