愛し、愛され、踏まれたい。』のレビュー

トータル評価 ★★★★★ 5(2)

5 (2)
4 (0)
3 (0)
2 (0)
1 (0)


レビューを書く

 
★★★★★ 5

Rinさん
2014-07-05
シリーズのサンプルを読んでずっと気になっていたのですが、文庫本を見つけて購入。感想はとにかく面白かった!! イケメンなのに足フェチな男ってどうなの(笑) 第4章までありますが、別荘でのプロポーズの話が良かった! 二人が再会したのは偶然だったのかな? プロポーズの後はどうなるの? もっと続きが読みたいです!! ヒーローは足フェチでヒロインに虐げられるのが好きな変態で、ヒロインはノーマルですが性格的に罵倒するシーンが多いので、興味を持った方には是非オススメです! (作者後書きにもありますがそこまで本格的ではないので) 徳間文庫の表紙は秋吉ハルさん、寝そべるヒーローとヒロインの足!が印象的です。

★★★★★ 5

萌えつぶ。さん
2014-07-03
変態綾瀬君再びッ!です。お手持ちのデバイスのサイズによってページ数が違うのであれなんですが、今回は他の三冊と違って短いです。綾瀬君の突き抜ける変態さM度さに、最初イラつきを覚えたのですが、常識を持って接する麗香の心情に納得。性癖以前にもっとしなけれはいけないことがあるだろう、と。そんな彼女の心に触れ、「変態さはそのまま」に、綾瀬君の真摯な気持ちが伝わって、相変わらず面白かったです。ちなみに、本作を含む「蹴って、踏みにじって、虐げて」シリーズ全4作をまとめた書籍が発売されるそうです。足フェチ、M男、変態、イケメン、にピピッと来た方はこのシリーズお勧めしたいです。ラブコメです。