『Mangrove』さんのレビュー


猛る獅竜と永遠の契りを[下] 著: 歌堂マリア


★★★★★ 5
寝る間も惜しんで読破し、抜け切れない世界と愛の深さに満足感いっぱいです。物語の発想や展開、繋がり、情景描写や表現が抜群に良いので、その場に居るような臨場感がありました。上巻同様、内容については触れませんが、迷われていらっしゃるなら、参考にするのは”解説”くらいにしておいて、先入観なしで楽しんで欲しいです。何処までも引きずり込んで行ってくれると思います。物語は「天に歌い 大地と踊る」と世界を共有していました。全く別のお話で、個人的には、この「猛る獅竜と 永遠の契りを」の方が好きですが、どちらも夢中で読んだことに変わりはありません。お話の面白さだけをとれば、BLファンタジーか否かは問題ではなく、ファンタジーやBLが好みでなくても楽しめると思います。 (2014-09-17)


猛る獅竜と永遠の契りを[上] 著: 歌堂マリア


★★★★★ 5
内容については触れませんが、【一章】を読めば続きを読まずにはいられないでしょう。他の方もコメントされていらっしゃいましたが、読み始めて間も無く物語に引き込まれて行きます。織り込まれている物語もさる事ながら「BL」の域を凌駕する独特の世界観は、幻想的で美しく、BLカテゴリに収めておくのは勿体無いくらいです。読み応えは充分にあるので、簡単な恋愛物に飽きていらっしゃる方、物語に奥深さを求めていらっしゃる方には、期待を裏切らない一冊になると思います。上巻を読み終えた今、下巻を、喉が渇くのと似た衝動で購入しました。改めてTOMOEさんのイラストをまじまじと見つめると、それにしか見えないくらい、イメージにぴったりの二人ですね。 (2014-09-15)