本日、怪獣を預かりまして』のレビュー

トータル評価 ★★★☆☆ 3.3(3)

5 (1)
4 (1)
3 (0)
2 (0)
1 (1)


レビューを書く

 
★☆☆☆☆ 1

すーさん
2014-03-18
家族について考えさせられた話ではありましたが…私にはどうにも合いませんでした。 こういう話なら、どうせならHシーンはさらりと書いてくれたほうがよかったし、受や攻の魅力もよくわからなかったし、くっつく過程も急すぎてついていけなかったです。ネタバレになるんで詳しく書きませんが、後半の話についてはもっと丁寧な心理描写がないとなんだか納得できませんでした。普通の人は感動して泣くのでしょうか。私には後味の悪さが残りました。

★★★★★ 5

ゲストさん
2014-03-16
とある家族のカタチを描いたホームドラマです。二度目ましてで腹違いの弟を押しつけられ、オイオイ…なレベルから子守りをはじめる根暗の受け。それを時にきびしく、そしてやさしくサポートしてくれる攻め。ぎゃーぎゃーしてる受けの成長を見守る攻めが良いです。ところで、このお話は弟の子守りだけでは終わりません。予定調和に目じりを熱くさせたのち何度かの小さな衝撃をもたらしつつ、あたたかく終わります。感慨無量。

★★★★☆ 4

びっくらこさん
2014-03-24
幸せな読後感です。欲をいうならこの一冊の本の中で詰め込まれた内容を三冊くらいに膨らませて読んでみたい。