株式会社パピレス≫HOMEへ戻る
沿革
1995.3 株式会社フジオンラインシステム設立
1995.11 パソコン通信上で「電子書店パピレス」開始
1996.12 インターネットサイト「電子書店パピレス」開始
1997.11 日本オンラインショッピング大賞奨励賞受賞
1998.10 電子メッセージング協議会最優秀賞受賞
2000.10 「株式会社パピレス」に商号変更
2000.12 「トクパピ」会員制導入
2001.10 「Adobe Contents Server」による電子書籍販売開始
2003.10 au(KDDI)で携帯電話専用サイトを開始
2004.1 提携店用電子書籍販売支援システム「eBookBank」の販売開始
2004.2 NTT DoCoMoで携帯電話専用サイトを開始
2004.4 Vodafone(現SoftBank)で携帯電話専用サイトを開始
2004.10 ヤフー株式会社のサイト「Yahoo!コミック」での電子書籍販売開始
2004.12 大手書籍販売店「紀伊國屋書店」へ「eBookBank」を導入。同書店のサイトで電子書籍を販売開始
2005.1 「電子書店パピレス」で「洋書フロア」を開始
2005.2 au(KDDI)公式Brew機種対応サイトで携帯電話専用サイト「電子書店パピレスDX」を開始
2005.7 NTT DoCoMoでFOMA機種専用サイト「電子書店パピレス」を開始
2005.10 Yahoo!モバイルで「電子書店パピレス」を開始
2005.12 WILLCOMでW-ZERO3シリーズ対応サイト「電子書店パピレス」を開始
2006.2 WILLCOMでJAVA機専用サイト「電子書店パピレス」を開始
2007.4 電子コミックレンタルサイト「Renta!」を開始
2007.7 携帯電話向け「eBookBank」を販売開始
2007.11 「Renta!」のレンタル期間を48時間に延長
2008.3 「Renta!」にて手塚治虫448作品・全382冊をレンタル開始
2008.6 「Renta!」にて小説・実用書をレンタル開始
2008.11 「Renta!」にてグラビア写真集をレンタル開始
2009.4 モバイル版「Renta!」でのレンタルサービスを開始
2010.6 大阪証券取引所(JASDAQ市場)に株式を上場
2010.11 全てのAndroid端末向けに「Renta!」のサイトを開始
2011.6 台湾最大の通信事業会社「中華電信」へコンテンツ提供を開始
2011.8 書籍閲覧形式として新たにEPUBを採用
2011.9 「Renta!」英語版サイトの開始
2011.10 「電子書店パピレス」スマートフォン&タブレット対応開始
2012.4 電子書籍投稿&編集プラットフォーム「upppi」を公開
2012.10 「Kindleストア」へのコンテンツ提供を開始
2012.10 提携施設内での電子書籍配信サービスの提供を開始
2013.7 「Renta!」中国繁体字版サイトを開始
2013.7 市場統合により、東証JASDAQに上場区分変更
2014.2 次世代ブック「コミックシアター」の配信開始
2014.2 次世代ブック「絵ノベル」の配信開始
2014.2 Yahoo!ブックストアとの相互連携開始
2014.2 電子書籍販売数が累計1億冊を突破
2014.6 「パピレスプラス」のサービス開始
2014.9 台湾に子会社「巴比樂視網路科技肦份有限公司」を設立
2015.7 子会社「株式会社ネオアルド」を設立
2016.9 本社移転(豊島区から千代田区へ)
2017.5 米国に子会社「PAPYLESS GLOBAL, INC.」を設立

Copyright(C) PAPYLESS All Rights Reserved. | 個人情報の取り扱いについて | 著作権について