オオカミの言い分』のレビュー

トータル評価 ★★★★☆ 4.3(3)

5 (1)
4 (2)
3 (0)
2 (0)
1 (0)


レビューを書く

 
★★★★☆ 4

loloさん
2015-12-25
なかなか面白かったです。オオカミといいながら無理矢理じゃないから紳士で良かった。やり取りも面白かったし、受も一応先輩の立場の攻にいろいろ言っちゃうあたり生意気なのかと思いきや真面目で好感度は上がりました。エロはすくないですが、二人のこの先も気になります。お仕事的にはそんなガッツリ絡む訳じゃないけど、攻がテレビに出ちゃってるのでスキャンダル的な騒動にまきこまれます。この二人の感じが好きなんで私は楽しく読めました。攻があんな調子だけど受に出会ってからは受一筋な感じも好みです。鈍いノンケの受はアピールも気づいてないですがそんな感じだから余計にやり取りが面白かった。

★★★★★ 5

Peatさん
2016-01-11
その後も読みたくなる本ですが、面白いゆえのことだと思います。そんなに暇なのか?と思うくらい一緒にいますが、恋の進展具合がツボでした。

★★★★☆ 4

AnnaRoseさん
2015-12-24
主人公もお相手も弁護士ですが、所属事務所は異なります。有能でテレビ番組にも出ていて知名度も高く、ハイスペックなゲイのお相手に主人公が見染められたという形でお話は進みます。かなりの高確率で昼食に同席されたり、また主人公はお相手の事務所の職員の女性が目当てなので向こうの事務所の忘年会に招いたりと、さりげなくまとわり付かれています。事務所が違うということもあり、お仕事のお話は通り一遍にこういう案件があるというだけですから、真剣なお仕事ものを期待なさいませんように。筋金入りのゲイであるのにお相手は後半女優のスキャンダルに巻き込まれます。この流れは芸能界とテレビ業界とゴシップという、売れれば何でも良いという、とてもいい加減な出来事で実際ありそうな話でした。深刻なところがなく、軽く楽しく読めました。脇役ですが、双方の事務所のボス弁が良い感じです。