魔術師と鳥籠の花嫁』のレビュー

トータル評価 ★★★★☆ 3.5(6)

5 (3)
4 (0)
3 (1)
2 (1)
1 (1)


レビューを書く

 
★★★★★ 5

Rinさん
2017-12-07
望まぬ結婚を前に悲しんでいた男爵令嬢ヒロインの前に現れたのは、初恋の相手で侯爵でもある魔術師ヒーロー。いきなりさらわれ、純潔を奪われ、屋敷に閉じ込められ…。一度しか逢ったことがないのにヒーローの想いが一方的で疑問に感じたが、読み進めるとヒーローの孤独が分かり、またヒロインに対する執着・囲いこむための策略が恐ろしいほどで、ヒロインの優しさとは正反対。評価も好みで分かれる作品だが、ソーニャのコンセプトに沿った作品。ヒーローはヒロインのためなら他人を犠牲にしてもよいほどのとても酷い男だが、王弟殿下もかなり酷そう。王弟殿下のストーリーが出たら是非読みたい。

★★★★★ 5

プリンちゃん命さん
2017-12-09
悪役もびっくりの清々しいくらいの真っ黒なヒーロー!まさに計画通りというやつですね。大好物です。好みは分かれると思いますが、実にソーニャらしい作品で、腹黒執着系が好きな人にはおススメです。最後は一応ハッピーエンドですし。王弟殿下のスピンオフを熱望します!

★☆☆☆☆ 1

だーのーさん
2018-03-14
この作家さん、名前を見たら購入するほど好きなんですが、この作品だけは無理でした。ネタバレですが、ヒーローがヒロインの記憶やら人格やらを魔法で改竄します。別人になります。というか、身体さえあればいいんじゃないの?と。これまでのこの作家さんのヒーローのような愛を全く感じません。唐突に拐って犯して記憶をいじり終いには人格も他の人にしてしまいます。最後には人格は戻すんですが、やはり記憶をヒーローの都合の良いように変えてます。魔法でなんでもやります。ご都合主義の話で本当につまらなかった。歪んだ愛ではないです。独りよがりの自分さえ良ければいいヒーローの話でした。前の人も言ってますが、読んでいて、イライラしっぱなしでした。ヒロイン可哀想でした。結局、ヒロインは記憶を変えられてることも、人格を変えられたことも気づかないまま、ヒーローを好きになってめでたしめでたし。かなりつまらなかったです。私にとって最悪でした。二度と読みたくないです。

★★☆☆☆ 2

めーさんさん
2018-03-25
ヒーロー完全に病んでる感じで、読み進めていくうちに、納得出来る展開があるのかな?と思ってたけど、そんな様子もないwwwタイトルテーマに沿ったものだと思いますけど、少し闇を感じる部分が多かったのが残念でした。

★★★☆☆ 3

ミーバーさん
2018-02-08
この話は何かイラッとしました。ラーフィンって危ない人物で、カッコ良くないし、イラッとするような性格してましたね

★★★★★ 5

ももさん
2018-02-04
ヒーローの悪知恵半端ない(笑)ここまで黒いと気持ちが良い程。本当に鳥籠が成立してました。重すぎる執着策略愛、ノンストップで見れて面白かったです。真面目で良い子なヒロインちゃんは、見初めらて、本当に可哀想ですが、このヒーローなら、末永く幸せにしてくれるでしょう。もう一人のダークヒーロー王弟のお話、すごく気になるので、スピンオフ楽しみしています!!絶対読みます!!