逃げそこね』のレビュー

トータル評価 ★★★☆☆ 3(6)

5 (0)
4 (2)
3 (3)
2 (0)
1 (1)


レビューを書く

 
★☆☆☆☆ 1

まりりんさん
2014-02-07
ヒロインがイヤイヤ叫ぶばかりなのは乙女系ではありがちだからまだいいとして、当て馬を納得させるほどの理由もなく悪いやつにしたてあげて酷いことしたヒーローが俺いいやつといわんばかりに自己評価をあげる話が大嫌いです。この話はまさにそれで、読み進めるたびにかなり興ざめしました。好きなひとを虐める趣向はわかるけど当て馬のこととやかくいえるのか。あとがきでヤンデレと腹黒をアピールしてありましたが、ヤンデレではなく追いかけるしか脳がない幼稚な男です。なにかあれば虐待ばかり一体これのどこが腹黒?こういうのはただの卑怯な男。しまいにはオレッテイイヤツな美談にすりかえるご都合主義すぎて嫌になりました。ヒロインも自己陶酔型だし文章は三人称なのに一人称が妙なとこでまざっていて読みづらい。ベッドシーンも萌えるところや工夫もなく・・買って後悔しました。

★★★☆☆ 3

ままごんさん
2014-02-08
ソーニャ文庫さんの電子書籍を楽しみにしていて、あらすじを読みすぐに購入しました。話の系統は好きなんですが、ヒーローとお兄さんの違いがでてないし、ヒロインが何故ヒーローを選んだのかも微妙でした。お兄さんの妄愛の方が好きな方もいらっしゃると思います。悪者に思えなくてモヤモヤ。絵がいい感じなので、こんな評価です。

★★★☆☆ 3

サハラ砂漠さん
2014-05-08
作者の他社出版の作品を読み気に入っていたのでこちらも読んでみようと購入したのですがヒロインに対してのヒーローの振る舞いが単なる稚拙で嫌な男という印象が強すぎて私の中では残念な感じです。

★★★★☆ 4

MIHOさん
2014-02-07
冒頭のマリアンナがひたすら可哀想でしたが…。厄介な双子に気に入られてしまったヒロインです。かわいらしいのに凜としているのに好感が持てます。レオナルドの言葉と行為のギャップがツボでした。最後に気持ちが通じ合ってラブラブになってよかった♪未亡人と神父のその後が気になりますが、お話にしたらものすごく濃くなりそうですね。

★★★☆☆ 3

Mamaさん
2014-02-07
双子のどちらも性格曲がってませんか?さらっと読めますが印象には残りにくい作品です。

★★★★☆ 4

クロンさん
2015-11-27
ヒロイン、マリアンナは故郷の湖で会った謎の紳士が忘れられない初恋だった。その思いを胸に秘めながら王都で社交界デビューをしたが、ことごとくヒローレオナルドに嫌がらせを受けた。ヒローは漆黒の黒髪、漆黒の瞳に官能的な唇、長身で甘い色香のある男性だった。このヒローに追い詰められながら…無理矢理、純潔も奪われ結婚も強制的にさせられてしまう。が、シーンはとても官能的な文帯、表現力、ヒローの嗜虐心が見事に甘く描かれていた。それと後半にレイ神父の全貌が分かってくる。この時代背景が王族と教皇の権力の争いも取り入れられてとても工夫されたストリーだった。私好みで言えばレイ神父も好きなタイプだったので漫画家だったら是非このストリーを書いてみたい。色香漂うヒローと麗しいレイ神父を・・・(^_^)