猛る獅竜と永遠の契りを[上]』のレビュー

トータル評価 ★★★★★ 5(2)

5 (2)
4 (0)
3 (0)
2 (0)
1 (0)


レビューを書く

 
★★★★★ 5

たまニャンさん
2014-09-10
イラストがとても綺麗だったので購入してみました。BLやラノベでこういう絵って見かけないので、ちょっと珍しい。初めて買う作家さんでしたが、イラストの雰囲気にぴったりの文章で、文章量もボリュームたっぷりです。BLだと思って買ったんですが、海外の翻訳ファンタジーみたいな重厚さで、最初はちょっととまどいました。あっさりとしたBLファンタジーを読みたい時には不向きかも。独特の世界観と重層的なエピソードで、謎が謎をよんで、どんどん引きこまれました。時間を忘れて読んだのは久しぶりです。BLらしいシーンもあるんですが、いらないかも。それくらい先の展開が気になる。でも男らしい攻めに愛される主人公は綺麗で、ドキドキします。攻めのグウィンザは大人で、頼れる男なんですが、そばにいるエリュイのせいで、だんだんおかしくなってます。つづきが気になります。でも長いので、スマホをめくる手と目が疲れました。できれば電子書籍ではなく本で読みたかったです。

★★★★★ 5

Mangroveさん
2014-09-15
内容については触れませんが、【一章】を読めば続きを読まずにはいられないでしょう。他の方もコメントされていらっしゃいましたが、読み始めて間も無く物語に引き込まれて行きます。織り込まれている物語もさる事ながら「BL」の域を凌駕する独特の世界観は、幻想的で美しく、BLカテゴリに収めておくのは勿体無いくらいです。読み応えは充分にあるので、簡単な恋愛物に飽きていらっしゃる方、物語に奥深さを求めていらっしゃる方には、期待を裏切らない一冊になると思います。上巻を読み終えた今、下巻を、喉が渇くのと似た衝動で購入しました。改めてTOMOEさんのイラストをまじまじと見つめると、それにしか見えないくらい、イメージにぴったりの二人ですね。