華の命は今宵まで』のレビュー

トータル評価 ★★★★★ 4.5(2)

5 (1)
4 (1)
3 (0)
2 (0)
1 (0)


レビューを書く

 
★★★★☆ 4

あおいさん
2015-08-22
けっこうなボリュームで満足しました。好きな作家さんなので購入しましたが、やはり安定していて読みやすかったです。主人(子爵家の養子)×使用人カップルでしたので、逆に安定感ありすぎて★が-1です。昼メロ展開をねらったそうなのでそういう意味では作者の意図通りでした。攻めはイケメンで優しく、受けが素直で可愛いです。

★★★★★ 5

オデッサさん
2015-08-23
  これは読み応えがありました。爵位返上寸前の小一森光範子爵をめぐる騒動。当主の光範は先代実父の横暴を償う覚悟で実道を養子に、作兵衛を庭師に、透は雑用係に。登場人物は断絶に追い込まれて復讐を誓う綾川子爵の遺児、実業界を操る黒幕、陰謀と策謀が幾重にも織り込まれます。   ・・・   光範の善意に遺児は復讐心を溶かれ、純愛に  ・・・ 多すぎない京都弁が上手く馴染んでいます。  ・・・  推測ですが、木崎伯爵三男幸正は中学時代に苛めた透を好きだったみたい。