ふさいで〜イエスかノーか半分か 番外篇3〜』のレビュー

トータル評価 ★★★★★ 4.8(5)

5 (4)
4 (1)
3 (0)
2 (0)
1 (0)


レビューを書く

 
★★★★★ 5

chakoさん
2019-02-25
まずは表紙!だれっ!?誰なのこの男前は??ってなりませんでしたか??電子版でこのシリーズは全部読んでいる大ファンです。解説には栄と設楽と、ということはこの二人ってことですよね??ヤバいビジュアル大幅に修正して過去作品読み直さなきゃ。お話は間違いなしの面白さ。結構辛いシリアスな展開あります。そんな中、名球会のじいちゃんズと友情出演の国枝さんのアレな行動が笑えました。

★★★★★ 5

アミノさん
2019-02-22
ぐうの音も出ない。本当は、こういうシリーズってお仲間だらけになると白けるから来たか。このシリーズにも来てしまったかと読む前からガッカリしてしまって読むつもりなかったのに暇すぎて買って、良かった。泣いたし笑ったしニヤニヤしたし凄い良かった。もしか一番好きなカップルかも、なんて。このシリーズのカップルはみんな好き。作者の語彙力と気持ちの表現、ひやひやする感じとなによりユーモアで愛たっぷりが大好き。悩んでる同作者の本も読もうかな。

★★★★★ 5

mrs thompsonさん
2019-02-24
設楽Pってひょっとして男前?というのは「横顔と虹彩」「おうちのありか」でちょっとずつ感じてましたが、予想以上でしたー。そして「横顔~」では、才能はあるが凡人を理解しようとしない口の悪い偏屈としか思ってなかった栄が、ここではたいへん色っぽかったです(口悪いも偏屈も事実ですが)。一穂作品には、たまーに頭良すぎて思考の読めない、関わりたくないタイプが出てきて、共感できない→話に入り込めないってことがあるのですが、これはぐっときました。それから、本編主役の国枝アナが、どんどん過激になってきているところや、皆川アナの相変わらず誰に対しても物怖じしないところも垣間見られて、とても嬉しかったです。最後に、じじいレンジャーと栄の掛け合い、最高。

★★★★☆ 4

びんたんさん
2019-02-23
お互い唯一無二の存在だというのはわかるのですが、どうしても恋愛ではなく仕事上での尊敬にしか思えず...むしろ恋愛要素抜きの方が最高に面白い作品な気がします。思わずシリーズ読み返してしまいましたが設楽さん決して人格者なだけでなく、けっこう自分の思い通りに人を動かしていて番組において支配者なんですよね。傍若無人に振る舞う栄の方が繊細で孤独。新聞社シリーズの密が大好きなのですが、同じ傍若無人でも栄はだいぶ可愛げがあります(笑)天才と非天才の渇望、作り手側の業がとにかく深いです。

★★★★★ 5

ちびねこさん
2019-02-22
このシリーズ、大好きです。今回は設楽さんと栄さんのお話でした。途中の若い2人ともう1人の友人、奥君の話。(三角関係とかではないです。)読みながら、3人の思いが切なくて胸が苦しくて。とにかく、早く助けてあげて欲しくて泣けました。最後は優しい気持ちで読み終われて、ホントに良かったです。