王太子の情火』のレビュー

トータル評価 ★★★★☆ 4.3(4)

5 (2)
4 (1)
3 (1)
2 (0)
1 (0)


レビューを書く

 
★★★☆☆ 3

まつさん
2016-04-07
ソーニャらしい屈折した愛の形です。心の傷から人の愛情を信じられずヒロインを憎まれることで深い思いをもってもらおうとするヒーローが痛々しいです。最後ハッピーエンドですが、もう少しハッピーなシーンがほしかったです。

★★★★★ 5

Rinさん
2016-04-08
ソーニャさんのコンセプト通り『歪んだ愛』でした!! 男爵令嬢ヒロインは婚約したばかりなのに王太子ヒーローに攫われ、陵辱され… 『正しい恋』をしていると感じていたヒロイン→よく考えると正しい恋っておかしい、自分の中でいい子でいよう・両親の望むことを…という気持ちがあったんでしょうね。おとなしい淑女の姿よりも昔のヒロインに戻ってほしい・いつか消える愛情より一生憎んで忘れないでいてほしいというヒーローの想いが最後の章に全て描かれていますが、ヒロインとその婚約者を傷つけたものの改めてヒーローも被害者だと。王太子としての立場より、ヒロインに殺されるのが願いだったのでしょうね。作品の評価としては私は☆5にしますが、ベッドでの行為を秘書に見学させたり、さらに口で奉仕させるシーンもあり、そういうのがダメな方にはオススメしません。イラストも作品にとても合っていて良かったです!! 

★★★★★ 5

あいさん
2016-04-08
ヒーローの歪みっぷりがなかなかな作品でした。 なぜヒロインに執着してるのか謎な感じで話が進んでいき、そんな中のヒーローの鬼畜ぶりと変質ぶりが「うわぁ〜っ」って感じでした 笑。話が進むにつれヒーローの歪んでいった理由やヒロインの生い立ちや心情が解き明かされる中、エロもエスカレート、、、第三者を交えるシーンも少しあるので、苦手な方は苦手かも・・・でも、第三者と最後まではしないです★ハラハラしながら最後はちゃんとパッピーエンドになる感じだったのでよかったです。欲を言えば後日談もほしいなぁと思いましたが、作者のコメントで少し後日予想談?みたいなのがあったので、少しすっきりしました。イラストもきれいで、物語のイメージがしやすかったです。

★★★★☆ 4

結菜さん
2016-04-08
ヒーローが病んでいてヒロインに執着し、異常な行動も見られます。典型的なソーニャらしい作品と言えるかと思います。面白くページ数は600ちょっとなので最後までサクッと読めますが何か物足りないような感じがしました。イラストはとても綺麗なのですがヒロインの性格がブレているのか感情移入ができません。芯の強い女性なのか、ただの不安定なだけなのか。最後までヒロインの性格が把握出来なかったです。ヒーローは辛い幼少期を過ごし、ヒロインの存在が心の支えになってなっているようですが、これも、よくある設定ですね。もう少し何か欲しかったです。