芥川龍之介

1/4ページ(計:64点)
1|23・・4
並び替え
端末
詳細リスト|表紙リスト(50件表示)
[前の20件][次の20件]


1 南京の基督

南京の基督


発行: ゴマブックス
価格: 400pt
みんなの評価 (未評価)
「南京の基督」は日本の小説家芥川龍之介による作品。その作品の多くは短編である。



2 本所両国

本所両国


発行: ゴマブックス
価格: 400pt
みんなの評価 (未評価)
「本所両国」は日本の小説家芥川龍之介による作品。『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。



3 少年

少年


発行: ゴマブックス
価格: 400pt
みんなの評価 (未評価)
「少年」は日本の小説家芥川龍之介による作品。その作品の多くは短編である。蜘蛛の糸、杜子春といった児童向けの作品も書いている



4 蜘蛛の糸

蜘蛛の糸


発行: ゴマブックス
価格: 350pt
みんなの評価 (未評価)
悪行の限りを尽くしたカンダタは死後、地獄に堕とされる。しかし生前のたった1つの善行をみとめたお釈迦様は蜘蛛の糸をたらす。



5 河童 首が落ちた話

河童 首が落ちた話


発行: オリオンブックス
価格: 100pt
みんなの評価 (未評価)
「河童」芥川龍之介の晩年の代表作。ある精神病院に入院している患者が、河童の国へ迷い込んだ話をする。他「首が落ちた話」。



6 仙人・桃太郎・魔術

仙人・桃太郎・魔術


発行: オリオンブックス
価格: 100pt
みんなの評価 (未評価)
努力すれば願いは叶う。人生には死や苦がつきものだが、楽しむことで前向きになれる「仙人」他「桃太郎」「魔術」を収録。



7 少年

少年


発行: オリオンブックス
価格: 100pt
みんなの評価 (未評価)
主人公の堀川保吉の少年時代の回想記。幼い保吉の目には海の色は青ではなかった。何かの時に幼い頃の思い出がよみがえる。



8 妖婆

妖婆


発行: オリオンブックス
価格: 100pt
みんなの評価 (未評価)
芥川龍之介の怪談。妖婆に魅こまれたお敏、彼女を救いだそうとする新蔵と泰。ふしぎな術を使う妖婆との戦い。



9 アグニの神

アグニの神


発行: オリオンブックス
価格: 100pt
みんなの評価 (未評価)
遠藤は行方不明になっている領事の娘を救いだそうとするが、インド人の老婆は妖術使いでアグニの神がついていた。



10 地獄変

地獄変


発行: オリオンブックス
価格: 100pt
みんなの評価 ★★★★☆(1)
良秀は、地獄絵図を描くために燃え上がる牛車の中で焼け死ぬ女房の姿見たいと願う。芥川龍之介の名作。



11 トロッコ

トロッコ


発行: オリオンブックス
価格: 100pt
みんなの評価 (未評価)
8歳の良平は鉄道工事を見るのが大好きな男の子。土を運ぶトロッコに乗りたいと思うのだが…。



12 芋粥

芋粥


発行: オリオンブックス
価格: 100pt
みんなの評価 (未評価)
五位の夢は芋粥を飽きるほど食べること。その望みを聞いた藤原利仁という人物が、その夢を叶えてやることになったのだが…



13 藪の中

藪の中


発行: オリオンブックス
価格: 100pt
みんなの評価 ★★★★☆(1)
藪の中で発見された男の刺殺体を巡って、関係者の証言が語られるが、三者の証言が食い違い、真相は明らかにされない。



14 オーディオブック 芥川龍之介の猿蟹合戦

オーディオブック 芥川龍之介の猿蟹合戦


発行: パンローリング
価格: 95pt
みんなの評価 (未評価)
「語を天下の読者に寄す。君たちもたいてい蟹なんですよ」―芥川龍之介が書いた猿蟹合戦のその後のおはなし。



15 オーディオブック 芥川龍之介の桃太郎

オーディオブック 芥川龍之介の桃太郎


発行: パンローリング
価格: 95pt
みんなの評価 (未評価)
この話はいわゆる「桃太郎」ではなく、芥川龍之介の書いた「桃太郎」です。



16 オーディオブック 芥川龍之介 「犬と笛」

オーディオブック 芥川龍之介 「犬と笛」


発行: パンローリング
価格: 476pt
みんなの評価 (未評価)
笛が上手な髪長彦は三人の神から貰った犬を連れて、囚われの身となり行方の知れなくなったお姫様を救い出すことができるのか!?



17 オーディオブック 芥川龍之介 「白」

オーディオブック 芥川龍之介 「白」


発行: パンローリング
価格: 476pt
みんなの評価 (未評価)
白はもとの姿に戻ってご主人のところへ再び帰ることができるのか…悲しいけれども、感動的なお話です。白が勇気を与えてくれます!



18 オーディオブック 芥川龍之介 「妙な話」

オーディオブック 芥川龍之介 「妙な話」


発行: パンローリング
価格: 800pt
みんなの評価 (未評価)
ある冬の夜、「私」は旧友の村上から、銀座のある珈琲店で、妹である千枝子が語ったという妙な話を聞く。



19 オーディオブック 芥川龍之介 「鼻」

オーディオブック 芥川龍之介 「鼻」


発行: パンローリング
価格: 800pt
みんなの評価 (未評価)
禅智内供という僧侶がいた。彼は鼻の長さが18cmと長く、内供は始終この鼻を苦に病んで来たが、表面上は気にしない風を装っていた。



20 オーディオブック 芥川龍之介 「蜘蛛の糸」

オーディオブック 芥川龍之介 「蜘蛛の糸」


発行: パンローリング
価格: 800pt
みんなの評価 (未評価)
釈迦は地獄の底のカンダタを極楽への道へと案内するために、一本の蜘蛛の糸をカンダタに下ろす。



1|23・・4
[前の20件][次の20件]


1/4ページ(計:64点)
ページ指定: