ホラー短編傑作選 兇〈弐〉』のレビュー

トータル評価 ★★★★☆ 3.9(14)

5 (5)
4 (4)
3 (4)
2 (1)
1 (0)


レビューを書く

 
★★★☆☆ 3

mugiさん
2014-04-21
皆様が仰る通り、前作に比べてガタッと質が落ちましたね。文章力が全作家稚拙なのは、所詮携帯小説だからと何とか割り切れますが、無駄な文章が多過ぎて読むのが苦痛になります。*梅津さん:★3。展開の先が読めてしまう。5と6は蛇足。グダグタした会話を纏めて、4章の最後の台詞でスパッと終われば★4。*青山さん:★4。最初のスパムがフリメか本アド、どちらに届いたメールかは非常に重要な点。記述が無いのはそこを誤魔化す為にわざと?*喪:★3。見えない敵の正体がベタ過ぎてガッカリ。ここで良い意味で期待を裏切ってくれたら★4。*狂気さん:★3。サクサク進んでオチも良い。ただ、人が次々にあっさりぐちゃぐちゃ死ぬのは逆にリアリティが感じられない。恐怖も苦痛も狂気も伝わって来ない。周囲と主人公、双方がおかしいのは無理がある。どちらかだけが異常な設定で書かれていたら★4。

★★★★★ 5

おたきさん
2013-03-10
狂気先生、青山先生の話が個人的に好きです!!ホラーとゆうには怖さは強いとは思わないけど、サクサク読める!でも読み始めたら続きが気になる!って感じです(笑)

★★★★☆ 4

タエさん
2012-11-06
各作家さんの作風が特徴的で読んでいて、ストーリーに飲み込まれそうでした。金額的にもお得だと思います。

★★★☆☆ 3

ysnakさん
2012-08-29
全般的にこれをホラーと呼ぶのかなぁとは思いましたが、物語としてはそれなりに面白かったです。少なくとも損した気分にはならなかったので。

★★★★★ 5

めいさん
2012-08-03
とてもおもしろかったです!あまり怖くなくて、楽しく読めました!次回作が楽しみ♪

★★★☆☆ 3

本大好きさん
2012-05-08
今回も楽しみにして購入しちゃぃました。前回に比べるとホラー感覚が少々甘い感じです。でもヤッパリ狂気氏は裏切らなかった(笑)何だかんだ言いながら、次回も買っちゃいます!楽しみ

★★★★★ 5

ゲストさん
2012-05-01
大満足!!特に小鶴先生の作品は映像的で新鮮でした。次も楽しみです。

★★★☆☆ 3

春楓さん
2012-04-30
やはり壱巻に比べると物足りなさを感じました。3話目の死バナの無駄に長い効果音(?)は短編集には向かない気が…あの文字書くならちゃんと最後の結末を書いて欲しかったです。前作が良かっただけに残念です。

★★★★☆ 4

ゲストさん
2012-04-25
前作も購入し面白かったので、今回も購入しました!良かったです!!次が出るのが楽しみ(≧∇≦)

★★★★☆ 4

ヤナセさん
2012-04-17
前作に引き続き購入しました。どの作品も面白かったのですが、終わりかたがしっくり来なかったりで…。しかし小鶴さんの作品は読んだことがなかったので、文章に一気に引き込まれました。狂気先生のはスプラッター控え目かな?と思いましたがやるときはやっぱり、って感じでした。それでもやはり前作の方がこのみだったので★はマイナス1。そのうち書籍化しませんかね…

★★★★☆ 4

ゲストさん
2012-04-15
前作も面白かったので、今回も期待して購入。結果、予想通りの満足のいくものでした。ただ残念なのが、死ナバ〜を既に読んでいたので実質3話分しか新作が読めなかったのがマイナス。

★★☆☆☆ 2

ゲストさん
2012-04-14
「ホラー短編傑作選 兇」が好きだったので今回も購入しましたが、正直、今作は買わないほうが良かったと思いました。全ての作品内容が薄く、またホラー要素もあまり感じられませんでした。

★★★★★ 5

フリーダムさん
2012-04-14
梅津裕一先生、狂気太郎先生が好きで購入しました。今回も色んな狂気に触れることが出来て愉しめました。アンソロジーは名前を知らなかった他の作者さんを知ることも出来ていいですね。私は小鶴先生を知らなかったのですが、心理描写には強く引き込まれました。ただ最後は演出なのかもわかりませんが、多少字数稼ぎのようにも見えてしまい少し残念でしたが…。兇シリーズ、次も期待しています。

★★★★★ 5

ゲストさん
2012-04-13
待ってました!こんなに色々読めて本当にお買い得です!狂気さんの完成度はやっぱりすごいです。梅津さんも良かった。喪はラスト母親だったんでしょうか?気になります。ニートの話も面白かった